• GTA5カーディーラーアップデート、モデル予想の答え合わせ。

    2016-12-17 02:28
    12月13日、GTA5に新たなアップデート、「カーディーラー」が配信されました。



    僕は一つ前の記事で流出した車種のリストを元に
    各車のモデルを予想しました。

    アップデートが配信されたので今回はその予想と照らし合わせた答え合わせの記事です。

    ※前回のバイカーアップデートの時と同じように小出しに何台かづつ
    配信されるようなので
    配信された車種から紹介していきます。
    他は追加され次第追記でこの記事に書きます。
    リークでもう大体分かっちゃってる節はありますがまだゲーム内での
    名前とかは未確定だし
    何より面白くないしね。








    ・アニス「エレジー」スポーツカー
    改め「エレジーレトロカスタム」
    概ねはずれ



    予想では32Rはストラタムのフロントデザインで既に使われていることから
    34Rベースになるのではないかと予想したが、
    少しその考えは正解とはそれた。
    まさかの全体的なボディーは32R、随所に33R、テールランプ等には34Rと、
    スカイラインGT-Rを全体的にオマージュした車になったのだ。
    これはカスタム済みの一例。

    カルソニックモチーフのボディーペイントもある。
    他にもワイルドスピードに出てきた34Rモチーフのボディペイントも
    あるらしい。これは予想というより希望が当たったか。




    ・ペガッシ「タンペスタ」スーパーカー
    改め「テンペスタ」
    そこそこはずれ



    最初に公式が公開した画像だけで予想した時は
    アヴェンタドール・センテナリオ・アステリオンがモデルで
    リーパーの兄貴分的なポジションになるのではと思ったが
    実際来てみれば予想と同じようにセンテナリオ的要素はあるものの
    ボディは結構小さくリーパーと同じウラカンが主なモデルで
    リーパーよりかなり安く、廉価版のような立ち位置になってしまった。

    予想してた時の僕のツイート




    ・プロジェン「イタリーGTB」「イタリーGTB カスタム」スーパーカー
    未配信車種。追加され次第ここに追記。




    ・トリュファード「ネロ」「ネロ カスタム」スーパーカー
    当たり!・・・そりゃあね。



    予想通り、モデルはブガッティ シロンでビシィッ!とキメてきましたね。
    (しっかりアクティブスポイラーも装備して!)
    リアの特徴的な中央2本出しマフラーだけは新型フォードGTから持ってきたようだ。
    できればそのマフラーをFMJにつけて欲しかった・・・
    内装も新造系。今の所この車種専用だ。


    しかしまたこれも予想通りなのだが、モデルシロンのあの下品手前ギリギリとも言える
    エレガントさにはやはりどうも敵わないと思う。
    随所に丸いデザインが目立ちながらちゃんとエッジも聞いててまとまった印象。
    本家越えは難しいのだろうか。


    カスタムモデルはレースゲーム、グランツーリスモシリーズの企画で発表した
    Bugatti Vision Gran Turismoがモチーフ。
    実車も実際に走行できるものが一台だけ制作され、サウジアラビアの富豪が購入している。
    ん?GTA5がグランツーリスモの企画の車をパロディ・・・面白いな。

    ちなみに、シロンの価格は約300万ドル。日本円で3億円以上。
    実装されたネロの価格は140万ドルほど。半額以下という良心的価格になった。




    ・デュボーシー「スペクター」「スペクター カスタム」スポーツカー
    未配信車種。追加され次第ここに追記。




    ・プリンシベ「ディアボルス」バイク
    改め「ディアボロス」
    着眼点は良かったがはずれ



    リークが出た時点の名前、ディアボルスがラテン語「悪魔」なことから
    同じラテン語が由来のKTM、デュークシリーズがモデルかと思ってたら違った。
    実際のモデル、ドゥカティの「Xディアベル」
    ディアベルはイタリア語でこれも「悪魔」だ。

    同じ言語の違う言葉じゃなくて同じ言葉の違う言語だったか・・・。
    着眼点はいい線いってたけど方向が間違ってたんだな・・・。悔しい!

