• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

低く出てスピンが効いたアプローチの科学
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

低く出てスピンが効いたアプローチの科学

2020-06-27 10:08
    スプーンと同じぐらい実践で使うことのない技の1つですが、

    「低く出てスピンの効いたアプローチって物理的にどうやって打つの?」

    という質問をたまに受けるので、解説します。



    が、残念なお知らせとしては
    半分以上は道具の問題です。(えーー)


    要素としては

    ・ボールの摩擦係数
    ・フェースの摩擦係数
    ・ソール形状
    ・ライ(芝目や芝長など)
    ・入射角
    ・縦のフェーストゥパス(ここだけ面白い話になるかと)

    この6つになります。

    ちなみにフェースを開く理由やハンドファーストにしない理由も、縦のフェーストゥパスのコントロールに含まれます。


    結論、まず、圧倒的に道具です。(泣)


    摩擦が0のボールとフェースで打つと、スピンが0、飛び出し角はインパクト時のロフト通りです。

    ハンドファーストで、58°のウェッジ で打つと、53°の角度に無回転で飛びます。


    アッパーブローでもダウンブローでも関係ありません。
    高くてスピンの無いボールの完成です。


    ではボールとフェースの摩擦係数が高い場合、つまりねっっとりした表面のボールとざっらざらのフェースで打つ場合、

    飛び出し角はインパクトロフトではありません。


    摩擦が強ければ強いほど、ヘッドの軌道方向に飛び出すベクトルが強くなります。

    つまり、ヘッドが地面ギリギリからギリギリへ、ほぼ水平に振った場合、摩擦がハンパなく強ければ水平に近い軌道でボールは飛び出します。

    そしてガッツリスピンが入ります。


    これを現実可能な仮定に近づけて考えていきましょう。


    ボールにフェースが接し始めてからコンマ数秒の間、
    ダウンブローを維持したいのです。

    なぜなら、インパクトロフトが60度(と仮定)
    で、摩擦によって本来60度上がろうとするはずのボールを、
    それより低く打ち出すためにはダウンブローが強いほど良い。


    しかしダウンブローが強い軌道には欠点があります。

    ボールがフェースから離れる前にソールが地面で跳ねてしまい、
    下から突き上げるアッパーブローに途中で切り替わってしまう。


    そうすると高くてスピンのないボールになってしまいます。
    ソールが跳ねないことが条件となります。


    ・薄いダウンブロー
    ・摩擦が強いフェースとボール
    ・芝が挟まらない、摩擦が減らないライ(順目かつ芝に埋もれていない)
    ・跳ねないソール


    だいぶ条件が揃ってきました。

    最後の砦、縦のフェーストゥパスです。



    9db8b5af6a4e62b5ed1f90270ae7bbfb259e3045

    フェーストゥパスとは、ヘッドの軌道に対してのフェースの向き。

    横方向ではフックとスライスの要素でしたが、
    縦方向ではバックスピン量に影響します。


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。