今後カラオケ配信は出来なくなるのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今後カラオケ配信は出来なくなるのか?

2019-06-02 16:37
    ニコニコの配信者がカラオケ店にてカラオケ配信をしたところ規約違反により
    1週間BANされると言う事がありました。
    少し前にもツイキャスだったかな?でカラオケ配信によるBANがあったみたいですね。



    その前例が出来てしまった事で『もうカラオケ配信出来ないじゃん』とか
    『BGMで音楽流すのもダメなの?』とか『クリ奨や投げ銭のせいでBANになった』とか
    色々な意見が多数出てます。確かに今まではそんな前例はなかったので
    もしかしたらクリ奨や投げ銭でお金が絡むようになったから厳しくなった
    と言う見方も出来るかもしれませんけどね。

    カラオケ音源の権利はその音源を制作した会社に属します。
    今回のBAN理由は上記画像の通り保有する権利が侵害されてると言うモノでした。
    そしてその権利者は第〇興商と明記されてます。
    つまりJASRAC関連の話ではなくカラオケ音源の権利者からの申し立てによる
    BANなんですね。

    クリ奨が始まってから音楽を流すとクリ奨が貰えないなんて言われてましたが
    実際にはクリ奨の登録をする際に使用楽曲を申請することでクリア出来ます。
    音楽を流すとクリ奨は貰えないと言う噂を利用して野田草履がクリ奨無し枠と言って
    寝配信で音楽を流しリスナーを騙し実はしっかりクリ奨を貰ってたなんて事が
    過去にありましたね。w

    話が逸れましたが、つまり今回のBANはカラオケ配信をした際に
    そのカラオケ店で使われてた音源を配信で使ったから
    と言うのが今回のBANの理由なんですね。そしてそれは恐らくですが
    通報者による第〇興商への通報によってなされた事だと思います。

    今回BANになった配信者は配信中にカラオケの映像を見せてました。
    これでどこの音源か特定されてしまい通報者によって権利者に通報が入り
    そこからニコ生運営に権利侵害の連絡あってからのBANなのだと思います。
    配信からBANまでにかなりの時間が掛かったのはそのせいかなと…
    権利侵害を申し出た第〇興商に代表されるカラオケの音源を作ってる会社が
    カラオケ配信を監視してるなんてことはあり得ないのでこの可能性が高いかなと…

    ではこれからのカラオケ配信はどうなって行くのか?
    恐らくカラオケ店でのカラオケ配信の際に音源を特定できるような事があれば
    それを通報されて同じようなBANになる事も増えてくるでしょう。前例が出来たので…
    逆に言うと音源が解らなければ通報も出来ないしBANも出来ないと言う事になります。
    つまり完全に白と言うわけではなく所謂グレーゾーンと言う事になりますね。

    その昔、ニコ生とJOYSOUNDが協力してカラオケ音源を提供してた事がありました。
    この事からもカラオケ音源の使用関しては昔から権利が存在し厳しい物だったのが
    解ると思います。

    では完全に白でカラオケ配信をするにはどうしたらいいのか?
    弾き語りがその一つですね。もう一つはオリジナルの音源を使う事です。
    DTMで自分で作るのが一番安全安心ですがそんなん誰でも出来る事ではないですね。w
    youtubeなんかを見ると歌無しのカラオケ音源が結構アップされてます。
    全てではないですが殆どの曲がオリジナルで作られ使用に関して特別な規定はありません。
    その音源を利用すればカラオケ配信をしても何も問題ないと言う事ですね。

    ここまですべて憶測で話してるので権利侵害の本当の部分が音源ではなく
    もしかしたらカラオケ店で流れる映像の方に問題があったのかもしれませんが、
    とりあえず今回の件に関してはJASRACが絡んでる楽曲そのものの著作の話ではなく、
    あくまでもカラオケ音源の制作者による申し立てだった言うことですね。

    ではでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。