ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

涙を流したゲーム作品 その3 『モンスターワールドIV』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

涙を流したゲーム作品 その3 『モンスターワールドIV』

2017-12-09 10:54
    ネタバレ部分は、文字を白くしております。
    読みたい方は、該当部分をドラッグして文字を反転させてください。

    目次
    ・作品について
    ・どんな作品か
    ・涙を流したシーン
    ・発売プラットフォーム一覧
    ・最後に


    ●作品について
    作品:モンスターワールドIV
    機種:メガドライブ
    発売:1994年4月1日
    開発:ウエストン
    ジャンル:アクション+ロールプレイング


    ●どんな作品か
    女の子とかわいい相棒が織りなす、横スクロールアクションロールプレイング。
    キャラクターのしぐさが可愛らしく、多彩な動きで楽しめます。

    主人公アーシャですが、相棒のペペログゥの協力なしには、
    行く手を遮る困難を乗り越えることができません。

    例えばアーシャでは届かない場所のスイッチを押してみたり、
    飛ぶことができるペペログゥにつかまることで、
    ゆっくり落下して普通のジャンプでは行けない向こう側へ渡ってみたり。

     協力する、というシステムを採用した作品には、
     スーパーファミコンの『アルディライトフット』や、
     メガドライブの『アイラブミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス 』における
     二人同時プレイ時を思い出します。

    またペペログゥは、アーシャが口笛を吹くと即座に傍に飛んできます。
    これがたまらなくかわいい!まさに相棒ですよね!

    なおロールプレイングですが、経験値はありません。
    装備品を購入して、戦闘が楽になるシステムですね。
    ファミリーコンピュータの『ゼルダの伝説』を思い出していただけると
    わかりやすいんじゃないでしょうか。


    ●涙を流したシーン
    さて本題。
    涙を流すって、皆さんにとってどんな時ですか?

    以下ネタバレです。5行下から開始します。




    以下ネタバレ ここから (白文字反転)
    -------------------------------------------------------
    私が涙を流したシーンは、相棒ペペログゥとの別れのシーンです。
    いつも一緒に冒険していたペペログゥ。
    それ以降は主人公アーシャの独り旅になるんです。

    もう口笛を吹いてもペペログゥはやってきません。
    この文章を書くだけで涙が出てきます。

    私が今までプレイしてきたゲーム作品で、
    最も愛するキャラクターがペペログゥなんです。
    共にした時間を忘れることはありません。
    最高の相棒ですから。
    -------------------------------------------------------

    以上ネタバレ ここまで



    ●発売プラットフォーム一覧
    1994年 メガドライブ
    2000年頃 ドリームキャスト ドリームライブラリ ダウンロード ※サービス終了
    2007年 PlayStation2 ※『モンスターワールド コンプリートコレクション』内に収録
    2008年 Wii ダウンロード
    2012年 Xbox 360 ダウンロード ※『モンスターワールドコレクション』内に収録
    2012年 PlayStation3 ダウンロード

    メガドライブ末期の作品ゆえ、あまり本数は出ていないと思います。
    ぜひ多くの人に遊んでもらいたいと思っていたら、
    PlayStation2のパッケージ版や、現行機種への配信で、
    一気にプレイ環境が整い嬉しく思いました。
    ドリームライブラリは、ちょっと時代を先取りしちゃいましたね。

    なおWiiバーチャルコンソールサービスの終了が近づいております。
    損はさせません。ぜひプレイなさってみてください。


    ●最後に
    キャラクターデザインをされた大空真紀さんが、本作の同人誌を出されてました。
    私も1冊持ってますが、ボツになった男の子主人公の話もあったりで、
    ファンには堪らない内容です。
    ゲームのように、同人誌もダウンロード配信されたら嬉しいです。ぜひ!

    興味を持たれた方は、ぜひプレイしてみてください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。