ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

麻雀AIとデュプリケート対局した感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀AIとデュプリケート対局した感想

2017-05-28 18:00
  • 1
最近は爆打が有名だけど、数年前までは麻雀AIといえば「まったり麻雀」が最強だった。
開発者が言うには、天鳳安定6段程度の実力があるらしい。俺も対局してみて、安定5段はあるだろうなと思った。
そのまったり麻雀にはデュプリケート対決という機能がついてて、俺がその麻雀AI3人と対局した1戦と同じ配牌、同じツモでまったり麻雀が打つというもの。
連荘がなければ鳴きでツモがずれるということも無い。

以前天鳳のイベントでも同じ試みがあった→ Duplicate麻雀テスト 結果
今でも大会ロビー作成で同じことが出来る。ただ天鳳には連荘があるせいで本来発生しない1局というのも出てくるから同じ順位結果にはややなりにくいと思う。

下の表はexcelで対局結果をまとめたもの。生成乱数は最初は意識してたけど、面倒になって記録しなくなった。
東風戦は平均順位2.26で圧倒的なようでツモが良いだけだった。まったり麻雀は平均順位2.22でさらに成績が良い。
東南戦は逆によくわからん。残り3人も同じくまったり麻雀だから長く打てばまったりのほうは平均順位2.5に向かって収束していくはずだからまったり麻雀にとってはツイてないんだけど、俺にとってはツイてるツモと言える。
俺の腕はまったり麻雀の雀力より一段階くらい上だと思うけど、証拠出すために1000戦も打ってられない。まあ平順意識と後手踏んだ時の手組み上手くされたらあまり差がつかないような気もする。
愚形上等即リー戦法は弱くないと学んだ。鳳凰上位目指すなら微妙だろうけど。


結果から分析できるほどの打数はないけど、感想くらいなら言える。

まず、デュプリケート麻雀が普通の麻雀より実力ゲーになるという印象は無い。誰でも勝てる配牌とツモなら差が付かずその対局が無意味だったということで、結局必要な対戦数は増えるし、微妙な選択がうまくいくかどうかもその後のツモ次第なところが大きいから対戦数の収束が早まるとは思えにくい。

あとは普通の麻雀と楽しみ方が大きく変わった。
普通の麻雀での1段目満貫は嬉しいけど、デュプリケート麻雀だとあいつも上がるんだろうなーと思うし、ミスしないで良かったと安堵する。だからまったり麻雀が選ばないであろう選択をしてそれがうまくいったときが嬉しい。
お前これ切れるかー?って思いながら打牌してまったり麻雀もそれを切ると、なかなかやるなぁと奇妙な連帯感を感じる。
つまり対戦相手が同卓者でなくなる。これから同じ席で打つやつとの勝負という意識がかなり強くなる。
他家の運だけに巻き込まれたらまったり麻雀も同じ不幸を味わってくれて少し気が紛れる。
AI相手に友達意識を持てるのが楽しい。

不満点としては、九種九牌はなくしたほうがいいと思う。東風戦のオーラスでこれやられるとすごく消化不良。
そんなわけで100戦打つ前に東南戦に移行したけど、最近は全然やれてない。またニートになれればいいんだけど。



それにしても爆打と鳳東で打ちたいのに実現する見込みがないのが寂しい。天鳳に飽きてきたから新しい刺激が欲しいというのもある。俺は爆打に人格のようなものを見いだしてるし生き残りを賭けてAIと戦うことにロマンを感じてる。だから爆打が鳳東メンバーになったらとても嬉しいんだけど、反対者や天鳳の運営者を納得させられる説明が出来そうもない。物理的な条件は整っているだけにもどかしい。
結局は何を大事にするかというのが個々によって違うのが問題で、誰かが間違っているというのもではないと思ってるけどさ。打ちたいよ、俺は。

妥協案として見込みのある鳳凰民限定個室は賭けるものが大したことないからそれほど燃えないのがなあ。


広告
×
18時が好きなの
49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。