• メガネの紹介シリーズ~其の3 レトロメガネと金の表記について

    2020-05-14 21:301
    いきなりですが、端午の節句である5月5日の『こどもの日』は子供の人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとゝもに、母に感謝する」ことが趣旨なのだそうです←wiki参照

     こどもの日と言えば鯉のぼりを連想する訳ですが、今と昔では唄う歌も違うようです。今の子たちは、♪屋根より高い鯉のぼり~♪と、童謡『こいのぼり』を歌うそうですね。とは言え、鯉のぼりをあげる家は少なくなりました
     しかしながら私世代は、♪甍(いらか)の波と雲の波~♪と、童謡『鯉のぼり』を唄っていました。いやはや世代の波は大きかったと実感させられます。

     因みに昨年のこどもの日ですが、我が愚弟は自分の所のオチビ達に鯉のぼりの歌と称して、♪さかな・サカナ・さかな~サカナーを食べると~♪と、『おさかな天国』を歌っていましたので、嘘を教えてはいけないと諫めておきました。

     前振りが長くなりましたが、様々なものが時代と共に大なり小なり変わるものでして、それは眼鏡も同じです。今回はレトロメガネに焦点を当てゝ紹介していきます。


    【日本に於けるメガネの歴史をサラッと】

     世界に目をやると13世紀には既に存在していたと言われるメガネですが、日本に於いては16世紀にフランシスコ・ザビエルによって持ち込まれました。昔の偉人の中で、眼鏡をしていたことで有名な人を挙げる際に、私が真っ先に思い付くのは徳川家康です。
     その頃は『メガネ』とは呼ばず、『目器』と呼んでいたそうです。因みに家康の目器は鼈甲製だったとか。
     因みにその時代の眼鏡はテンプル(意味はシリーズ其の1を参照)が無く、鼻に乗せるか、手で持ちながら使っていたんだそうです。


    16世紀ごろの目器(現代で言うところのメガネ)白黒画像

     その後紐で顔に固定するタイプ(スパニッシュイタリアン型)の眼鏡が西洋で17世紀ごろに登場すると日本でも徐々に広まっていったそうです。
     時代が随分経過した19世紀になると、今にも通じる『巻きつるテンプル眼鏡』が登場します(今回の記事で後程紹介するメガネもこれになります)


    【丸メガネ・牛乳瓶の底が当たり前だった!? 昔の眼鏡】␣


     これはメガネのレンズに原因があると踏んでいるのですが、日本では昭和40年代に大手のレンズメーカー達が研究に取り組み始めるまでメガネと言えばガラス製レンズの時代でした。

     ガラスレンズ表面の球面曲率(ここで言うところのメガネの度数)の加工を行うにあたっては、球面の方が他の形状より容易で高精度なものが出来るとの理由で採用され、今でも削り出しやすさから円形で作られています。

     球面レンズは非球面レンズよりも薄型加工が難しく、レンズの外側にいくほど歪みが大きくなるのですが、wikiによると昭和7年時点では、非球面レンズは望遠鏡の様なかなり遠くを見渡す物に使う代物との固定概念があったそうで、まだ眼鏡用に製品化はされていなかったそうです。

     加えて大正時代や昭和前期当時のガラスは現代の工業用ガラスのような強度は無く割れやすい物で、今でこそプラスチックレンズより薄く出来るガラスレンズですが、当時は技術的にも容易に加工が出来る代物ではありませんでした。

     そもそも論としてメガネは低下した視力を補う補助具であり、オシャレの一環で使用する概念が無かったという事もあって、自然と丸メガネ一色になった訳です。



      ␣␣␣␣␣【大正ロマン、今回紹介するレトロメガネ】

     今回のメガネは未使用の状態で保管され続けていた大正時代の丸眼鏡ですが、大切に使うので譲って頂きたいとお願いして、数年前に購入させて頂いた物になります。



     k20を素材として使っている巻つるテンプルの丸眼鏡画像(レンズは現代の物でガラス製)


     現代の眼鏡には当たり前にある鼻パッド(鼻当て)がなく、巻つる状になっているテンプルにメガネの重さが掛かるので、主には耳で支えることになります。こういった鼻パッド(鼻当て)の無い眼鏡の事を、一山(いちやま)眼鏡と呼びます。