    ドゥカティはペガッシだろうという思い込みもあった気もする。
    というかホントにこれもペガッシで出すべきだとは思う。
    ヘッドライトはまんまレクトロのようでプリンシベ感はなくはないが。

    モデル



    ちなみにこれにはカスタムモデルもあり、
    原型をとどめないほどに変わる。ストリートファイタースタイルだ。
    これの特徴的なヘッドライト、見覚えがすごいあるのだがどうも思い出せない。
    思い出し次第これも追記で。




    ・インポンテ「ルイナー2000」スポーツカー
    ほぼ確定していた情報からだったので当たりともなんとも



    これは当たりと言っていいのか・・・そのまんまではあった。
    アメリカの特撮ドラマ、ナイトライダーに登場したナイト2000がモデルで
    マシンガン・ミサイル・ジャンプ・パラシュートと色々な特殊装備が付いている。
    やはり某サイトで紹介された動画に出て来たモデルそのまんまではなかった。




    ・ジョービルト「ファントムウェッジ」スポーツカー
    大はずれ




    予想記事ではネオンの種類、ウェッジタイプの事だと思ってネオンで彩られたトレーラーヘッド
    だと思っていたが、シンプルに「くさび」の意味で良かったようだ。
    (こんなの予想できるかよ!)

    モデルとしてはアメリカの検証番組、「mythbusters」の中で
    「渋滞の中止まらず快適に走れる車を作る」という企画があり、その中で作られたトラックが主。






    う〜んこのバカバカしさ




    ・コイル「ロケットヴォルティック」スーパーカー
    残念ながら希望ははずれ




    予想記事では元のヴォルティックのモデル、ロータスエキシージの
    カスタムカー、ヴェノムGTをモデルとした車が来て欲しいと書いたが・・・
    噂通り本当にロケットエンジンを積んだヴォルティックが来てしまった。
    なんてこったい。

    ちなみに実際ロケットエンジンを車に積むという事自体は最高速チャレンジ
    の世界で使われており現時点の最高速はスラストSSCの
    時速1227.985km。初めて音速の壁を超えてマッハ1.02にもなる。


    そして計画されているマシンが目指すのは前人未到の
    1000マイル、1609.34km以上というもう皆目冗談にしか聞こえない速度。
    800馬力のレース用V8エンジンを計二つのロケットエンジンとジェットエンジンに
    ガソリンを送るためだけのポンプとして使い、
    13万5000馬力ものパワーを発揮する。


    はい、話が逸れましたね。




    ・オセロット「ペネトレーター」スーパーカー
    こちらもほぼ確定してたので・・・

    画像から予想した通りサリーンS7とジャガーXJ200がモデル。
    流線型ボディが流行っていた頃のレトロモダン感溢れる一台となった。
    配信前公式から出た画像は特徴的なマフラーはカスタム済みだったようだ。




    ・MTL「ウェイストランダー」スポーツカー
    まず予想がつかなかったのだが・・・はずれ




    スペック的にジャンル分けされただけのスポーツカーという表記に
    惑わされすぎて全く予想ができなかった。これは全くの言い訳だって分かってるさ。
    特殊車両という枠づけがあるとは思わなかったので
    特殊車両は大体予想とは全く違う方向性の違う車両が来てる気がする。

    モデルはワイルドスピード MEGAMAXで列車強盗をする際に登場したトラック。
    映画ではGT40、デソマソ パンテーラを列車から運び出した後
    故ポール ウォーカー演じる主人公ブライアン オコナーと敵が車上でもみ合い
    最終的に列車に突っ込む。そしてそのまま橋に引っかかって爆発四散という
    少しかわいそうな結末をたどった。









    ・ペガッシ「FCR1000」「FCR1000 カスタム」バイク
    未配信車種。追加され次第ここに追記。




    ・フィスター「コメット レトロ カスタム」スポーツカー
    当たり・・・でいいよね?



