シーズン3御三家統一PTレート1800達成
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シーズン3御三家統一PTレート1800達成

2014-03-22 12:13

    どうも、日本一の御三家統一使いです()


    今回記事を作成したのは、シーズン2以降の目標だったシングルレート1800を達成したためです。ちなみに3月22日現在絶賛最高レート更新中です。

    正直ハタから見ればレート1800なんてまだまだ低レートですが、目標達成で割と満足したことと、正直こんなPT晒したところでだれもメタってくるわけがないということで1800達成時のPTを晒そうと思います。(ちなみに晒した後も多分このPT使います。変更のしようがありません。)

    誰得感は否めませんが、わざわざこんな記事をご覧いただいている方々に少しでも参考になれば幸いです。

    それでは・・・



    フシギバナ@フシギバナイト   せいかく:おだやか  ようりょくそ→あついしぼう

    ギガドレイン / ヘドロばくだん / あまえる / こうごうせい 

    努力値調整 H252 B92 D76 S36 残りC52

    ・メガシンカ状態でようきASガブリアスのげきりんを1.2%の低乱数3発
    ・メガシンカ状態でメガネヌメルゴンのりゅうのはどう確定3発
    ・S実数値、無補正無振りロトム-1


    シーズン2突入からずっと使ってる大活躍ポケモンその1。高レート帯で勝ち上がっていくにはとくしゅ方面の調整がイマイチな気がしますがこれくらいは耐えるんだという目安としてください。
    Sの調整は、”ロトムに負荷をかけられるがボルトチェンジで後続のノーダメ繰り出しを許す” と ”ロトムに負荷はかからないが後ろへなにかしらの負荷をかけられる” を天秤にかけ、後者のほうが都合がいいと判断したためです。

    わざ構成について、個人的に必須だと思うのはあまえる。りゅうのまいやビルドアップ、のろいをこいつの突破方法として選択しているポケモンを許しません。残りポケモン数が勝っていて、相手のつるぎのまいとこちらのあまえるがぶつかり合った時は最悪TODを狙えるので、PPは最大32まで増やしておくことをオススメします。


    ブリガロン@ゴツゴツメット  せいかく:わんぱく   ぼうだん

    ローキック / つばめがえし / ビルドアップ / こうごうせい 

    努力値調整 HB252 D4 

    個人的にカロス御三家最強かつ、御三家統一の救世主。第5世代時代ゲロきつかったガブリアスを割と安定して捌けるようになったのはこいつのおかげ。シーズン2以降のメガガルーラはようきが主流のようで、最近は交代からおんがえしを2発受けきれるようになっていたのでラクでした。
    わざ構成のつばめがえしですが、めざ炎を持ってないフシギバナやヘラクロスを意識して投入しましたが正直あまり打つ機会はありませんでした。現在もっと適切なわざがないか、環境を考察しながら模索しています。
    ローキックについては、かわらわりでも問題ないですが、こいつの役割は物理相手に触ってもらうことと、今の環境で相手のSを下げられることを考えると優先度は高いと思います。



    リザードン@リザードナイトX  せいかく:ようき  もうか → かたいツメ

    フレアドライブ / げきりん / かわらわり / りゅうのまい

    努力値調整 AS252 D4

    85戦通して2,3度しか選出していないので使用感がなんともいえないポケモン。とにかく反動が痛いフレアドライブ、交代を縛られるげきりんを打つタイミングがシビアすぎる。ぼく自身サイクル戦を制す戦い方でここまできたのでプレイングスタイルと噛み合っていないのが選出率の低さの原因かもしれません。
    ただ、残りの5匹でどうしようもないポケモンを捌くことができるので、PTに入っていると安心はできました。


