ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

※ネタバレ注意※まどマギの映画の感想を書かせてはくれないだろうか※ネタバレ注意※
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

※ネタバレ注意※まどマギの映画の感想を書かせてはくれないだろうか※ネタバレ注意※

2013-10-30 22:20
    ※ネタバレ注意※ネタバレ注意※ネタバレ注意※ネタバレ注意※ネタバレ注意※ネタバレ注意※※ネタバレ注意※

    先週の土曜日

    『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』

    観てきました一人で

    はっきり言って久々のブロマガですよ。しかも誰も見てない自己満足ブログですよ。

    なぜ、俺はこんな所で書きたくなったのか。

    まず、俺の周りにヲタ友達が全くいない。
    そんで、まどマギの事を話そうもんならどん引かれる。
    さらに、仕方ないからChatpatで話そうとするも3日続けて撃沈。


    もうね、まどマギ誰も観てないんじゃないかと。

    実は俺の周り全員幽霊だったんちゃうんかと。

    そう思ってしまう訳ですよ。


    さて、ここからはネタバレをしながらつらつら書いていこうと思います。
    最初にいっぱいネタバレ注意書きまくったからきっと大丈夫!!





















    ↓↓↓↓↓↓ここから↓↓↓↓↓↓↓↓

    まず単純に感想として、最高に面白かったです。
    序盤からいきなり杏子&さやかコンビの夢のタッグから始まりまどかが締めるというとんでも展開。なんでまどか復活してんのって話ですわ。
    その後、5人で戦うシーンがあったけど、変身シーンめちゃくちゃかっこ良かったッスね。後でさやかの変身シーンが”きゅうりを漬けた人”が作成した動画のブレイクダンスと被ったと知って爆笑しました。あれは反則だ。良ければご覧頂きたい。だがその後の「ケーキ♪ケーキ♪」の部分、てめーはダメだ。色んな意味で。観てるときは良かったが後で思い返すと何故かむずかゆくなる。2回目観たら耐えられるだろうか。
    ほむほむが本気で相談できる相手が杏子ってのは面白いね。確かにマミさんじゃケンカになるし、さやかはアホっぽいしなぁ。だが、もしあそこでさやかちゃんに相談してたらと思うとちょっと怖いね。でもきっと「はぁ?そんなの勘違いでしょ。あたしは知らなーい」ってシラ切るんだろうな。
    いやしかし、マミさんvsほむほむはマジでカッコ良かった。つーかマミさん強すぎだろ。杏子が「本気のマミさん相手にするなんて…」とか言ってたが、まさかあそこまでとは思わなかった。だって、ほむほむは何回も時間ループしてるから戦闘経験豊富なんてレベルじゃないだろう。そのほむほむと互角以上にやりあい、しかも相手の手をあそこまで読みながら行動できるってのは異常なんじゃないか。油断したにしても、なんでシャルロッテに食われたんだろうね。
    ここまで書いて思ったが、劇団イヌカレー色めちゃくちゃ強かったな。つーか全体的に作画が神がかりすぎる。引き込まれるというより、どこ観ていいかわからなくてキョロキョロする感じ。細かい所まで観ようとするんだけど、あまりに多すぎて「凄い」の一言で終わってしまうんだな。これは2回目観るしかないだろう。
    あと、みんなの時間軸がイマイチよくわかんなかったけど、円環の理の使者がさやかちゃんとべべ、魔獣がいる真の世界の住人が杏子ちゃんとマミさんその他モブでいいのかな?で、まどかはまどかと。
    そうそう、ほむとまどかが二人で語ってるシーンって、あれ本当にまどかの本心らしいね。パンフで新房監督が話してた。つまり、あのまどかはほむほむの理想のまどかでありながら本物のまどかでもあったんだな。悠木蒼さんも言ってたけど1回も泣いてなくて常に笑顔なんだよね。あの空間はまどかが幸せに暮らせる理想の世界だったのかもな。
    その後のキュウべえの説明シーンは全く頭に入って来ず、後で2ちゃんのまとめで何となくわかりました。小説みたいなセリフは聴くだけじゃなかなかわからん。つまりキュウべえは円環の理であるまどかを研究の為に独占しようとしたと。で、それを阻止する為にほむほむは自分の殻の中で魔女になり、まどかに見つからないようにするしかなかった。救われるということはすなわちキュウべえを倒す魔法少女が居なくなるに等しい…でいいのか?この辺はまだ曖昧。
    で、その後ほむほむを救出するべく4人が力を合わせてソウルジェムを壊そうとする。このシーンはマジで泣きそうになった。みんなの友情が垣間見えたのはもちろん、魔女vs魔女っていうのが何だか夢の対戦みたいに思えたからね。さやかちゃんの魔女だけじゃなくヒゲの魔女もいたし、ベベも人間になってもやっぱりシャルロッテだし、まどかはもちろん杏子ちゃんもマミさんも魔女と一緒に戦ってるし。もう最高。
    円環の理であるまどかがほむほむ迎えにきて、あー、ハッピーエンドだなぁと思ったらいきなりほむほむ覚醒。思わず「は?」って声が出た。隣の女の子も「ハッ」って声が出てた。当たり前だよなぁ?それで悪魔化ですよ。キュウべえの「わけがわからないよ」の重ね声は良かったね。2ちゃんじゃ笑った人がめっちゃ居たみたいだけど俺は良いと思った。
    それで世界はほむによって書き換えられ、まどかはただのまどかに。うーん、やっぱりまどかとほむほむは敵対しちゃうのかな。「愛は憎しみの始めなり」なんて言葉もあるしね。ガチレズこわい。
    とまぁ以上がザッとした感想ですな。さっきも書いたが本当に作画が神すぎた。もう1回観たら心情の描写とか隠されたメッセージとか色々あるんだろうな。今から楽しみ。次回観たらきっともう1回書く事になるんだろう。わかんないけど

    ここまで



















    見よ、この全く改行しない読みにくさ!!!




    敢えてですよ敢・え・て☆


    だって中には「うっへっへ、まだみてないけど下までスクロールしてみーちゃお♪」ってな輩がいるじゃんか。

    そういう奴が見た瞬間「うわ、なんだこれ超読みにく最悪やめとこ」ってなるじゃんか。

    そうすると「ネタバレみないしみんな幸せ♪ってなもんで俺の勝ち。

    Q.E.D証明終了。



    いやーここまで書けて満足ですわ。
    明日に備えて早くねーよおっと。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。