                   折り畳んで内側から見た画像


     一山眼鏡の特徴として、鼻パッド(鼻当て)が無いので鼻跡が残りにくい反面、耳への負担が大きいので、メガネが重いと長時間使用時には痛みを感じる事があります。
     他にはレンズと眼の距離が近いので、レンズが小さくても案外視界が広く感じます。
     
     ロイド眼鏡と呼ばれるセルロイドを素材にしたメガネや、鼈甲を使ったメガネが多かった大正時代ですが、今回ご紹介するメガネは素材にk20(20金)を使っています。当時は黒色の眼鏡が多かった事もあってか、鼻を置くブリッジ部分以外は黒く色塗られています。
     そして当時の使用状態を再現しようとした私はガラスレンズを挿入しました。

     なんとなくお気付きになられた方もおられると思いますが、金含有量75%の18金よりも含有量が多い20金を素材に使い、レンズにガラスを用いた事で、イイ感じに重い眼鏡になってしまいました。

     幸いズリ落ちる事は無いのですが、長時間使用をすると耳が痛くなります。フレームが細いので、薄く加工できるガラスレンズにして瓶底回避を狙ったのですが裏目に出ました。
     フレームが重いのを考慮して、せめてレンズはプラスチック製にすれば良かったと後悔中です。

     少し話は逸れますが、私のメガネ紹介シリーズでは今後も貴金属が登場して来ますので、最後に金の表記について要点だけですがサラッと触れておきまして締めくゝらせて頂きます。


     【前置き】 金は純度を24分率で表しています。つまり、24金(k24)が純金(純度99,99~100%)となります。kはkarat(純度を表す)の略です。宝石に使われているcarat(重さを表す)とは別物ですのでご注意下さい。
     ですから、k24(24金)を純度の最高点とし、数字が下がるにつれて金の含有量が減っていきます。例えばk18(18金)表示は、18という数字は24の0,75倍(4分の3)ですから、金の含有量は75%という意味になります。


     【要点①】 金の表記ですが『k○○』とkが前につく物と、それとは別に『○○k』とkが後につく物があります。製造国によってkが前後どちらにつくか変わるのですが、日本では数字の前にkを付けなくてはいけないと決まっていますから、国産品は数字の前にkが付きます。ですから、kが数字の後に付いているものは大抵外国産だと御認識頂ければ大丈夫です。
     大事なことは外国産の表記は大雑把であったり、偽った物があり、表記通りの含有量ではないことが珍しくありません。例えば18kと表記があるのに、実はk9だった等があります。
    この点は十分ご留意ください。

     【要点②】 金の表記にはメッキ(金属や非金属の外側を、違う金属の膜で覆う事)を表すものがあり、数字の後にゴールド/メッキの略である『GP』と付きます。よくある18金のメッキですと『k18GP』となります。メガネの場合は、銀等の地金表面を金で覆った物が多い印象です。
     余談ですが『PG』ピンク/ゴールドの略ですから、正真正銘の金です。『GP』『PG』は似て非なる物なので御注意下さい。18金の場合の表記は『k18PG』となります。

     他にも地金表面に金の板を張り付けた『金張り』といわれる手法で作られた物もあり、こちらはGold Filledの略である『GF』で表されます。18金で例に挙げると『k18GF』となります。
     金張りの中でも更にややこしい表記が『k○○』や『○○k』の前後に『1/10』や『1/20』の様な『○/○○』とつくものです。
     
    同じく18金で例に挙げると『k18 1/10』や『1/10 k18』等があります。
     これの意味は、k18(純度75%)の金の膜で地金を覆い、地金と金の膜の合計1グラム中に、金の膜が10分の1(g)あるという意味です。
     大事なことは、金張りでありながらGF表記が無いということです。金製品の購入を検討されている方がおられましたら、表記にはくれぐれもお気を付けください。