    ボリューミーなオーバーフェンダーキットを装備してRWB仕様になった
    レトロチックなコメット。
    大方のモデルは予想通りポルシェ 911。
    他にも随所に別のモデルが入ってるくさいのだが、あー・・・
    俺ポルシェ覚えるの苦手なんだよ・・・数字の並びだけなとこ辺りが・・・。

    ちなみにRWBとは「RAUH Welt-BEGRIFF」の略。ラフな世界とかそういう意味だ。




    ・インポンテ「ルイナー3」スポーツカー
    未配信車種。追加され次第ここに追記。

    ただこれについてはもしかしたらルイナー2000の別表記なだけか、
    新要素で追加されたミッション内限定として追加されている可能性もあるため

    まだ未確定。




    ・カリン「テクニカル アクア」
    またこれもほぼ確定していた情報だったんだよなぁ・・・

    リーク通りの浮きのドラム缶二つに船舶用エンジン搭載の
    水陸両用テクニカル。

    予想記事でも書いた通りモデルはイギリスBBCの車番組、
    Topgearの水陸両用車を自作しドーバー海峡を横断するという企画の中で
    ジェレミー クラークソンが日産のダットサントラックにホンダの船舶用エンジンを
    載っけて作った水陸両用車だ。




    この企画は成功し、このトラックはドーバー海峡を渡りきっている
    ところまでは前回書いたが、実は他の出演者二人(ジェームズ メイ・リチャード ハモンド)
    もそれぞれ水陸両用車を作ったが・・・そこそこ早い段階で二台とも沈んでいる。




    ・BF「ランプバギー1」
    改め「ランプバギー」

    普通に考えれば分かるはずだったのにはずれ



    考えてみれば公式が最初に発表した画像の中の一枚、これ以外に何があったんだろうなぁと。
    車自体がジャンプ台のようになっていて、他の車を飛ばしながら走れる。
    が、GTA内だとダメージが結構入るらしく調子に乗ってるとすぐに煙を吹く。

    モデルはワイルドスピード ユーロミッションで敵、オーウェン ショウが乗り
    ロンドンの街を大混乱に陥れたシーンが印象的なフリップカー。
    三人乗りで、地味に後輪も曲げることができる4WS車。










    ・BF「ランプバギー2」
    未配信車種。追加され次第ここに追記。


    まだこれも詳細を全く把握していない。
    ルイナー3と同じような感じなのだろうか?




    ・ナガサキ「ブレイザー アクア」
    やっとこさ・・・あたり



    やっと読みが当たった一台。タイヤの位置が変形して水陸どちらもいける
    四輪バギー。特殊車両なのでマシンガンを装備している。

    モデルはアメリカのGIBBS社が開発した「Quadski」(クアッドスキー)
    エンジンはBMWの1300cc直列4気筒のものを搭載し
    最高出力は140馬力にもなるなかなかのモンスターマシンだ。


    パトロール隊にも配備されているらしい。これ滅茶苦茶かっこいいぞ・・・。


    因みに日本でも販売されていて
    お値段は一人乗りモデルで950万円、二人乗りモデルで1050万円だ。
    2016年分は完売しているが、2017年の納車分受付は行っているようだ。
    気になる方は「GIBBS-JAPAN」で検索してみては?




    ・コードネーム「ボックスヴィル5」
    改め「ボックスヴィル(装甲)」

    分からなかったんだよなぁ・・・



    う〜んこの世紀末感。
    荒廃した世界をタフに旅するためであろうカスタムを施した
    ボックスヴィル。ここに書ききれないほど手を加えている。
    こんな見た目でも走行性能はかなり高い。

    元ネタはマッドマックスかなにかの世紀末系映画で
    見たやつだと思うのだが思い出せないし調べてもヒットしない。
    誰かこれ!ってのがあったら教えて欲しい。




    ・コードネーム「コメット3」
    未配信車種。追加され次第ここに追記。

    これもルイナー3と同じように別表記なのか
    ミッション内限定車両なのか分からないため少し様子見。





    ・コードネーム「エレジー2」
    未配信車種。追加され次第ここに追記。

    上に同じく。







    とりあえず最初に配信された車種ではこんな感じだ。
    今のところはずれまくれている・・・。
    最初にも書いた通り他の車種も追加され次第追記するので
    またきてくださいな。




    twitter


    投稿日、12月18日時点で何にも追加要素買えてないけど・・・
    ここでやってます。(金がないわけではないんだけどね。)

