ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【麻雀】センスのある打牌、センスのない打牌at鳳東①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【麻雀】センスのある打牌、センスのない打牌at鳳東①

2016-03-07 07:25


    。序盤なら一向聴でも赤ドラが出ていく受けの価値は低く見積もって打点と良形を目指す。《この牌姿なら12巡目くらいまで打(2016/03/07 07:40追記)》実戦では打




    で染め本線。はまだ鳴かない。副露基準の1つとして、手が安くて愚形で守備力低下する場合は鳴かないというものがある。を切って下123の3色を目指してものメンツがあるからターツは足りている。面前を狙っても愚形のみ手のリーチが濃厚なので染めのほうが効率的。実戦では打



    でシャンテン戻し。残してもツモしか嬉しくないし裏目対処ができる。ソーズのメンツ変化を考えれば自然な打牌。実戦では打ツモって満貫上がれた。運ゲ。

     はが2枚見えるまでは打。その後は打

     は同じくが2枚見えるまでは打
     は打
    迷いそうな変化はこのくらいか? 黒のになっているけど赤牌のでも同じ判断。
    も機能は低いけどのほうが低いということ。



    の機能があまり高くないから切ってシャンテンを落とすほどではない。打はゴミ。


    。打はゴミ。引きとの比較を考えれば当然。


    。対面がを切った時点でソーズでヘッド+1メンツの構想を強く持つ。切ってもピンフ効率が下がってあまり打点を維持できていないので愚形率が上がるだけのゴミ。実戦では打でぐちゃぐちゃな仕掛けをするはめになった。



    はポン。裏目引きの差もあれば、の3枚壁で現状の形の和了率もカンのほうが上。



    スルー。役無しテンパイは引きのみで引いても変化を見込める。を鳴くと愚形率が上がる上に守備力も若干下がる。上家のリーチにも基本あまり争わない姿勢。ドラポンされたら下家はオリないから終盤まで全力でアガリに向かう。差し込み期待のリーチはしない。



    。ターツ十分での機能性がほぼないからを残して引きを見る。の放銃率に差はあまりないから先切りのメリットはあまりない。実戦では打



    引きより引きのほうが嬉しい。実戦では打



    。愚形のみ手リーチの価値が低い局面というのもあるけど東1でも染め本線の打
    ②の画像と似ている牌姿。実戦では打で見事裏目。



    一応「実戦では」と書いてないのは正着とした打牌をしているけど誤打と少し迷っていた。
    いつもはミス多かったなと思って牌譜を見返しても思っていたほどミスがないことが多いけど、今日は思っていた以上にミスをしていて同じようなミスも多かったから一部取り上げた。頭を使ってなさそうな特上民っぽいしょぼい打牌が続けばシリーズ化。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。