フィギュアライズバストに挑戦 3(FINAL)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フィギュアライズバストに挑戦 3(FINAL)

2019-12-21 23:02


    フィギュアライズバスト Liko

    『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』より、リコちゃんです。
    今回も「原型どこ行った?」的なキットとなりました。イヤン。

    カラーリングは私のオリジナル。
    金髪になったことと、スーツのメインカラーが赤になったことで
    印象が大きく変わりました。




    ビフォーアフターを見比べてみると、何がどう変わったのか一目瞭然。
    オムネを盛った効果も出てますな! えへん!

    塗りムラもだいぶ酷かったんですが、
    トップコートのおかげで粗さがかなり軽減されました。
    それでも筆塗りという宿命の前には、これくらいの妥協は必要かと。




    正面から見たときの顎のラインなどは、うまく削り込めたかなーと思います。
    初音ミクのフィギュアや、フレームアームズガールなどの写真を参考に
    顔の輪郭を整えていきましたので。

    眉毛も、前髪に隠れて見えなくなるということが無くなりましたので、
    だいぶ表情がわかりやすくなったんじゃないかな。
    眉毛って大事だよネー。




    エアブラシならもっと自然に描けるであろうシャドウですが、
    筆塗りで再現するのはさすがにムチャですよ。
    なので、ウェザリングマスターによってシャドウを加えてみました。
    腋窩や、胸の谷間など。

    髪にもパステルでグラデーションかけているんだけど…
    あんまり効果は出てないなあ。これは次回があった時の課題ですね。




    ヨコ~。
    髪の造形を整えたり、溝をスミ入れしたりした効果が如実に出てるんじゃないかな。
    背中のラインもかわいい…。紐を削った甲斐がありました。

    おぉぉ…。このアングルからなら、オムネの大きさもよくわかる…。
    え、えーと…、球の体積は確か…
     4/3 × 円周率 × 半径の3乗 …だったよね?

    つまりこのリコちゃんが等身大だったと仮定すると、
    その双丘の大きs…(センテンス強制削除




    この胸像の台座スタンド、あえてナナメに作ってあるところに
    制作者のセンスを感じます。
    いかにもバーチャルな世界から飛び出てきたような、
    そんなイメージを奮起させてくれます。




    製作期間はおよそ1ヶ月。

    筆で塗装を始めたときはムラだらけで「これ大丈夫か…?」と心配しましたが、
    頬にチークを入れるととたんに可愛くなり、
    むしろ自信を持って完成まで至ることができました。

    カラーリングもトリコロールになるよう配慮したことで、
    目を惹きつけやすくなったかと思います。




    最後の写真は顔のアップで。

    肌の塗装は、ミスターカラーキャラクターフレッシュ1です。
    このキットのために買ってきた塗料ですが、いい色ですねコレ。





    人生初のフィギュア製作で、いろいろと四苦八苦した作品でしたが、
    とても楽しく作れました。
    見てくださった皆様が、私の愛娘を少しでもカワイイと感じていただけたなら幸いです。

    これを機に、アニメ版のほうも観てみようかな。
    (ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。