ですよねー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ですよねー

2020-01-14 01:33
    今回は配信の後日記ではなく、配信機材の変更ラッシュについて。
    配信中に着荷して開封した物からそうじゃないものまでを掲載。
    年末には、機材更新しないと言いつつも変更となりました。
    (結局こうなるとは思っていたけどさぁ…)


    まずはコチラ。
    ■ホルダーマウント(UTEBIT)

    リュックなどの肩ベルト部分に挟み込んで使えるホルダーマウント。
    樹脂製が怖いのでアルミ製を探しました。UTEBIT品です。
    耐荷重は~20kgらしいですが、MAXの重量だとプレートが持たなそう…。


    裏は1/4もしくは3/8インチネジが扱えるので、
    三脚にホルダーごと取り付けができそうです。


    プレートはアルカルイス・マンフロットRC2対応らしいけど
    どっちも持っていません。
    アルカスイスの互換性は広いので、三脚が変わりそうな時に
    使う事になるかもしれません。

    目的はちょっとトイレに行きたい時用。
    流石にカメラをぶら下げたままはちょっとねぇ…。
    そう思って用意しました。


    ■PDバッテリー(cheero)

    ひょっとしたら、年末買ってなかったっけ?
    と思った方…TEST配信よく見てましたね!
    PD60W/PD18W/USB(QC3.0)同時利用合計90W使えるので
    Surfaceだろうと、スマホだろうとしっかり供給してくれました。
    使ってみてかなり良かったので、予備にもう1台用意しました。
    容量は3.7v換算で20000mAh。


    ■PD充電器(MPC115)

    バッテリーを充電させるのにPD充電に対応しているので、
    PD充電器を用意しました。
    …が商品説明が一部おかしく、商品画像と違う物が到着。
    ただ、PD60W以上は出せるようなので、あれから使っています。
    PD87WなのでSurfaceの充電も大丈夫なはずだけど、
    色々相違があるので…


    USBテスターを新たに用意(AVHzY)
    USBの電圧・電流・電力・積算電流・積算電力が見られて、
    スコープやらPDプロトコルチェックができる物。
    例えば、本当にQC3.0なのか?とかPDなのか?と
    疑いたくなる挙動のバッテリーや充電器の出力状態を
    確認できるという物です。
    丁度、仕事でもUSBからの給電電圧が怪しいという件があり
    その時にも使えるなーと。


    で、調べてみると…PD2.0なんだけど、18Vという謎のモードを発見。
    調べると海外品で謎の18Vが存在している事があるようですが
    詳しく調べていないので何用なのかわかりません。
    ただ、20Vで4.35Aを通知しているので87Wは出せる様子。
    可変負荷抵抗を持っていないので、実際出るかどうかはわからないけど。


    とりあえずPD60Wが可能なcheeroのPDバッテリーに充電させてみると
    60Wとはいかないけど55Wは出ている様子。
    粗悪感はあるけど。


    一応55Wで供給は続けていたので、充電器も消耗品の一つだと
    思っているけど、5%以上10%未満の差があるのは気になる。
    出力時の発熱状態はほとんど感じられず、これでもいいかと妥協。
    (価格も価格だし)



    ちなみに稲川には別のPD60W/PD18W品を用意しておきました。
    そろそろUSBQC充電器が怪しいし。
    稲川だけにinateckって訳じゃないけど、たまたまです。


    ■CRANE3 LAB(ZHIYUN)

    同社のCRANE M2を去年から使っていますが、ペイロードがギリギリで
    HDMIなりUSBなりケーブルの取り回しがちょっと悪いと引っ張られるのか
    ロックがかかってしまうので、使い勝手があまり良くなかったのです。
    しかもバッテリー交換できないし。
    と言う事で、ペイロード4.5kgとワイヤレスフルHD伝送、バッテリーも
    Li-ion18650となっているこれにしました。
    ベーシックパックだったけど、後々になってフォローフォーカス欲しいかも…と。


    これの下位版がWeebillシリーズなのですが、そちらは重量が軽くなっていて
    お値段もWeebill-Sなら30%安、Weebill LABなら40~60%安です。
    ただ、樹脂製ってのが引っかかるんですよね。


    Weebillだとアルカスイス互換となっているけどこれは???
    上にも書いたとおり持っていないのでよくわかりません。
    ただ、CRANE3だとレンズの支えがあるので安定しそう。


    バッテリーはLi-ion18650なので、社外品の18650を用意して入れてみます。
    保護回路とリベット付きなので、純正18650と比べてスペック上は2mm差の
    筈だったのが実際は社外が記載していたサイズが全高69mmという長さ。
    1本は何とか入ったのでほっとしたのですが、上2本は2mm程内側に出ていて
    収まらなかったという結果に。


    バッテリー本体はこの程度の差なんだけどね…。(左:社外、右:純正)


    仕方ないので保護回路なしの66mmな18650にしたら入りました。
    これ、エラーもなく充電できて容量は使用感で悪くないかも。(Yoishii)


    で、大きさは…というとこの違い。
    左はCRANE M2、右はCRANE3。
    大きさは3倍くらい大きいです。


    実際持つとこんな感じです。
    ジンバル本体の重量が1.88kg(本体のみの重量だった気がする)なので、
    カメラ込みだと3kg位ですかね?
    この大きさなので、すれ違う人すれ違う人に大体見られます。
    (撮影後に映像チェックするとカメラに目線が行ってるんですよね…)
    そしてやっぱり重い…腕がピキピキする!!
    でもこれでワンコ撮影にしても、撮影してます!感が強いので
    今までのアクションカムと自撮り棒の組み合わせよりは
    健全な撮影中である主張ができるかと思います。
    ちなみにカメラコントロールはα6400では対応せず、
    α7シリーズかα9じゃないと対応しません。
    α6000シリーズとかはWeebillシリーズの方が良いかと思います。


    ■JVA02-A(J5create)

    先日のAVerMedia AVT-C875が厳しいと感じたのでアレを導入!
    外部音声入力ができて、小型で、バスパワーで、UVC接続の条件をクリア。
    更に、PD対応でスマホにつなげて、使用しながら充電が可能。
    そして1/4インチネジに対応しているので、コールドシューに1/4インチネジで
    取り付け可能というから、まさに外配信用のHDMIキャプチャーデバイス!
    ポジション的にはAVerMediaのBU110と近いですが、
    音声外部入力ができないので、今まではそれがネックだったのです。


    接続はこんな感じで、音声はハードスイッチなのも好感が持てますね。
    ソフトウエアスイッチングだと、配信ツールを停止させないといけなかったりするし。
    それと、音声モニタ用にミニジャックがあります。


    スマホとカメラと本機で配信機材の構成ができあがるので
    できる事はより多くなりそうですね。
    まだ配信はテストできていませんが、いずれテスト投入してみたいと思います。


    と言う事でここまで。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。