                     【締め括り】

     今回は時代の過程でメガネがどのように変遷してきたかの一端に触れたに過ぎませんが、その一端にも奥深さがあるという事が少しでも伝われば幸いです。
     私は着物姿になる事が月に1回以上あるので、今回ご紹介した丸眼鏡と合わせると調和がとれていると思うのですが、先程書きました通り如何せん重たく仕上がりましたので、次回レンズの入れ替えをする時にはプラスチック製にしようと固く誓うた次第です。

     
    金に関してですが、特に表記はキッチリと理解した上で品定めをしないと火傷をすることになり兼ねませんから、分からない間は手を出さない事をオススメします。
     なお余談ですが、メッキ眼鏡や金張り眼鏡の特徴として、各パーツを繋ぐ金具やネジにはメッキや金張りをしないのが主流です。他人に見えない内側にまで金を使うのが勿体ないからなのかは分かりませんが、表記以外で判断する一つの材料にはなると思います。
     以前白黒テレビをオークションサイトで購入した際に、試しに18金のメガネを検索してみたのですが、18kの刻印が見えますと言ったり(あえて18金の眼鏡とは言わない)、ネジだけは新品(合金)に替えてありますと言って金張り眼鏡を出品している悪徳出品者も見受けられましたので、十分ご注意頂ければと思います。

     次回は白金ことプラチナ(pt)のメガネ紹介と、フレームの形状に関する内容を書きたいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーおわりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     


  • 広告
  • メガネの紹介シリーズ~其の2 メガネの素材による違い

    2020-05-05 15:001
    日に日に暑さが増してきていますが、皆様如何お過ごしでしょうか?

     ここ10年近く私の中での流行語大賞は「暑い!!」です
     
    どうやら今年も一番沢山発する言葉は「暑い!!」になりそうです。思えば25年くらい前までは気温が30℃に達したゝ゛けで大騒ぎしていた時代。懐かしく思います。
     懐かしいと言えば、昔はメガネフレームと言えばセルロイドか鼈甲が主流だった様に思います。今回はメガネの様々な素材に関して書かせて頂こうと思いますが、各素材の深堀は追々当該シリーズの中でする事として、先ずは多岐に渡る素材の一部を紹介させて頂きます。

    【こんなにあった!?メガネフレームの素材】

    プラスチック(アセテート)→現代の主流はコレではないでしょうか?
     良い点として軽い・安い。メガネを製造する側も加工しやすい・色を付けやすい等があります。
     難点としては強度・耐久が金属製フレームより劣る事や、熱に弱い事(一般的には60℃が限界とされています)です。フレーム寿命は早いものだと2年程度です。

    ②昔のプラスチック(セルロイド)→数十年前までプラスチックフレームと言えばコレでした。
     良い点として、アセテートを凌ぐ弾力性があり顔に馴染みやすく、硬質故に強度があり、独特の艶が美しいと評判でした。
     難点としては発火性が有り、素材の匂いが鼻につく事。加えて汗や紫外線での変色や、経年劣化でのひび割れです。
     ワシントン条約で輸出入が禁止されて欧州や米国で使用禁止になった事もあり、製造メーカーの激減で目にする機会も減りました。劣化速度はアセテートとあまり変わらないので、寿命も僅かにセルロイドの方が長いとは言われますが、私の体感では大体同じ位です。

    ③ 鼈 甲 (べっこう)→玳瑁(タイマイ)と言われるウミ亀の甲羅の事で、こちらも昔は非常によく使われた素材です。
     良い点として人間の爪と同じく主成分がタンパク質で構成されているため肌になじみやすく、肌に触れた際に感じる『しっとり感』は人工素材では出せないと言われています。
     加工面でも水をつけて熱を加えればくっ付くので、万一折れてしまっても付け直すことが出来ます(専門店での修理推奨)、加えて磨き上げた際の美しい艶も人気です。
     難点としてはワシントン条約で輸出入が禁止された為、どのランク帯(詳細は下記◎からを参照)であろうと鼈甲自体が大変高価になりました。また加工には高難易度の技術がいるので、専門の職人がハンドメイドで製造します。職人の数が減っていることも相まって値段が張ります。フッティング(掛け具合)調整だけでも数千円は掛かります。

