ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

涙を流したゲーム作品 その1 『グランディア』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

涙を流したゲーム作品 その1 『グランディア』

2017-12-05 23:11
  • 2
ネタバレ部分は、文字を白くしております。
読みたい方は、該当部分をドラッグして文字を反転させてください。

作品:グランディア
機種:セガサターン
発売:1997年12月18日
開発:ゲームアーツ
ジャンル:ロールプレイング

本作は、冒険しているなぁって感じるゲーム作品です。
ゲームを掛け持ちすることが多いのですが、
本作はクリアまでひたすら遊んでました。
それくらい熱中できた作品です。
攻略し甲斐のあるダンジョンがあったことも印象深いです。

さて本題。
涙を流すって、皆さんにとってどんな時ですか?

本作で私が涙を流したシーンは、序盤から中盤にかけてだったと思います。
ニコニコにも私が涙したシーンが収録された動画があり、
同じく涙した方がコメントしておりました。

以下ネタバレです。5行下から開始します。




以下ネタバレ ここから (白文字反転)
-------------------------------------------------------
私が涙したシーンは、仲間との別れのシーンです。
別れも色んな形がありますけど、
今回は一緒に冒険している仲間が離脱する道を選んだことです。
なぜ離脱する道を選んだのか、その理由は忘れてしまいました。
でも、もう一緒に冒険できない。それがひたすら悲しかった。
涙が止まりませんでした。
-------------------------------------------------------
以上ネタバレ ここまで


本作はセガサターンの他に、プレイステーションでも発売されています。

今年で発売20周年。久々にプレイしたくなりました。
万人受けする作品と思います。
興味を持たれた方は、ぜひプレイしてみてください。
広告
×
まさに忘れられない冒険でしたね。あのシーンは私も印象に残っています。
BGMも良曲ばかりでした。サントラ再販してくれないかな。。
40ヶ月前
×
コメントありがとうございます。
憶えているシーン、2つあって、今回はそのうちのひとつを紹介しました。
BGMいいですよね。タイトル画面のBGMで鳥肌立ちました。
ゲーム作品のサントラは、相当出荷量が少ないのか、中古でも見かける機会が少ないと感じてます。
私はゲームを数年経過してからプレイすることが多いので、サントラCDが欲しくても買い逃すパターンが多いです。
なのでCDの再販は無理でも、ダウンロード配信してくれたら嬉しいですね。
40ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。