    ラグラージ@オボンのみ   せいかく:のんき   げきりゅう

    たきのぼり / じしん / ほえる / ステルスロック

    努力値調整 HB252 D4

    シーズン1からの御三家パの宿敵、ファイアロー対策。とにかくファイアローがでてくる前にステルスロックを撒いてしまいましょう。HBぶっぱでもいじっぱりはちまきファイアローには交代からブレイブバード確定2発にされてしまうので、確定数をズラすためにオボンのみを採用しました。
    せいかくがのんきなのは、第5世代当時、砂起動要因がカバルドンの砂パを意識して、たきのぼりの枠がハイドロポンプだったためです。この構成ならばわんぱくで問題ないです。ピーキーな構築にするならば、のんき最遅にしてギルガルドに逆すばやさ合戦を仕掛けるとか。先手を取ってしまった場合のじゃくてんほけんを考えると割とリスキーなのでオススメはしませんが()



    エンペルト@とつげきチョッキ    せいかく:おだやか   げきりゅう

    ねっとう / ラスターカノン / れいとうビーム / アクアジェット

    努力値調整  H252 C52 D180 S20 B4

    ・H4振りガブリアス最低乱数以外1発
    ・4振りバンギラス抜き


    シーズン2以降大活躍ポケモンその2。正直最強の御三家ポケモンだと思います。
    大流行のサザンガルド、その片割れサザンドラに強く出たかったのでとつげきチョッキを採用。それでも第5世代以前を考えるとあくタイプを半減できないのは辛いですが。
    適切な相手に繰り出すことでサイクル戦に持ち込みます。フシギバナ、ブリガロンとともにグルグルやってることが多かったです。
    サイクル戦で真の威力を発揮するのがメインウェポンのねっとう。試行回数をかせげるのでそれだけ相手をやけどに出来るチャンスも増えます。なので、ラスターカノンやれいとうビームのほうが通りがよくても、ねっとうを優先して打つ機会は多かったです。”ねっとうの試行回数をどれだけ増やせるプレイングが出来るか” は、このエンペルトを使う上で意識しておいたほうがいいと思います。



    ゲッコウガ@いのちのたま   せいかく:むじゃき   へんげんじざい

    れいとうビーム / あくのはどう / じんつうりき / がんせきふうじ

    努力値調整 C244 S172 H92

    ・H実数値10n-1 (かつ16n-1)
    ・最速110族抜き抜き(最速化身ボルトロス抜き)


    シーズン1で見限ってから、もう使うことは無いだろうと思っていたポケモン。シーズン3に入ってからこのポケモンの可能性を再確認しました。
    わざ構成は正直めちゃくちゃ悩みました。みずわざを入れれば1匹でクレセドランを捌けるのですが(でんじはは知らん)、そうすると他のやりたいことができなくなるのでままならんなぁ、といった感じ。それぞれのわざの採用理由は・・・

    ・れいとうビーム
    ラティオス、サザンドラ、ガブリアスなどドラゴンへの火力。ゲッコウガのもちものはたつじんのおびが好きなんですが、たまでないとCSラティにすら確1が取れないのでたまにしています。

    ・あくのはどう
    主にクレセリアや削ったギルガルド、ゲンガーへの打点。シールドギルガルドには最大でも7割5分しか入らないのでじゃくてんほけんには十分注意してください。

    ・じんつうりき
    フシギバナ、ヘラクロス、その他かくとうタイプへの打点。実際に仮想敵へ打つ場面は多くなかったですが、あるとないとでは選出率がまるで違いました。

    ・がんせきふうじ
    主にリザードンへの打点と死に際のサポートわざ。リザードンへは対面でしか打つ機会はありませんがそれでも多くのリザードンを倒してくれました。メガシンカ先がYならば確定1発、Xはりゅうのまい→攻撃の流れを踏む人しかいなかったのでキッチリ倒すことができました。要は”分からん殺し”というやつで、バレちゃうといくらでも対策されます。この記事を書く上で唯一のディスアドバンテージかもしれません()




    正直高レート帯にいくほどどんなPTと当たってもきついです。統一パの宿命です。このPTを使ってそういった中で勝つには、構築をしっかり練って、ブレない選出や勝ちプレイングのパターン化を徹底させるしかないと思います。まぁ要は試行錯誤と経験ってことで、当たり前のことなんですが()





    以上です。こんなクソなげぇだけの記事を最後までご覧頂き本当にありがとうございました。
    これからも御三家統一でがんばっていきますのでほんの少しでも応援していただければ幸いです。 では失礼します。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。