• 【日記】初人狼をやりました。

    2021-01-20 22:00

     どうもこんにちは、しーらかんすです。先日、初の人狼をやりました。
    人狼怖いですね。人と遊ぶのは楽しいけど人狼になった時の心の痛みとか色々つらかった!
    ちなみにやったのは巷で噂のあの宇宙人狼Among us。おさんぽ勢からマルチプレイに進化しました。

     最大6人でやっておりましたが、人が少ないので一人人狼。人狼でも人を倒したくないなって思っていたのに、一人じゃやるしかなかった…。本当は配信でやろうかともおもったのですが、自分が誘われた側なので今回はお見送り。

     あれ怖いですね。嘘をつくのが苦手なのでばれはしたけど人が少なかったゆえの勝利。これ、ちゃんとゲームしてみたいなって思いました。皆がやってるのもわかりますね。
     「複数人実況したいけど、人脈がない実況者の宇宙人狼交流会」とかあっても面白そうだなと思いました。思うだけ。でも同じくらい「やりたいけど人を集められない」という悩みを持ってる人は居そうな気がする。

     ゲームも難しいけどこのゲームするまでが難しい。楽しいんだけどね。
    皆にミニクルーちゃんを見せつけながら歩くのは楽しかったです。あのゲーム一人用じゃなかったんですね(当たり前)

     ノラでもぐるのもアリかもしれませんが、やはり人の声を聞いてやる方が楽しいなと。いつか一本でもいいから動画をだしてみたい。
     ……しかし、やはり人を騙して得た勝利で少しの間頭に残ってしまいそうです…( ˘ω˘ ;)


     そんなこんなで初めての人狼はとても楽しくおわりました。欲を言えばもっと多い人数でやりたいなということ。
     いつも長いので今回は短めにしようかなと思います。ではでは!
  • 広告
  • 【感想】みっくすおれ(ネタバレ注意)

    2021-01-13 18:00




     どうもこんにちは、しーらかんすです。今回はみっくすおれの実況を書きたいと思います。

     いやー!サイコパスがすぎましたね!でも自分としては自分らしくプレイできたので満足です。ゲームめちゃくちゃたのしかった。サイコパスとかヤンデレ系好きなので、本当にこの「みっくすおれ」は楽しかったです。
     それでは以下感想のためネタバレ注意です。




    【ミルヒオーレ】

     今思い返せば親にお金を残してもらえてる主人公と借金を残されたりかなちゃんという対照的な二人のお話でしたね。
     親に借金を残されたりかなは人を信用しない生き方を。親にお金を残してもらえた主人公は人を信用して騙されてしまった。なんだか悲しい現実を感じさせますね。
    トゥルーエンドが世の中お金というのも真実みがあっていいなとおもいました。

     どちらかといえば女の子より主人公のほうがヤンデレみのあるお話だと思いました。結果的ではありますが後を追いよしとしていることや騙されていたと知っても信じたいと願うところ。他の二人とはちがって主人公の方が執着していましたよね。

     りかなちゃんが望めば一緒に住めばよかったのに…!とおもいつつ、過去があるからこそ人を信じないことを選んでいるんでしょうね。すごくさみしいけど、彼女の生き方を見た気がします。

    【カフェオーレ】


     個人的にはこのゲームでめちゃくちゃ好みな子でした。何が一番ささるかってサイコパスみ。恐らく主人公と一緒にさえなっていなければ普通の子だったかもしれないのに、それが全開に開花されている!
     思い返せば自分が加害者なのにも関わらず「私がお見舞いにきたらどんな反応するのか楽しみだった」というような台詞があったのでこの子すごいな!とクリア後にもまたどっと好きになりました。隠れている人間を見下ろしながら気づくのを待つ感じ。怖いけどすごいなって感心してしまいました。なぎさちゃんもサイコパスではあるでしょうが、あやのちゃんはまた違うベクトルのサイコパスに感じました。
    途中できなくなったとわかっている部活の話題を出したのも彼女なりの嫌がらせだったりしたのかな。

     BADエンドに関しても歴史は繰り返される、みたいなかんじで記憶喪失になっちゃうのがこのみすぎて。このシナリオ好みすぎてめちゃくちゃ滾りました。めっちゃ好き。それしか言えない。というか何度も言うけど皆生命力強すぎて。

     TRUEエンドは「記憶を無くす前の自分の責任を自分が受ける」という図が、ちょっと違うけどミルヒオーレちゃんの境遇にも似てるなと思いました。自分のことだけど、記憶の有無でまったく別人ですし。色々考えさせられました。

     そして何より脚!!!タイツ!!!灰色タイツですよ!!!デザイン可愛すぎて。
    クリア後も「は~~かわいい~~~!!!」って眺めてても飽きない。素晴らしい。めちゃくちゃ好み。生んでくれてありがとうレベルでした。語彙力はない。楽しかった。

    【イチゴオーレ】

     THEヤンデレな子きたー!と思いました。あやのちゃんとは別方向というかヤンデレですねって感じの子!正直このシナリオは意見がさまざまあると思われますが、自分としてはどの子にも同情しちゃって悪をつくれませんでした。

     さなえちゃんもなぎさちゃんも、同じ人を好きになってしまったばかりに起きた悲劇。

    「いや、同じ人を好きになっただけじゃこうはならない!なぎさが悪いだろ!」

     といわれるかもしれませんが、それでも自分はなぎさに感情移入してしまいます。皆が報われない現実感があってこのシナリオはつらかった。
     なぎさちゃん、ぶっ飛んでるけど言い方変えれば一途。でもかといってさなえちゃんと上下関係があるわけではないと自分は思っている。だからこそこのシナリオつらい。

