白黒テレビ 【現役復活物語~夢と希望で溢れていたあの時代をもう一度】 其の陸
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

白黒テレビ 【現役復活物語~夢と希望で溢れていたあの時代をもう一度】 其の陸

2019-11-16 00:30
  • 1
見積を承諾して修理をお願いしてから約10日が過ぎた某日

待ちに待った修理完了のメールが来ました!!

 メールには修理が完了したことを示す複数の画像写真と、受信テストが終わり次第発送の手続きに入って頂ける旨が書かれており、最終的な修理費用と支払先が記載されていました。



整備終了後に部品達御一同様を本体に戻した後の画像写真
(光が反射する程ピカピカに!)


 添付されていた写真画像には長年の汚れを奇麗に落とされ、欠落していた部品も補填をして頂いておりました。画面が映っている写真画像もありましたが、それは次回をお楽しみに。



欠落していた底版も代替えの板を当てはめて下さいました

 それにしても交換部品の多い事で、このデカい部品達が現代なら豆粒位の小さゝにまで進化するとは・・・

今回の整備で取り換えた部品の一部だそうです


 そして今回の整備に掛かった費用は見積もりと変わらずの45,300円でした。お支払いは銀行振り込みで、私は指定された複数の銀行から(月1回迄なら口座間送金手数料が無料な)郵貯銀行を選択しました。

 それにしても本当に直るとは!感謝!!感謝です!!!

 さあ後は着払いで自宅に送って頂き、到着を待つのみです。きっと、お爺さんも飛び上がって喜んでくれることでしょう。私もワクワクです。



たぶんコレ位は喜んでくれるハズ※あくまでイメージです


 次回は、いよいよ自宅に到着したテレビを映す回の本編其の漆(しち)です。今回のプロジェクトに掛かった合計費用や、一連の流れ・注意点を紹介しますので少し長くなりますが、皆さんの参考になればと思います。

―次回(11月18日投稿予定)の本編其の漆に続きます―

広告
×
 かつての日本では何でも直して使い続けるのが当たり前でした。テレビも電気屋さんが自宅にまで直しに来てくれたものです。今ではテレビに限った事ではありませんが、故障したり痛んだら買い換える事が大半です。ほとんどの場合で買い換える方が安い現代ですから致し方ない事ですが、60年以上前の電気製品でも使える様に直して頂けたことは感動ものでした。次回で今回のプロジェクトを締めくゝる予定ですので、最後までご覧いたゞければ幸いです。
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。