白黒テレビ 【現役復活物語~夢と希望で溢れていたあの時代をもう一度】 番外編その2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

白黒テレビ 【現役復活物語~夢と希望で溢れていたあの時代をもう一度】 番外編その2

2019-11-14 00:30
  • 1
今回はテレビが修復を終えて帰って来た時に直ぐ使えるようにする準備編です。


 今回の白黒テレビを使う為に必要な物、準備その1は地デジチューナーです。
 これが無いとテレビ画面が砂嵐しか映さず、貞子を連想する私にはホラーとなってしまいます(余談ですが、私はホラーが苦手です。従弟の嫁さんのスッピンも・・・ゲフンゲフン)
 

 テレビ画面と言えばですが、白黒テレビのチャンネルを操作するツマミに記載されている数字が6までのテレビは昭和31製迄の製品で、昭和32年製のテレビは数字が11まで、昭和33年製~はツマミの数字が12まで振られているそうです。
 例外として昭和33年からの12チャンネル制を見越して数字が振られた昭和32年製までのテレビもあるそうですが、初期の白黒テレビを探す一つの参考にはなりますね。


 話を戻しますが、地デジチューナーが内臓されていればDVDデッキ等でも問題ありません。我が家の場合は、白黒テレビを使用する叔父(通称:お爺さん)が録画物をあまり観ませんので、テレビと接続する為の手間と費用を考慮させて頂きました。

 という訳で成るべく安く買おうと思い、中古の地デジチューナーをアマゾンで検索すると、大体4,000円前後で色々なメーカーの物が出ていました。
 その中からリモコンが小さくて使い辛い難点は有るものゝ、壊れにくいとの評判(レビュー)だったチューナーを約3,500円で購入しました。

シンプル・イズ・ベストを念頭において購入した地デジチューナー

 上の写真に写っているものと、他にテレビのアンテナケーブルを用意すれば準備その1は終了です。

 準備その2はテレビ台です。

 現代の薄型テレビは大型のサイズでない限り、重量は大体10㎏以下の物が多いです。しかし、以前にも触れた通り、今回の白黒テレビは14インチで約25㎏の重量があります。
 加えて、薄型には程遠い約50㎝弱の奥行きがあるので、ブラウン管用のテレビ台を用意する必要があります。

 どうせなら当時の雰囲気を出したいと思い、4つ脚の付いた当時のテレビ台をヤフーオークションで探していると、さっきまで私の後ろで眠りこけていたお爺さんが「帳簿箪笥の上に置いたら味もあるさかいに、ええがな」と言いました。


  何を言い出すかと思えば帳簿箪笥?帳簿箪笥帳簿箪笥帳簿箪笥帳簿箪笥…あ!アレか!!



我が家にある欅製の帳簿箪笥。昭和31年製の白黒テレビより昔、昭和初期の代物

 高さと幅は大体55㎝、奥行きが45㎝なので、奥行きが数㎝足りないですが、許容範囲!
 欅製なので重量級の物を載せた時の耐久性も申し分無しです←試しに体重非公開の私が上に乗ってみましたが問題有りませんでした(良いコはマネしないでね)

 箪笥の天板やテレビの底版を痛めてはダメだと思い、テレビを載せる際に緩衝性のある布を間に挟む事にしました。

という所で準備その2、テレビ台も無事に用意が出来ました。

 最後は準備その3、ブラウン管テレビと言ったら、テレビの上にこけし日本人形を置かなくては!←個人的偏見

 最初は、お爺さんの部屋に元からあった物をテレビの上に移動させようと思いましたが、本人が頑なに拒むので、致し方なく新たに用意する事になりました※どんな人形を用意したのかは、本編の最後に載せる予定の画像写真をご覧ください。

 次回は本編に戻って、修理完了の御知らせが来てからの流れを書きたいと思います。

―次回(11月16日に投稿予定の)本編其の陸に続きます―


広告
×
 テレビ台に関して、当時の四つ脚で回転するテレビ台をヤフーオークションで検索すると安いもので1万円以下でした。
 ただし半世紀以上前の物も多いので、重量級のテレビを載せる以上は経年劣化を考慮しなければなりません。
 特段見た目を気にされない方なら、ブラウン管テレビ用のテレビ台が安値で多数オークションに出品されていますので、受け取る際の送料を考慮しながらご自分に合った物を選ばれるのが宜しいかと思います。
 白黒テレビには脚付きのテレビも有りますので、其方を用意される方に関してはテレビの劣化具合とは別に、脚にも劣化が無いかを注意する必要が有ろうかと思います。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。