今年も秩父三大氷柱! しかしまさかの…!?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今年も秩父三大氷柱! しかしまさかの…!?

2020-01-13 23:44
    今年も始まりました!秩父三大氷柱!

    ■PART-1
    年末年始の9連休最終日に早速行ってきました!

    秩父三大氷柱 あしがくぼの氷柱!


    この前日夜中に降雪の予報となっていたので、
    より成長しているのかなーと期待。



    おおー!今年もできてる!
    人工とはいえ、凍るのは自然の力。
    この場所だけは世界が違って見えます。



    樹氷もキリっとしていました。
    ただ、去年の初日と比べて少し少ない…?




    どうやら、今シーズンは暖冬で解けてしまっているようです。
    でも、この成長具合が来るたびに姿形が大きく変わっていくので
    秩父三大氷柱は巡り続けて、都度発見する楽しさがあります。



    右側の青のエリアはまだまだな感じですが、
    これがゲームなどで見るようなクリスタルのような世界になっていきます。



    時折ガラスが割れるような音がしますが、氷柱が落ちた時の音です。
    風が出てるせいか、水しぶきが結構かかります…。



    丁度月も出ていて良い感じの世界観。



    入口付近で鳥居と月と氷柱とライトアップを収めてみる。
    何とかギリギリ入りました。




    去年の来場者数と違って人数もまばら。
    去年は撮影スポットで大混雑していました。



    頂上から見てみるとこんな感じ。
    去年はアクションカムとビデオカメラとスマホ写真だったけど
    今回は超広角レンズで収められるので満足です!

    と、初日はこんな感じで、今後どう成長していくのか
    地元地域旅としては追い続けていきます。


    動画版はコチラ↑




    ■PART-2
    今回は前回行っていなかった三十槌の氷柱と尾ノ内百景を
    見て回りたいと思い予約枠を設定。

    尾ノ内ではライトアップはまだ実施しませんが、
    三十槌は行う予定になっていたので、プランとしては
    尾ノ内を日中向かい、日が沈んでいない段階で三十槌を回り、
    そのままライトアップを見ようと思っていたのです。

    しかしその前日にあしがくぼへ向かうと…
    暖冬で氷が溶けてしまっている!?
    そして氷柱がない???
    ぃゃぃゃぃゃ…そんな大げさな…

    と思っていたんですよ。
    その結果…



    入口… 
    え???



    途中…
    !?



    初日と比較すると…


    2020年1月6日撮影↑


    2020年1月11日撮影↑

    おわかりだろうか。
    ちょっと1段アングルが違いますが、解けてます…ええ、ものすごく。
    1週間経たない間に解けてしまっていました。

    1月7日~9日あたりで気温が上昇していたので
    その時に急激に解けてしまったのかもしれません。


    同日、三十槌ではライトアップの延期が発表され
    予約枠の構成を一気に変える事になりました。
    そして尾ノ内も解けてしまっているようで
    秩父三大氷柱すべてにおいて、しばらくの間、無料開放状態になりました。
    とりあえず、ライトアップはやっていないけど様子だけは見に行こうと
    現地へ向かってみる事にしました。


    まずは三十槌から。
    つちうちキャンプ場に到着すると、関係者の方が呼びかけてきました。
    言いたい事はおおよそ想像がつくので、氷柱がないって事ですよね?と
    先に言い出してみると、やはりその事を伝えに来た模様。
    ただ、機材準備している間に、
    「係のものはいなくなるけど開けておくのでご自由に~」
    と申し訳なさそうに伝えて来られました。
    なら遠慮なく!と準備を済ませ向かってみます。


    三十槌は川沿いにあるので、気温が低い所なのですが
    歩く分にはシャツ3枚で丁度良いくらいです。



    キャンプ場入口にあった人工氷柱。
    かなり小さいけど、このぐらいなら天然側はダメでも人工側なら期待できるか?
    ワンチャンあるかも?的な感じで思っていましたが…



    こちらは天然側。
    ライトアップの機材だけは見えますが、氷柱は…



    辛うじて外れてるところに、わずかな発見!?
    いや、氷柱なのか草なのかちょっと判別つきにくいですが
    凍ってるのは確かです。
    人工側も同様な感じで、「ある」とは言えない状態でした。

    しかし駅方面から来たツアーなのか団体さんとすれ違い、
    「暖冬で氷柱がなくなってますがーいつもはこんな感じにー」
    と、リーフレットを見せながらガイドさんが説明されていました。
    ほぼ直前の事だったと思うので、恐らくプラン変更ができなかったのでしょう。



    次に向かったのは尾ノ内百景。
    ちょっと雨がポツポツ降ってきました。
    (新機材を投入した時っていつも雨だよな…)
    あしがくぼより気温が低いはずの三十槌であの状態なので
    尾ノ内もヤバいかもしれない、と不安に駆られながら進んでいきます。


    尾ノ内はありました!
    去年とは全然ではありますが、秩父三大氷柱の中では
    一番残っている方です。



    ただ、日のあたり方なのか、吊り橋の向こう側(撮影位置側)は
    かなり解けてしまっていました。



    こちらは残っている入口側



    対面側はご覧の通り。


    三十槌も尾ノ内も弱電界エリアなので、解像度とビットレートを
    大幅に下げて配信をしていましたが、去年と違い配信ができていました。
    とは言え、極端に下げていたので映像破綻が目立つなーと個人感想。

    なので、動画を用意しました。

    尾ノ内はライトアップが1/25日ですが、三十槌は18日に延期したので
    またその時になったら向かってみようと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。