     そして何よりつらいのは何も悪くないさなえちゃんがBADエンドではなぎさちゃんに彼氏を取られていること。やってる当事はわからなかったけど、これは確かに結ばれもしなければさなえちゃんも報われない、誰も報われてないエンドなんですね。

     TRUEだって報われないじゃないかといわれるかも知れませんが、なぎさ的にはまだ報われてるので。そして死ななくていいといった主人公、だからこそ惚れられてしまった、その結果ここに至った。それが真実だったのかなと思いました。

     しかしこのルートの主人公めちゃくちゃうらやましすぎて嫉妬した。イケメン自覚してるところもまた「このー!!」ってなった。
     実況中に「世界は平等じゃないな!!」と嘆いていたのがまさかTRUEエンドでなぎさちゃんが「誰も悲しまなくていい世界をつくる」という神さま発言。もしかしたら聞かれてたかも知れないと思うくらいなんだか思うところがありました。

     なぎさちゃんが「付き合う気がないなら気を持たせるようなことしないで」といっていたのはなんだか辛かった。
     現実的に考えると、これは自分の性格ですが「興味ない人と態々いざこざ作ることもないから優しく接する」というのはよくあることで、それが勘違いされて……と言う結果があの発言だと考えると難しいなって思いながら読んでました。かんたろー君はわかりませんが、現実にありそうですもんね。じゃあどうすればいいんだよ、ってなっちゃいます。

     結局「どう行動するか」ではなく「どう受け取られるか」でこの世は出来ているのではないかと考えてしまうわけです。

     報われない恋をしてしまったからこそ、なぎさちゃんはそういう神さまになりたかったのかな……。自分は応援するよ。

     やってしまった事はとんでもないし、彼女の肩を持ちたいわけでもなく。さなえちゃんもなぎさちゃんも、どうにか幸せになってほしかった。



     今回の実況は自分のサイコパス発言がすぎるような気がしますが、ただ一ついえるのは自分はとても楽しく自分らしく実況したと思ってます。この実況は自分が見返す用でもいいやってくらい楽しくプレイしてました。
     女の子も皆可愛かったしね。主人公そこ変わって案件だったけど、実況を出来たことをとても楽しくおもいました。

     またこの方のゲームはなにかしらしたいなと思うのですが、さすがに連日というのもあれかなと思うので気が向いたときにまた投稿したいなと思います。
     この作者様はいっぱいゲームをだしておられるので、気になった方はぜひプレイしてみてくださいね!

     それでは、みっくすおれでした!閲覧ありがとうございました!
  • 【日記】一人称の話

    2021-01-06 21:34

     どうもこんにちは、しーらかんすです。先日、驚いたことがあったので今回はこの話題を書きたいと思います。


     先日、「しーらかんすさん一人称○○(好きキャラ)にひっぱられてる!」といわれました。「はて?何のことだ?」ときいてみると、自分が「私」ではなく「わし」といっていることへの指摘だったらしいです。
     確かに当時好きなキャラは「わし」という一人称をつかっていました。でもまさかそんなことをいわれると思っていなかったんです。だって、自分はそもそもリアルではあまり自分のことを「私」なんていわないんですよ。自分の一人称は「私」ではないんです。

     基本的に多いのは「うち」か「わし」ですが、続いて「自分」「我」「我輩」「俺」「僕」「名前呼び」等々色々使いますし、その時の気分で使ってました。でもほとんど「私」は使わない。かしこまった場とか、敬語とか、そういう場面用。早い話「よそ向け」の一人称なんですよ。動画でも基本「私」が多いのはそのせいですが。

     昔「僕」というのをまだ人前で使っていた頃、「女が『僕』とか気持悪い」といわれてしまって、悲しかったけど怖くてそれから「私」を使うことが多くなりました。でもこれもまた先日、同一人物から「貴方は話したくなくなるような性格してる」といわれて「ああ、人に合わせても意味なんてないな」と思い始めたので最近はまたちょくちょく表にでていたりします。

     日本語って他の国に比べて「個性を出しやすい」言葉の一つだと思っているので、もし仮に自分の個性を否定されてしまったとしても納得のできる相手以外にあわせるのは得はないなとも思えた出来事でした。こんな記事ですが読んでくれている人にはこういう後悔してほしくないな、なんて思ってます。
     ……まあ、当時の自分もそうですが変えたのは相手のためではなく「気持悪い」といわれないよう自分をまもるためだったのかもしれませんが。

     おかしいな、暗い話にむいてきちゃった。


     あ、ちなみに。自分が萌えるなと思う一人称一位は「僕」だったりします。その次に「私(わたし・わたくし)」です。男女共に。

     男性でも女性でも「ぼく」とか「わたし」っていってると「かわいいなあ」って見ちゃうんですよね。でも「ぼく」はもうダントツで好き。もう字面も好き。よくわからないけどかわい。「ぼく」の可能性は無限大だと思ってます。

     「僕」という一人称については足りない言葉で延々と同じこと言いながら「かわいい」としか書けなさそうなのでここらへんでしめますが、要は色んな一人称つかってますよ、というお話でした。


     好感度や新密度によって「一人称変わってくれるイベント」もいいよね。あれ?自分何の話してるんだ?一人称の話だな。うん、タイトル詐欺ではない。最近「みことにっき」やら「みっくすおれ」をやっていたのでそういうのに飢えているんですかね?
     日記というより後半ただの萌え語りだこれ。


     暗い内容の部分もあったけど、「一人称っていいよな!」というお話でした。おわり!