  • 広告
  • GTA5カーディーラーアップデート、噂のリーク車種のモデルを配信前に予想と言うより妄想。

    2016-12-10 00:36

    GTAオンラインに大型アップデートが来ますね。その名も
    「カーディーラーアップデート」

    真偽は定かではないが収録車種がなんらかの形で流出したらしい。
    その情報が嘘でもなんでもいいからメーカーと名前からモデルとどんな車かを
    予想、もとい妄想していきますぜ。

    (分からないものはなんかお茶を濁します。)








    ・アニス「エレジー」スポーツカー
    前々からあるエレジーの別モデルの登場だろう。
    既存モデルの元の車種がGT-R R35とスカイラインな事から
    今回の新モデルもGT-Rのいずれかがモデルではないかと考えるのが妥当か。
    32Rはストラタムのフロントデザインのモデルになっているので可能性は薄いと考え
    大きく印象が変わっていない33Rも同様に薄いかと。

    一番率直に考えるなら34Rが濃厚だろう。
    アメリカなどでの人気も高い。故ポールウォーカーの愛車だったことも有名で
    ボディーペイントでワイルドスピード似のものなんかもあると嬉しい。

    他には過去作SAで登場した時のエレジーのデザインで来るという考え方もできる。





    ・ペガッシ「タンペスタ」スーパーカー
    ペガッシ製スーパーカーのニューモデル。発表された時の画像に写っているものだろう。
    これについては画像を見た限りでわかるモデルを予想。
    画像が発表された時Twitterでも言ったのだが

    全体的なスタイル→ランボルギーニ アヴェンタドール 同じくセンテナリオ
    マフラーなどのリアビュー→ランボルギーニ アステリオン

    テールライトの形が既存の車、リーパーに酷似しているため兄貴分的な
    モデルになると思われる。インフェルナスの新型か?

    こんな感じだろう。アヴェンタドールモデルはこれまでありそうでなかった。
    アステリオンはプラグインハイブリッドを採用しているため
    ゲーム内でもバッテリーを使って四輪車初のエネルギー回生システム搭載!
    なんてことになる可能性もなくはないのかもしれない。




    ・プロジェン「イタリーGTB」「イタリーGTB カスタム」スーパーカー
    プロジェンはマクラーレンをモデルとするスーパーカーメーカー。
    P1がモデルのT20やF1ロングテールなどがモデルのタイラスがラインナップしている。
    これ正直マクラーレンだけで考えると思いつかない。
    社名だけ見ればイタリーでマクラーレン以外のメーカーもモデルに組み込むのか?
    誰かピンと来てる人居るかな・・・



    12/13 追記
    コンセプトカーまで視野を広げたら何か分かるかと思って調べたがこれだろうか。

    かの名車、マクラーレンF1を現代に復活させる開発計画がある。
    それが「ハイパーGT」
    現段階ではコンセプトアートのみ公開されてるが、これまでで
    公開されていたのがCGまでだったF80コンセプトがモデルのX80プロトなどが
    追加された前例を考えれば十分に可能性はある。
    そして名前も似ている。「ハイパーGT」と「イタリーGTB」

    ところでマクラーレンF1、そしてハイパーGTの最大の特徴とも言えるのが
    真ん中に運転席を配置し両側斜め後ろにもう二つシートを設けたセンターコクピット。
    これが再現されるだろうか。もし再現するとなると
    専用モデリングだの専用乗降モーションだの手間がかかるのは目に見えているが。

    あわよくばこれを参考にしてたら・・・とかも妄想してしまう。
    先代、マクラーレンF1のマニュアルに記載されている乗り降りの方法だ。









    ただ、名前の「イタリー」が謎。メーカーのモデル、マクラーレンはイギリスの会社だ。
    先代F1の第一号車を予約したレーサー、故アイルトン・セナが事故で死去したサーキットが
    イタリアのイモラ・サーキット・・・というのは流石に深読みのしすぎだろうか?
    (因みにセナは発表と同時に予約をしたが発売を前にして事故死したため
     その第一号車には乗れていない。)




    ・トリュファード「ネロ」「ネロ カスタム」スーパーカー
    ブガッティがモデルのメーカーでもう頭に浮かぶ車種は一つだけ。
    ブガッティのニューモデル「シロン」だ。
    少し前にTwitterで来たらいいなという妄想でシロンを挙げていた。
    念願が叶うと言っても過言ではないのか?
    最初の頃はアクティブスポイラーなんてものはなかった。
    モデルのヴェイロンには付いているアダーもそこは簡略された。
    でもアップデートでアクティブスポイラー搭載のT20・X80プロトが
    追加された。なら今こそシロンがモデルの新型を出すべきではないかと。

