ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

オコゼ杯使えそうな配合
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オコゼ杯使えそうな配合

2020-11-23 12:30
    ダート◎+面白(根性50)+ニックス+最低ニトロ14(KSP88)配合

    ノーザンダンサー、リファール、ラッキーデボネアが入っていない繁殖牝馬=A

    A×メジロティターン×ブライアンズタイム×モガミ

    メリット
    モガミの健康Aが強い(2分の1で丈夫コメ)
    スタートの繁殖牝馬が選びやすい(どんな繁殖牝馬でも〆配合で面白配合になる)
    メジロティターンのスタミナ補正+8が強い
    ダート◎配合なのでダート戦でポイントとりやすい
    繁殖牝馬のニトロ次第ではKSP90台も狙える(14+0~3)

    デメリット
    資金が多くないと厳しい(最低でも5~6億、11億あればいける)
    メジロティターン配合時スピードのノリがちょっと弱い
    ブライアンズタイムの種付け料が高い、BOOKFULL率が高い
    ブライアンズタイム配合時牝馬が産まれづらく、ハマると資金が逝く
    モガミの成長型が普通型な為、しっかり調教しないと能力が入りきれない可能性がある。
    資金を稼いでから生産するので残り時間が短くなりやすく戦績が積みづらい


    ブライアンズタイムをバンブーアトラスにしたらスタート時繁殖牝馬からいける可能性があるかもしれない
    ただ2連続晩成だからどこかで資金稼ぎを考えないと厳しいかも。
    あとバンブーだと母似次第ではテスコボーイの気性難拾う可能性があるのがちょっと渋い
    できればメジロティターンを付ける時に母父にスピードアップを持っている牝馬が好ましい
    ミルキーキャット×メジロティターン×バンブーアトラス×モガミだと
    面白ニックス父似SP母似ST底ニトロ18(KSP92)
    これは面白そうだから試してみたい





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。