     寿命は手入れ次第で一生使えますが、汗や水で艶が直ぐ無くなるので、装着した後は必ず乾拭きをしなくてはいけません。ですから水洗いは禁止。洗浄機投入など禁忌の行いです。
     また虫が食べてしまうので、長期保管の際は防虫剤も一緒に入れなくてはいけません。鼈甲表面の艶が無くなったり、表面が変色したり剥がれてきた場合は磨き直すこと(専門店推奨)で、元の色艶・状態に戻すことが出来ます。当然磨いていけば細く・薄くなって耐久性も落ちてきますので、その場合は新たに鼈甲を足して付け直せば元の様に使えます。

    ーーーーーーーーーココから下はメタルフレーム(金属製)の一部を紹介---------

    ④ニッケルクロム合金→ニッケルを8~9割とクロム・鉄・錫を混ぜて作られた合金です。利点は腐食(錆)に強くメッキ無しでもフレームとして使用が可能です。難点としてチタンの比重4,5をはるかに超える当該合金の比重8,6が、メガネを掛けた際に重いと不評です。またニッケルが金属アレルギーを引き起こしやすい物質であることから、現代ではチタンフレームにお株を奪われています。 

    ⑤ チ タ ン →上記の通り比重が4,5と軽く(鉄は7,85)、プラチナ(白金)や金と同程度の耐食性(錆や腐食の起こりにくさ)を持つ金属です。メガネフレームとしての利点は、軽い・頑丈・弾力性が有る・アレルギーが起こりにくい事です。
     難点としては加工が大変で、プラチナや金よりは安いですが、メタルフレームの中では値が張ります。とは言え使い勝手の良さから人気は高く、今やメタルフレームの主流となっています。

    ⑥ 形状記憶合金→ニッケルとチタンを原子比率1:1で混ぜた合金です。純チタンと同程度の耐食性を持ち、変形しても加熱をする事で元の形状に戻る性質があります。利点としては、この性質のお蔭で多少の衝撃が加わったり、変形しても元に戻る事です。
     難点としては、この性質故にフッティング(掛具合)調整が大変難しい事(大体不可能)です。特に度の強いレンズを必要とする人は、レンズの厚みが増す分重い眼鏡になります。その場合はフッティング調整をしないとズリ落ちやすくなる訳ですが、形状記憶合金はそれが出来ません。
     また形状記憶と言えども無敵ではなく、過度な衝撃や金属疲労でフレームが痛むことは有ります。

    ⑦金(ゴールド)→令和2年5月現在、40年ぶりとも言われる高値を付けている金属。空気中では浸食されない(錆びない)永遠の輝きを保つ資産価値の高い代物です。実用性としては錆びないのが嬉しいですが、比重は純金の場合19,3と重く、メガネの素材には柔らかい過ぎるので銀・銅・ニッケル等を混ぜた合金(18金や14金)として使われています。資産価値の高さや錆びない利点を考慮しても、金縁メガネは重量故に実用向けではなく、もはやオシャレの一環・趣味の域だと思います。

    この他にも銅とニッケルを混ぜた合金のサンプラチナ(SMP)や、プラチナと呼ばれる白金(PT)に金メッキ(GF)等、様々な素材のメガネフレームが存在します。


    【今回ご紹介するメガネ】

     今回紹介するのは鼈甲(べっこう)メガネですが、皆さんにとって鼈甲の印象は如何でしょうか?やはり御年を召された方が掛けるイメージでしょうか?

     鼈甲には種類があり、ザックリと分けますと、白甲→オレンジ甲→白茨布(しろばらふ)甲→黒甲→トロ甲→茨布甲→並甲となります。一番高価なのが白甲で、矢印の順番でランク(値段)が下がってきます。それぞれのべっ甲はネットで検索できますので、興味の有る方は調べてみて下さい。デザインや、どの種類の鼈甲を使うかで印象は全く異なりますから、値段は抜きに考慮した場合、全年齢層で愛用出来ると思います。
     
     それでは今回も私の所有するツーポイント(縁無し)メガネの画像と、チョットした解説を持ちまして記事を締めくゝらせて頂きます。



    ツーポイントの鼈甲眼鏡画像(レンズが分厚いですが、ガラスでは無く、プラスチックです)