    因みにシロンの価格は約3億円。もちろんそれがモデルならゲーム内でも
    バカ高い価格設定になるだろう。300〜400万ドル台は軽いはずだ。




    ・デュボーシー「スペクター」「スペクター カスタム」スポーツカー
    アストンマーティンがモデルのメーカー。
    ボンドカー DB5がモデルのJB700がラインナップされているため
    おそらく名前の由来は007シリーズの中の作品、「007スペクター」だろう。

    いずれかのボンドカーがモデルになるのだろう。これは安直な考えだが
    「007 スペクター」で登場したボンドカーは劇中のために専用でデザインされた
    DB10。これがモデルになるのかもしれない。

    気になるのがカスタムモデルだが、ボンドカーらしい特殊装備でも付けれるのだろうか?
    DB10は後部マシンガン、火炎放射機、イジェクト・シート(シートの射出)が付いている。
    GTAのJB700も機銃が付いているがオンラインでは機能しないハリボテである。
    このスペクターにもハリボテ機銃やハリボテ火炎放射器が・・・?





    ・プリンシベ「ディアボルス」バイク
    この新しいバイクなのだが、メーカーのプリンシベが
    ドゥカティ・MVアグスタ・アプリリア・KTMと色んなメーカーをモデルにしていて
    予想するのが難しい。

    ディアボルスがラテン語の「悪魔」な事から同じくラテン語が名前の由来のバイクが
    モデルになるんじゃないかと思い調べ所、
    KTMのDUKE(デューク)シリーズがラテン語のdux(ドゥクス)に由来する事から
    デュークシリーズの最上位モデル、スーパーデュークR・RSE辺りが
    モデルになるんじゃないかと。





    ・インポンテ「ルイナー2000」スポーツカー
    流出した車種の中で何故かは分からないが全貌が明らかになっている
    ファイヤーバード トランザムをモデルとしたルイナーの新モデル。
    名前は同じくファイヤーバード トランザムをベースとしたハイテク車「ナイト2000」
    が活躍するアメリカの特撮ドラマ、「ナイトライダー」のパロディと思われる。


    この車を紹介する動画があり、それを某サイトが大々的に載せた。
    その動画の中では少し前に公開されたナイトライダーのmodも使っていて、
    modのギミックで車にミニガンやパラシュートが付いているのだが
    そのサイトではそのmodの車両も次回のアップデートで追加されるような書き方をしていて
    コメント欄などで勘違いをしてる人が続出している。( 誰 か 気 づ け )




    ・ジョービルト「ファントムウェッジ」スポーツカー
    ファントム・・・ジョービルト製のトレーラーヘッドだ。ボンネットトラック、
    映画トランスフォーマーのオプティマスプライムと言えば分かりやすいかもしれない。

    あんなでかいトラックでスポーツカー?
    スタントレースで追加されたデューンと同じようなペガサス車両だろうか。
    ウェッジは車に使う電球の種類の一つだ。
    ネオンで彩って走行性能を上げた日本で言う所のデコトラのような立ち位置だろうか。
    それこそオプティマスみたいな赤青のファイヤーパターンがラインナップにあると
    みんな飛びつくんじゃないだろうか。
    どちらにしろやっとトレーラーヘッドを所有できる事になりそうだ。




    ・コイル「ロケットヴォルティック」スーパーカー
    コイルのニューモデルだ。ヴォルティックの上位モデルという事で間違いないだろう。
    本当にロケットエンジン積んだとんでもない車というリークもある。これも真偽は不明。

    個人的にはそっちよりもヴォルティックのモデルでもあるロータス エキシージを
    ベースとしたアメリカのチューニングカー、
    ヴェノムGTがモデルの普通のスーパーカー。とかの方が良い。





    ・オセロット「ペネトレーター」スーパーカー
    これも発表されたときの公式の画像の手前に写っていたオレンジの車だと思われる。
    サリーン S7やジャガー XJ200がモデルだろう。
    マフラーの配置がかなり特徴的で好みが分かれるところだと思うが
    僕はかなり好みだ。

