フィギュアライズバストに挑戦 1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フィギュアライズバストに挑戦 1

2019-12-12 21:46
    一度は組んでみたかったフィギュアライズバスト
    バンダイさん、なかなか冒険するなあ。まさかの胸像フィギュアとは。
    ふみなパイセンとか、すげぇカワイイ造形なんですが。

    ググるとモデラーさんたちの完成写真がたくさん見られるので、
    非常に楽しませていただきました。眼福。
    よし、私も作ってみよう!


    人生初のフィギュア製作。買ってきたのはコレです。リコちゃん。
    デザインが好みだったので、この娘を選びました。やったぜ!
    発売は、2016年9月

    ちなみに登場したアニメのほうは、まったく観たことないんだけどネー。




    さっそく仮組み。

    付属シールを貼っていない状態なんですが、この瞳の出来はすごいね!
    これプラスチックの成型色の組み合わせだけで色分けしているんですよ。
    恐ろしい技術力です。さすがバンダイ。

    しかし…確かによく出来たキットなのですが、
    こうして仮組みしてみると、やはりどうしても気になる部分が見えてきます。

    表情がやや硬い印象を受けますね。
    そして眉毛の位置が上すぎて、前髪に隠れて見えなくなってます。
    他にも髪の細かい造形や、オムネが小さいことなどなど。
    これら気になった部分をメインに改修していくことにします。




    まずは顔の修正。
    よりアニメ調になるようにヤスりまくりました。

    わかりづらい写真で申し訳ないですが、
    鼻を低くし、頬の形をより丸くし、顎のラインも丸く整えました。
    その際にタラコ唇も引っ込めました。




    このキットの前髪って、横から見るとけっこうペッタンコでして。
    エポパテでボリュームアップを図ります。

    髪の裏側の肉抜きもパテで埋めます。同時に形を修正します。

    アホ毛は毛先以外の太さが同じだったので、削って太さに強弱を付けました。
    これだけでだいぶアニメ絵っぽくなったんじゃないかなあ。




    後ろ髪の合わせ目を処理。
    細かく切ったランナーを接着剤で溶かした簡易パテを使いました。




    そして、こいつぁオイラのこだわりだ!
    どうしてもオムネを盛りたかった!
    せめて、ふみなパイセンのレベルくらいには盛りたかった!

    ボディの合わせ目を、髪同様にランナーを溶かした簡易パテで消し、
    さらに衣装の釣り紐を削り去りました。背中のラインが艶めかしい。
    「エロくすんな!」と言われると、逆にやりたくなるw
    カリギュラ効果万歳。うふふふー。




    ここまでの工程で、キットを一度組み立ててみましょう。
    お、なかなかイインジャナーイ?
    私がキットを作ると、相変わらず別物になるね。

    肌の色がすごく綺麗なキットだなーと思ってましたけど、
    このあとサフを噴いて、全塗装するんだよね。
    もったいないけど、是非もないね。
    だってオイラが作るんだもん。



    さーて、リコちゃんがこのあと、どのような変身を遂げるのか。
    次回、塗装編です。

    (ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。