     この眼鏡は白甲を赤く染色した『染色鼈甲』と黒甲の中でも混じりけの無い『真黒甲』をくっ付けたテンプルを使用しています。金具には貴金属を使い、画像では分かりにくいですが天然の金剛石を埋め込んでいます。
     因みに染色鼈甲は赤色だけではなく、緑色や青色等他にも多々あり、個人的な印象ですが、金具はホワイトゴールド(wg)を使用している物が多いように感じます。
     購入した当時のテンプルは画像よりも太かったのですが、何回か磨きをかけていますので、少し細くなってしまいました。


    テンプルを裏側から見た画像


     一般的にはレンズの止めネジの余剰分は切り落とすのですが、この眼鏡は各パーツを繋ぐネジ部分にも貴金属を使用しているので、勿体なく感じた私は切り落とさずに先端をカバーで覆ってもらいました。
     尚、鼈甲は劣化を防ぐために表面をコーティングする事が出来ます。コーティングをすると鼈甲の艶を保つための磨き直しが不要(数年ごとの再コーティングは必要)になる反面、鼈甲特有の肌触りは失われてしまいます。


    【締め括り】

     今回の記事で鼈甲眼鏡の多彩なデザインの一端を知って頂く事で、少しでも興味を持って頂けましたら幸いです。他にも数本のデザインの異なる鼈甲眼鏡を所持しているので、このシリーズが続いて機会がありましたら紹介していきます。
     次回は大正ロマンと銘打って、レトロメガネのコレクションを紹介したいと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーおわりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  • メガネの紹介シリーズ~其の1 メガネのサイズに関して

    2020-05-03 15:003
    昼間は汗ばむ陽気となりつゝある季節の変わり目ですが、皆様は如何お過ごしですか?
     私は押し入れから以前片付けた電気扇(過去記事の我が家の最高齢家電~を参照)を出そうとした所、例によって変な力み方をしたようで腰を痛めて絶賛ひっくり返り中です。
     
     という訳で暇を持て余してメガネのレンズを拭いていたのですが、私の所有する一癖あるメガネ達を小ネタを挟みながら各シリーズごとに一本ずつ紹介していこうと思い付きましたので、皆様に置かれましては雑学の幅を拡げたり、今後メガネを購入される際の参考にして頂ければ幸いです。

     とは言え、緊急事態宣言下の外出自粛発動中ですから、初回はインターネットで2本目以降の眼鏡フレームを買う際に、サイズを大きく外す事が無いようにする方法を中心に紹介していきます。


    【顔に合ったメガネを買いましょう】

     大きいフレームのメガネを掛けると『小顔に見える』という理由で大きい眼鏡を掛ける方がいますが、実用性の観点から申しますとフレーム幅が大き過ぎるメガネは鼻当ての調整をしてもズリ落ちやすく、その度にメガネを元の位置に戻すのは手間です。
     逆に幅の狭いフレームの眼鏡は、こめかみの圧迫感が生じたり、耳の痛みにも繋がりますし、フレームにも余計な負荷が常に掛かっている状態なので良くありません。
     
     しかし顔に合った物を選ぼうにも、眼鏡屋さんでは試しに掛ける事が出来ますが、インターネットではそうもいきません。予め断らせて頂きますが、人生初メガネをお求めの方は眼鏡屋さんで購入されることをオススメします。
     
    自分の顔に合った大きさのフレームを教えてもらえますし、大体のお店では眼鏡に不具合(ネジが飛ぶ、鼻当てが割れる、レンズが外れる等)が出た時のアフターフォローが利きます(購入店なら無料でしてくれる所もあります)

     既に自分のメガネをお持ちの方なら、今持っておられるメガネと表記サイズが同じ物をネットでも探す事が出来ますので、私のメガネを例にして、その方法をご紹介致します。



    私の普段使いメガネの左テンプル部分拡大画像です。55□16 140 と記載がされています
     因みに先程から『テンプル』と言っておりますのは、【眼鏡を耳介で支える棒状の部品】の事です。←ウィキペディアから抜粋