    画像が既出だったりモデルの個人的な興味のなさで書く事があまりない。




    ・MTL「ウェイストランダー」スポーツカー
    今のところトラックしか製造していないMTLからスポーツカー。
    正直全く予想がつかない。
    現実でトラックメーカーがスポーツカーを出していれば恐らくモデルはそれなのだろうが
    そういったのもまったく思い当たらない。
    ファントムウェッジの様に大型車だけど走行性能の都合で
    スポーツカーにカテゴライズされたとかそういう形か?
    ファントムエッジもそう確定したわけではないが。




    ・ペガッシ「FCR1000」「FCR1000 カスタム」バイク
    ペガッシという事はモデルのメーカーはドゥカティ。
    そして噂通りにエンデューロバイクとなると考えられるバイクは一つ。
    ムルティストラーダ1200エンデューロだろう。
    スタントレースで追加されたBF400がビックオフとすると
    今回のはアドベンチャーという事になる。

    あの特徴的なクチバシの様なデザインをロックスターがどう料理するかが
    楽しみでもあり不安でもある。
    カスタムはエンデューロらしく馬鹿でかいバッグやパニヤケース、アンテナなどが
    付けれるのだろうか。





    ・フィスター「コメット レトロ カスタム」スポーツカー
    どこかこの名前だけで安心感というか、(あ、良い車やろな)みたいな気持ちになる
    コメットの新型。カスタムという表記が若干の不安要素。
    恐らく初代あたりのポルシェ911をモデルに落ち着いたデザインに仕上げてくるはずだ。
    アップデートで追加された車両はエンジン音にこだわった車種も多いので
    これもポルシェらしい空冷ボクサーエンジンの音を出して欲しいところ。





    ・インポンテ「ルイナー3」スポーツカー
    ルイナー2000の事を書いたがなんかこっちも出てきた。
    もしかしたらルイナー2000には本家ナイト2000の様に特殊装備が付いていて
    こちらはベース車両という事なのかもしれない。

    はたまた既存よりも新しいモデルか。
    (既存ルイナーのモデル、カマロやフェアレディZの後継型をモデルとした)




    ・カリン「テクニカル アクア」
    これもまた動画などで公開されているテクニカルの新型(と言って良いのだろうか)

    トヨタ ハイラックスをモデルとしたピックアップトラック
    カリン レベルに機銃を搭載したどっかの過激派の様な改造車
    カリン テクニカル・・・に今度は船舶用のエンジンと浮きとなるドラム缶を二つくっつけた
    水陸両用車というもうだんだんよく分からなくなってきてる一台だ。

    モデルとしてはイギリスBBCのかの有名な自動車番組「topgear」の中で
    車を水陸両用車に改造し、ドーバー海峡を渡るという企画で
    出演者のジェレミー・クラークソンが日産 ダットサントラックを改造して作った
    水陸両用車が元であろう。(因みにこの企画は成功して、見事横断している。)





    ・BF「ランプバギー1」
    オフロード車であることは間違いなさそうだが、具体的な事は見当がつかない。




    ・BF「ランプバギー2」
    右に同じく。




    ・ナガサキ「ブレイザー アクア」
    アクアという事は上のテクニカル アクアと同じなら
    どちらかというとこちらが本命ではなかろうか。ブレイザーは4輪バギーでこれまで
    無印・ホット・ストリートといろいろなタイプが出ている。
    来てくれたら嬉しいのはこの様な変形して水の上も走るタイプだが


    これの様にタイヤで浮いてタイヤで漕ぎ進むタイプが来てもなんらおかしくはない。






    ・コードネーム「ボックスヴィル5」
    ・コードネーム「コメット3」
    ・コードネーム「エレジー2」

    なんというか、とても未知数な三台だ。
    発表された時に写真が公開されたワイルドスピードの様な
    フリップカーはこの中のどれかかもしれない。
    だとしたら3台とも元が分からないほどの魔改造が施されているという事だろう。









    流出したとされる車はこれで全部だ。



    肝心のアップデートの時期だが、例年通りクリスマスも来るとして
    毎回来るのが火曜日という事も含めて考えると間隔的に可能性が高いのは13日か20日。
    13日に来るとなると今やっているキャンペーンが12日に終わってすぐという事になる。

