やさしいと思われる描き方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

やさしいと思われる描き方

2018-07-31 23:39
    ※あくまで個人の意見なので、違うなぁと思ったら聞き流すように

    風景画などの描き方は、やさしいに分類されると思われるので紹介してく。
    ※どうしてこの描き方で上手くいくのか?までやっちゃうと、長文になってしまうのでそのへんは省略。コメントで質問があったら答えるというスタイルで。

    いろいろな見るがあるが、今回は「構図で見る」が重点になる。
    まず、描きたいモチーフをみて、枠取りをする。



    構図で見たものを描く




    描き込んで見る


    ※ちょっとうまく行かなかったけど、すぐやり直せる



    ※応用
    この描き方の利点
    構図で見たときの完成予想図がすぐわかり、選ぶことができる。
    工程を2分することにより、リスクの分配で大失敗が起きないようになっている。
    描き込んだときにうまく行かなかった場合でもすぐやり直すことができる。

    欠点
    特になし

    いや、さすがにデメリットあるでしょ。じゃあなんでみんなこの描き方でやんないの?
    マジでないよ。なんでこの描き方で楽して描こうとしないのか分からない。

    ※使用例












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。