     順番に解説しますと、一番左の55という数字はレンズの幅を表しています。真ん中の16はブリッジレンズとレンズの間にある山なりになった鼻にかかる部分です。右のレンズと左のレンズがどれだけ離れているか)を表しています。一番右の140はテンプルの長さを表しています。
     単位の記載がありませんが、全て㎜(ミリメートル)です。

     ですので分かりやすくcm(センチメートル)に置き換えると、この場合はレンズ幅5,5㎝、ブリッジ1,6㎝、テンプル14㎝となります。 
     この数字は皆様がお持ちのメガネのテンプルに記載されています。物によっては経年劣化で数字が擦れて読み取り辛くなっているやもしれませんが確認してみて下さい。


    テンプル表記通りになっているかを計測してみた画像



     ※このテンプル表記の数字の精度は実を言いますと、そこまで完璧ではありません。それは計測方法が複数存在したり、フレームのデザインによって同じ表記でも誤差が生じる為です。
     例えるなら靴を選ぶ時にメーカーによって多少の誤差があったり、同じメーカーでも靴のデザインによって微妙にサイズが違ったりするようなものです。
     因みに計測方法に関しては、私の眼鏡の画像をご覧頂くと、レンズ幅の表記とブリッジの表記の間に□(四角形)があると思いますが、これはボクシングシステムというドイツの国家規格の計測方式を使用した事を表示しています。国際的な規格ということもあり、恐らく日本ではボクシングシステムがポピュラーだと思います・・・多分。


    【今回ご紹介するメガネ】

     それにしても時代は変わり、メガネは生活の補助器具に留まらず、オシャレを楽しむ道具にもなっていますね。
     メガネは単体で見た時と、実際に掛けた時の印象の違いが多々起こり得ると思っています。私は失敗したくないので御店で買う派なのですが、如何せんこの御時世で尚且つネットでも買える時代ですので、幅を拡げるのも一考の余地有りかもしれません。
     私の個人的な考えなのですが、視力に難があって眼鏡をしている人は、万一使っている眼鏡に不具合が出た時を考慮して予備を1本用意されることが望ましいと思います。
     最後にテンプル画像を載せた上記メガネ画像の全体画像とチョットした解説を載せて、今回は終わりにさせて頂きます。


    ゴット株式会社製のツーポイント(縁無し)メガネの全体画像

     この眼鏡はロイヤル・オーシャン・レーシング・クラブがゴット株式会社(以下GOTと呼称)に発注して制作された物です。GOT(株)は貴金属と鼈甲(べっこう)を用いた手作りの自社製眼鏡をシリアルナンバー付きで販売している会社で、私はデザインを大変気に入り愛用させて頂いております。画像はダミーレンズの状態時でしたが、今は度入りのレンズに変わっています。レンズの種類に関しては何れ書かせて頂きたいと思います。
     特にツーポイントメガネは、レンズとフレームの接する面が少ない分衝撃に弱い面がありますが、レンズの形をある程度変える事が出来る利点を魅力的に思います。

     鼈甲(べっこう)に関しては解説すると長くなるので次回の記事で触れたいと思いますが、たんぱく質を成分とするので金属アレルギーが起こらず、敏感肌の私には有難い素材なので、画像ではオレンジ色に見える耳掛けの部分に使用しています。


    右テンプル部分画像です。GOTのロゴと、ロイヤル・オーシャン・レーシング・クラブの略であるRORC、そしてシリアルコードが記載されています。


    【締め括り】

     以上で今回の記事は終わりです。この手の記事は、初回であまり長々と書いてもと思っていますので、こんな感じで不定期ですが気が向いたときに更新できればと思います。

     私の所有しているメガネ達は派手さを追及したり、若年層向けのデザインがされているかと言いますと怪しい所ですが、一本一本に思い入れがあって大事にしてきた眼鏡ばかりです。コンタクトレンズも良いですが、この記事を含めたシリーズ(になる予定)を通してメガネの魅力が少しでも伝われば幸いです。

     次回は鼈甲眼鏡の記事と、メガネの素材に関する小ネタを書かせて頂く予定です。記事に対しての御意見・感想など御座いましたらコメントにてお寄せ下さい。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーおわりーーーーーーーーーーーーーーーーーーー