    また17日という噂もある事にはあったり。



    今回こんな予想をしたがこの流出自体真偽不明なので全く違う車が来るかもしれないし、
    このリストが当たったら僕の予想がどこまで当たるか、それを見るのもまた一興。
    全ては公式が発表、アップデートが配信されるまでのお楽しみだ。






    追記
    カーディーラーアップデートが配信されました。
    どうやら流出したとされる車種のリストは正しかったようで、
    答え合わせの比較記事をまた書くつもりです。
    ただ車種がバイカーの時と同じように小出しなので一気に全部ではなく
    その都度更新ということになりますが。






    Twitter


    アップデートが配信された時もここでやりますわ。



  • R25ステッカーチューンとこれからのカスタム予定を(おまけあり)

    2016-12-09 18:20


    2年ぶりの更新だオラァ!












    ブロマガを更新しなかった2年間でいろんなことが変わりましたね。
    その中でも結構大きいバイクのことについて今日は一つ。
    僕が今乗っているのはYAMAHAの250ccフルカウルスポーツモデル
    YZF-R25

    いろいろ手を加えてはきたのだが今回、
    その買ったカスタムパーツについてきたメーカーのステッカーが溜まってきたので
    その他も含めて一気にバイクに貼ってステッカーチューンを施しました。
    (今までのカスタムについても後日記事を書くつもり)


    仕上がりドン







    XBOX ONE (本体はもう売ってしまったが貼る)
    TECH SPEC
    DAYTONA
    fox capture plan (アーティストのステッカー)
    PROGRIP
    ワイルドスピード スカイミッションで配布された「ファミリーの証」



    (見にくい写真しかなくて申し訳ない)

        Snap-on
    同じく TECH SPEC
    同じく DAYTONA
        LOSER (米津玄師さん新シングルの特典
    同じく ワイルドスピード スカイミッションで配布された「ファミリーの証




    こんな感じだ。なかなかレーシーな感じに仕上がったんじゃないかな?
    もう一つヨシムラのステッカーもどこかに貼りたい。

    そしてステッカーが貼り終わった辺りで何かが吹っ切れた。


    (もっとカスタムしたい)

    (あそこをもっと)

    (もっとかっこよく)



    パーツのカタログやウェブサイトを色々見て、大体ビジョン的なものが定まってきた。

    紹介は手早く変えてしまいたい順に。
    まずはここ


    POSH「マシンドヒールガード」
    POSH公式ページ


    最初の写真を見てもらえれば分かるのだが純正の馬鹿でかいステップガードがダサい。
    YAMAHAの正規販売店YSPの店員さん達も声を揃えるレベルでダサい。
    メッキがすぐ錆びたりもする。正直いいところがない。
    かと言ってバックステップキットは値が張りすぎる。
    そう思ってた時に見つけたのがこれ。

    ステップ自体は純正のままステップガードだけを変えるキット。
    これなら比較的安価で引き締まった見た目になるだろう。


    次!NEXT!


    ZETA「ピボットストリートレバーセット」
    ZETA公式ページ


    ゼータじゃないのよ、ジータね。
    今も前に買った黒赤のピボットレバーを使っているのだが、
    実は5000千円で買った安物で、なんかガタガタするのよね。
    それを定番のZETAに変えようかなと。見た目もスッキリ引き締まるしね。

    今のも安物買いの銭失いって訳ではなく、
    値段の割に結構頑張ってるクオリティだったと思う。
    でもそろそろもっと信頼性高いのにステップアップしたいのね。


    どんどん行きましょ


    ワイズギア「スポーツスクリーン」
    ワイズギア公式ページ


    ワイズギア、つまりYAMAHA公式が出してる純正オプションのスクリーン。
    純正のスクリーンはなかなかでかくてスクリーンだけ見ると
    (どちらかと言うとツアラーか・・・?)みたいな印象を受ける。
    それを小ぶりなこのスクリーンで、SSらしいテイストにするという訳だ。
    薄めのスモークも相まってこれも引き締まった見た目になるだろう。

