ずんあか第3回「パクパクモンスター」の解説、はぁじまぁるよー!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ずんあか第3回「パクパクモンスター」の解説、はぁじまぁるよー!

2020-06-03 22:58
  • 6

こんにちは! ココアとささみです!

当ブロマガでは動画内では触れられなかった解説や制作時の裏話を書く予定です。


今回はずん子と茜とレトロゲーム第3回「パクパクモンスター」を取り上げます!









以下動画のネタバレがあるため、未視聴の方は先に動画の視聴をお願いします。










「パックマン」を遊ぶ茜ちゃんに「パクパクモンスター」を薦めるずんちゃん。
パクリパクリモンスターとは言ってはいけない。






カセットビジョンの説明をば。

カセットビジョンは1981年にエポック社が発売したゲーム機です。
ファミコン発売以前に最も売れていたカセット交換式ハードです。

当時のカセット交換式ゲーム機は輸入物が多く、定価50000円超えという高価な値段設定がザラでした。
そんな中、カセットビジョンは12000円という衝撃的な価格で市場に投入されました。
後にACアダプターが同梱され13500円に値段を改定。


これだけ安く出来たのには理由があります。
カセットビジョン本体の内部にはCPUが入っていません。カセット側に搭載しています。
これにより本体の価格を抑えることに成功しました。
カセット側にCPUを搭載しているハードはカセットビジョン以前にも存在しているため、カセットビジョンが初ではありません。


その後エポック社は、当時流行っていたアーケードゲームをアレンジ移植することで販売台数を伸ばしました。
「ギャラクシアン」はナムコから許諾を得て販売していますが、「きこりの与作」は新日本企画(SNK)に無断で移植しています。それ以外のタイトルも勿論無断です。


ファミコン発売後には廉価版のカセットビジョンJr.を市場に投入。
更なるコストダウンが行われ、販売価格は5000円でした。






さて「パクパクモンスター」の解説です。

ステージ前のジングルは、日本物産のゲーム「クレイジークライマー」に酷似しています。
実は動画内で頂いたコメントを見て気づきました。新たな発見があるのはいいですね。
なお原曲は「小象の行進」です。






操作方法は、一列に並んだボタンに上下左右を割り振っているのが特徴ですね。
廉価版のカセットビジョンJr.ではボタンの配置が十字に変更されているため、遊びやすくなっているようです。






カセットビジョンの性能は1981年当時から見ても、お世辞にもいいとは言えないものでした。
ですが、その性能面を補ったアレンジがカセットビジョンのソフトには多々見られます。

同じエサを3回食べないと消えないシステムは、狭いマップで長く遊ばせる工夫ですね。






なお本作のハテナボーナスは単なるスコアボーナスです。
某青ダヌキゲームと違って死にません。






ス イ ス 国 旗 。





解説おしまい!






~制作時の裏話~

・ソフト選び
カセットビジョンを取り上げるのはすぐに決まったのですが、肝心のソフトで迷いました。
最終的に「きこりの与作」と「パクパクモンスター」で迷った結果、後者になりました。

・録画環境
カセットビジョンにはRF出力しかないため、ビデオデッキでコンポジット出力に変換して録画しています。


今回の記事は以上となります。
次回は第4回「暴れん坊天狗」の回を解説します!



広告
×
ブロマガ更新に合わせて毎話見返すの結構楽しみになってきた(`・ω・´)
エサを3回食べさせるシステムはいいですよねー、良い工夫だ。
これ本体は、特にJr.はびっくりするくらい安いけど、ソフト側にCPU持たせるってことは、ソフトはやっぱお高いのかなぁ?
「与作」はそもそもゲームにして大丈夫なのかとか思ってましたが、許諾も得てないとか…あまり突っ込むと危なそうな話しだぁ…(;`・ω・´)
1ヶ月前
×
ファミコン以前にもっとも売れていたハード・・・知っている最古のゲーム機がファミコンである自分としては驚愕の事実!
パクパクモンスターでは出番のなかった、4つの黒い突起は何に使うんでしょう?

パクリにしても、黄色以外を使おうとは思わなかったのか。
パックマンをパクるんだから黄色じゃないとダメだろ、的なノリだったのだろうか当時は
1ヶ月前
×
>>1
カセットビジョンのソフトの定価は4980円と当時から見ても安価でした。
競合機と比べて性能が低い分、コストを下げられたんだと思います。

「きこりの与作」はゲーム開始時に北島三郎氏の歌「与作」が流れますが、これも当然無許可ですw
1ヶ月前
×
>>2
パクパクモンスターで出番の無かった4つの突起は「パドル」ですね。
「ベースボール」や「ビッグスポーツ12」などのスポーツゲームを遊ぶ際に使用します。

自機が黄色の件ですが、色を変えてしまうとパックマンに似たゲームだと認知されなくなってしまうと思ったのではないでしょうか...?
1ヶ月前
×
どこかで見たことあると思ったらドラえもんの原作で何回か出てきたゲーム機だ
名前がわからなくて調べられなかったので20年越しくらいでスッキリしました
1ヶ月前
×
>>6
確かに劇中に似たようなゲーム機が出ていましたね!
余談ですが、後継機のスーパーカセットビジョン向けにはドラえもんのゲームが発売されています!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。