ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

リーオー選手権 3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

リーオー選手権 3

2018-07-25 20:35


    リーオー選手権、3回目の紹介日記です。
    ここから後半戦だ!
    (※放送発表順に、ブログへの掲載許可が確認できた作品のみ紹介します)








    ■エントリーNo.8 TOMO様
     タイトル:『シェフのやさぐれ、
             リーオーのパセリとバジル仕立て』


    トモさん来たワーーーーヽ(´∀`)ノ

    普段からスケールモデルやフィギュアを作っているだけあって、
    質感最高でっす! カッケー!

    撮影もさすがやね。
    手前のものをぼかすテクニックも冴えてるゥ~。




    時間がない中、しっかりガッツリ作ってくれて感謝です。
    重量を感じさせるほどのドッシリとしたリーオーですよ!

    ほぼ無改造のストレート組みだと思われますが、
    塗装でここまでのものを仕上げてくれるとは…。すげぇ。
    ウエストの角度がノーマルのリーオーと若干違うので、
    もしかしたらここだけいじってあるのかも?




    左側頭部の黄色いラインはトモさんのオリジナルですね。オシャレ。
    ジオラマベースも作ってしまう本格派。

    TOMO
    「ジオラマ部分には100均で購入した本物のパセリとバジルが使われてるよ」

    いや、頭おかしいやろw(※誉め言葉です)
    トモさん、ご参加ありがとうございました。








    ■エントリーNo.9 ポンデ鈴彦様
     タイトル:『ポンデリーオー』


    ついに主催者である、うちのカミさんの登場だ!
    さすがカミさん、ネタがわかりやすい!w

    リーオーNPDをベースに、頭部にパテを盛ってポンデっぽく造形。
    シールドにはスマホ装飾用シールを使用して、
    ポンデリングのような装飾をあしらえてます。やるわァ。




    シルバニアファミリーの小物でこんな遊びまで出来てしまうというw
    こういうオチャメな演出も、うちのカミさんらしい。

    ちなみにカミさん、〆切2週間前になってもなかなか腰を上げず、
    これじゃ大会当日に間に合わないだろうということで、
    私がサフ吹いて、塗装して、トップコート吹きました。
    (ぉぃ、ここ笑うとこじゃねぇよ…)





    カミさん曰く、想定した通りの顔に出来た、とのことです。
    メインカメラ部分がね、もうね、
    開いた口にしか見えないというw

    放送中もリスナーズから「髪形がオカン!w」って言われまくってたねw
    皆様に楽しんでもらえたようでヨカッタ。
    鈴彦さん、お疲れさまでした。でも塗装したのオイラだよ!








    ■エントリーNo.10 ちょこ丸様
     タイトル:『ウィトルウィウス的リーオー』


    稚拙ながらワタクシ、ちょこ丸も参加いたしました。
    レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたウィトルウィウス的人体図をモチーフに、
    前々から試してみたかったものを製作いたしました。

    妻やリスナーズ、キットを見てくれたいろんな人から
    「気持ち悪いッ!気持ち悪いッ!」
    と、何度も連呼されますた。




    さすが世界の巨匠ダ・ヴィンチ先生
    このリーオーはどの角度から見ても美しいです。
    武器もたくさん構えることが出来て最高です。
    脚部なんて接地面が増えて、安定感バツグンです。

    これで天国のダ・ヴィンチ先生も、
    「ほほぅ、ちょこ丸とやら…なかなかやりおるわい」
    …と、ほくそえんでくれることでしょう。




    そしてこれが、私がもっとも気に入っているポーズ!
    やっべ、カッコよすぎる…(うっとり
    うちのカミさんからは
    「キモいよー。質量を持った残像に見えるよー!」
    って言われましたがw

    このネタ、誰かに先を越されているんじゃないかと心配でしたが、
    今のところグーグル先生には引っかからないようでナニヨリ。
    よし、頑張ったぞオイラ!
    ( ・ω・)ノ






    さぁ、次回で最後です。今大会一番の問題作の登場だ!
    つづくー!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。