    付けたいパーツとしてはとりあえずここら辺だろうか。



    ここまで読んで、もしかしたら
    (コイツいっつも見た目引き締めてんな)
    とかみんなに思われてるかもしれない。

    そうなのだ。僕が今からR25をカスタムする上でテーマみたいなもの、目指す所。それが
    「スマートで引き締まっていて、レーシーな見た目」
    まるで安倍首相の食レポみたいな響きだが、そんな感じで。









    ここからはいつか必ず交換しなければいけなくなる
    タイヤとその時一緒にいじりたい場所の話を。



    このままのペースで走ってるとおそらく来年の夏辺りまでに
    今のタイヤにスリップサインが出て、交換が必要になるだろう。

    (せっかくだから次はいいタイヤ履かせたい)

    バイク熱が暑い今この流れになるのはもはや必然といえよう。
    今R25が履いてる純正のタイヤが
    IRC 井上ゴム工業 の 「ROAD WINNER RX-01」
    というバイアスタイヤ。


    メーカーの名前こそメジャーではないが、同じタイヤが

    HONDA CBR250R CB250F CRF250M

    SUZUKI GSR250F GSR250S

    KAWASAKI
     Ninjya250R Ninja250
    Z250 D-TRACKER X

    と、主な250cc車種の純正タイヤに採用される信頼性がかなり高いタイヤなのだ。
    でも、でもだ。

    ずっと純正なんて面白くないよなぁ!?





    という訳で次のタイヤ、今一番の候補が


    PIRELLI「DIABLO ROSSO II」
    PIRELLI公式ページ


    これだ。

    ピレリがお好き?結構。ならますます好きになりますよ!
    さぁさぁどうぞ、ピレリのハイグリップモデルです。
    作りがラジアル。でもバイアスなんて重いしすぐ滑るわ燃費悪いわロクなことはない。
    フルバンクエリアもたっぷりありますよ、どんな攻める方でも大丈夫。
    どうぞ倒してみてください、いい食いつきでしょう。余裕のグリップだ、
    コンパウンドが違いますよ



    (無理やり合わせるためラジアルをボロクソに言う文章になってしまった。)
    今の純正タイヤがバイアスだから次はラジアルにしようというとても安直な考えですね。

    そしてこれタイヤパターンがかっこいい。タイヤパターン一つで印象ガラッと変わるから
    これはなかなか好きだぞ。
    (後ディアブロロッソ2とかいう名前もかっこいい)

    そしてタイヤを替える時にやりたいのが
    「ホワイトレター」
    タイヤに入ってる名前やブランド名をペン等で白く塗るカスタムなのだが
    これをすることでかなりレーシーな見た目になる。






    とりあえず今はこの辺りだろうか。
    もしこの記事にR25・R3乗りが来て他にオススメのパーツを知ってたら
    教えてくれると嬉しい。コメントとかね。( 露 骨 )












    おまけ


    国道268号、熊本県水俣市から始まり宮崎県えびの市を経由。
    宮崎市市内までをむすぶ道路。
    かつては熊本から宮崎市内に抜ける主な幹線道路として多くの人が利用し、
    とても賑わっていた。

    しかし、1981年に高速道路宮崎自動車道が宮崎市まで全線開通。
    多くの人が時間短縮のため高速に流れてしまい
    268号線沿いには廃墟と化した店が増えていった。

    ピクサー映画「カーズ」のルート66のような流れは、
    けしてフィクションの中だけの話ではないのだ。



    (はい、ちょっと脚色入りました今でも車通りは多いです。トラックが多い気もしますが。)




    計器類の中に用紙が入っていた。どうやら平成8年より前には使用が停止されたようだ。
    今からちょうど20年前になる。



    綺麗に手入れすればまだ使えそうな雰囲気すら感じる。


    こんな感じの建物が道路沿いにポツポツ点在しててもっと撮りたかったのだが、
    この二枚目の写真を撮ったすぐ後に携帯の充電が切れたため
    今回は泣く泣く帰ってきました。近々もう一回行こうかと。








    今回はここら辺で。またここから更新し続けれたらいいですね。





    大体バイクの事つぶやいてる気がするTwitter


    いつもは生放送でGTA5というゲームをプレイしてます。
    バイクの話題ももっと話したいと思ってたり。