• このエントリーをはてなブックマークに追加
「十文字曳参のヲタコンテンツ批評」 critique.021「となりの関くん」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「十文字曳参のヲタコンテンツ批評」 critique.021「となりの関くん」

2014-02-15 13:00


    「十文字曳参のヲタコンテンツ批評」
    http://ch.nicovideo.jp/contri/blomaga/tag/103

    【ヲタ評×となりの関くん】
    とある学校のとあるクラス。
    目立たない席なのをいい事に内職という名の一人遊びに興じる関君と、隣の席の横井さんとの攻防(?)を描く。
    新感覚一人遊びコメディー、となりの関君の魅力とは!


    021.jpg
    となりの関くん 上巻 [DVD]



    わたしじゃなくて、関くんがっ!

    あっと言う間に二月です。バレンタインにちなんで恋愛物特集もありかなと思いつつ、甘々な恋愛に縁のない人生を送ってきました十文字。そろそろ冬アニメも出揃ってきたので、暫くは新アニメに的を絞って批評していきたいと思います。

    本作は月間コミックフラッパーで好評連載中のとなりの関くんが原作。内容は奇妙な一人遊びにいそしむ関くんとそれを観察する平凡な女の子横井さんの日常を描く学園コメディーである。

    それでは早速批評を。
    良くも悪くも賛否両論個性的な作品の多い冬アニメ。ある作品は過剰な性表現でBPO審議が入り、ある作品は毒のありすぎる脚本で炎上、またある作品は凄まじい肩透かしと、今の所は悪い印象の作品が多い。

    その中で抜群の安定感を見せているのが本作。そんなとなりの関君の魅力の秘訣は溢れんばかりの原作愛にある。原作の持つ面白さを損なわない堅実なアニメ化が本作の人気の秘訣と言える。

    例えば作画。昨今は綺麗な絵、精密な絵ばかりを作画が良いという風潮にあるが、そんな世論に流されず、きっちり原作の絵柄を再現している。ギャグ、コメディーは絵が綺麗すぎると話の内容を食ってしまうので、これは正解と言える。

    また、本作は演出上場面転換が皆無に等しい。通常ならそういった作品は絵が退屈になりがちである。例えば、物語シリーズは一場面の台詞が多い為、キャラクターを無駄に動かして絵的な華を演出している。予算がある場合はそれでいいが、低予算五分枠でそれをするのは難しい(なにより不自然になる)。

    そこで本作は、自然なCGを使い、多角的なアングルで関くんの一人遊びを映し、絵作りに華を生み出している。これならキャラクターを無駄に動かして視聴者の注意を分散させる事なく、本作の見所である関くんの一人遊びに集中させられるので非常に効果的だ。

    そして忘れてはいけないのが、ヒロインである横井さんを演じる声優、花澤香菜の演技力だろう。本作をご覧の方はご存知の通り、下野紘演じる関くんは寡黙だ(モブである先生より台詞が少ない)。作中の台詞の90%は横井さんという事になる。ほとんど一人語りでも視聴者を飽きさせず、むしろ横井さん可愛いもっと喋ってお願いだから! と思わせる名演技で、ナイスなキャストと言えるだろう。

    そして最後はOPとED。近年、アニメのOP、EDは映像的にも音楽的にも多様化し、洗練されている。恐らくと言わず間違いなく、今音楽業界で一番活発なジャンルはアニメ関連だろう。

    本作のOP、EDもご多分に漏れず、映像的にも音楽的にも非常に面白い作りになっている。OPは関くんが机の上でアニメ製作を内職するというていで進み、OP自体が一本のストーリーを成している(これはEDにも言える)。横井さんの心情を歌った歌詞やエレクトロポップな曲も非常に可愛らしい。

    ポップなOPから一転して、EDは関くんの魅力にグッと寄せた作りになっている。若き日に誰もが一度はやっただろう、文房具ドラムセットを前にしての関くんの熱演は、関くんというミステリアスなキャラクターの魅力を見事に引き出している。

    と、一見地味な作品だが、だからこそ、本作にはそれを面白くする為の多彩な工夫が詰まっており、それらが見事に機能している。派手な大風呂敷で誤魔化したり、流行物のジャンルをアニメ化しただけの作品が多い中で、アニメとなりの関くんは余計な物を加えず、遊べる所では全力に遊んだ、原作アニメ化の鏡のような作品だと言える。

    という事で、十文字曳参絶賛の本作。うっかり見逃した方も安心、手軽に見れる五分アニメなので、興味を持った方はこれを期に、DVD&原作を買っちゃいましょう!





    十文字曳参103.jpg(じゅうもんじ えいさん)
    アニメ、マンガ、ノベル全般を愛する孤高の評論家。
    作家、文筆家としても活躍する。
    ぬこPの依頼で「ヲタクの評価」のコメンテーターに就任。
    「CoTri(当チャンネル)」と「ヲタクの評価」のコラボ企画として、
    不定期で色々な作品について語る予定。


    ヲタクの評価(テスト運営中)
    http://yuruwota.myplayers.jp/


    十文字曳参 著
    SDイラスト こたつねこ

    企画 こたつねこ(ぬこP)
    配信 みらい図書館/ゆるヲタ.jp




    sps.jpg sps.jpg sps.jpg sps.jpg sps.jpg
    198.jpg 161.jpg 160.jpg
    「ステラ女学院高等科C3部
    (しーきゅーぶ)」 1 [Blu-ray]
    ガールズ&パンツァー
    -スタンダード版- 1 [Blu-ray]
    ガンダムビルドファイターズ 2 [DVD]


    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    ジャパン・コンテンツ・トリビュート
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。