配布マップのためのコマンド技法(アイテム検知)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

配布マップのためのコマンド技法(アイテム検知)

2016-08-24 21:44
  • 9
●落ちているアイテム検知
/testfor @e[type=Item] {Item:{id:"minecraft:wool",Damage14s,display:{Name:"あか"}}}

●持っているアイテム検知 (アイテムは無くならない)
/clear @p minecraft:tripwire_hook 0 0 {display:{Name:"鍵"}}

●持っているアイテム検知 (本の場合)
/clear @p minecraft:written_book 0 0 {title:"題名"}

●右手に持っているアイテム検知
/testfor @p {SelectedItem:{id:"minecraft:tripwire_hook"}}
/testfor @p {SelectedItem:{id:"minecraft:tripwire_hook"},tag:{display:{Name:"鍵"}}}

●一つもアイテムを持っていない検知
/testfor @p {Inventory:[]}

●チェストやかまどが空検知
/testforblock ~ ~ ~ minecraft:*** {Items:[]}

●チェスト開いたってのを遠隔検知

トラップチェストの下(もしくは一つ挟んで下)にコマブロを置く
そのコマブロを
/blockdata *コマブロの座標* {powered:1}
でリピートブロックを使ってチェックする

●チェストの中が一致しているかチェック
/testforblocks *正解のチェストの座標* *正解のチェストの座標* *チェックしたい座標*
で、正解のチェストの座標に向きも揃えてチェストの中身を入れて設置しておく
-----
[TOPへ戻る]
広告
×
いきなりコメント失礼します。チェストの中が一致しているかチェックするコマンドは「testforblock"s"」ではなかったでしょうか・・・?
28ヶ月前
×
>>1
今気が付きましたが、たしかにそのとおりでした!
ご指摘ありがとうございます!
26ヶ月前
×
/testforblock ~ ~ ~ minecraft:*** {Items:[]}
の***と{Items:[]}の[]のなかは何を書けばいいですかね
22ヶ月前
×
>>3
空になっているか検知なので、何も書かなくて大丈夫ですよ!
19ヶ月前
×
/testforblock ~-1 ~1 ~-2 minecraft:chest {Items:[totem_of_undying]}と、書いて実行したんですが、「{Items:[totem_of_undying]}」はブロックminecraft:chestの状態では、ありません と、実行結果にかいてあるんですがどうすればいいですか?
17ヶ月前
×
NO.5で、バージョンは1.12.2です。
17ヶ月前
×
>>6
chest 0 でできると思います
16ヶ月前
×
/testfor @p {SelectedItem:{id:"minecraft:tripwire_hook"},tag:{display:{Name:"鍵"}}}
で検知と書いてありますが、"tripwire_hook"の後ろのカッコはここに置くのではなく一番後ろに置かないと反応しないようです。
15ヶ月前
×
>>5
[{id:"totem_of_undying"}]のように、アイテム名だけだとだめです。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。