ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 竹田恒泰著 「天皇の国史」 に対する個人的な雑感

    2020-08-23 02:37
    天皇の国史 竹田 恒泰

    https://www.amazon.co.jp/dp/4569843603/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_vGvqFb5461GBF





    竹田恒泰著 「天皇の国史」 読了しました。
    内容はかなり面白かったです。

    竹田恒泰氏の視点が、今後の「日本の歴史教育」の「基本」「軸」になりそうな感じがしたので、なるべく「あらすじには触れず」に簡単に感想をまとめます。

    ※あくまで個人的な意見です。

    1.「天皇の国史」の内容について
    天皇の国史がどの様な内容かを箇条書きにすると

    ①「天皇」を「軸」に置いた「日本通史」「日本の歴史」のまとめ。

    ②科学的見地、発見、物証、また日本国内外の文献などを論拠とし、日本の様々な出来事・事象・また神話・正史である「古事記」「日本書紀」などを、分析、比定、推察を行い、時代の特定や事実か否かを検証している。

    ③天地開闢以来、如何にして「日本の神統・皇統(皇位)を繋いできたのか」を書き表している。

    ④内容は「古事記」における「天地開闢」「宇宙の誕生」から始まり「新型コロナウイルス感染拡大」まで、広範囲に渡る。
    この様な感じではなかろうか。

    2.「天皇の国史」の文章、纏め方の特徴
    「日本の国史」の文章を見ていると、特徴的に纏めている。

    ①ページ数として本文だけで「642ページ」。

    ②文章全体の纏め方が「論文」に準拠しており、引用部分に関しては、必ず「引用元」が文中に提示してある。

    ③文中に注釈が一切ない。即ち平易な文章である。

    ④大体3ページ程度の「セクション(節)」で文章が構成されている。

    ⑤一部、図説は存在するが、それほど多くはない。
    この様な構成であるので、本文の量は、結構ボリュームが多く

    「文章だらけで読みづらいのではないか?」

    という先入観がありそうだが、実際はそうではなく、非常に解りやすく、読者を飽きさせない作りになっている。

    3.個人的に気になった点。
    全文読んで気になった点を、個人的推察を含めて纏めると

    ①考古学、生物分類学、生物学、地学、天文学、言語学などの「科学的」な視点からの分析、検証、比定は、主に「飛鳥時代」中期辺りまでが中心で、それ以降は、それ程用いられていない。

    これは、恐らく、日本に於いて「文字」や「文章」「文献」が無い時代の、分析、検証、比定のために「科学的アプローチ」を用いたのであって、日本でも文献や資料が揃い出した、推古天皇の時代~乙巳の変辺りからは、徐々に「科学的視点」よりも「文献・資料(史学的視点)」を重視した為に、この様になったと思う。
    個人的には

    「古墳時代の前方後円墳から飛鳥時代に方墳・八角墳などに変化した時代」

    を境に、科学的視点は激減した様な感じがした。

    ②皇統(皇位)継承について、様々な断絶の危機を乗り越えて現在があることを改めて知ったが「一寸無理があるのではないか?」という践祚もあったとわかった。

    これに関しては、特に挙げるとすれば、南北朝時代の「北朝」における「三種の神器」を欠いた継承と、北朝第4代天皇の「後光厳天皇」践祚で

    「実質、為政者側が強引に決めた践祚であり、皇室に於いてあまり良い前例では無いな」

    というのが個人的な感想。

    ③平安後期から幕末にかけての内容、項目が少ない。

    この点に関しては「中学歴史 平成30年度文部科学省検定不合格教科書」のときにも指摘したが、所謂「中世~近世」の内容が薄いような感じがした。
    この理由として、天皇・上皇(朝廷)が徐々に「国政を動かす為政者側」の役割が「武士」に移り、武士を中心とした社会、即ち「封建社会」に変化したために、言及する機会が少なくなったのではないか?とも見ている。

    ④昭和期の前期、特にサンフランシスコ講和条約による主権回復期までの視点が、軍事面に偏っていて、外交・内政面の言及が弱い。

    自分は、大東亜戦争に関しては「日本の『厳正中立』『不戦必勝』」と言うスタンスであり、日本国憲法に対しては「GHQの干渉による占領下での『押し付け憲法』」と言う立場であるので、この点については竹田氏と見解が異なる。

    この論点のズレ、相違が出た理由は、自分が大東亜戦争前に於いては「日米交渉」即ち「対米和平交渉」という「外交面」を重視しており、当時の「松岡外交」即ち「枢軸よりの外交」について否定的に見ている点と、「軍事」は「外交『手段』」の一つであり

    「戦争を始めるも、戦争を終結させるも『軍事』ではなく『外交』である」

    と言う認識からであると思う。
    また、日本国憲法改正については、GHQが一度日本政府の改正案を反故にした以上、やはり

    「GHQによる干渉に当時の日本政府が折れた」

    と言う見解から「押しつけ憲法」という見方をしている。

    4.最後に
    個人的には、各論では竹田氏との相違点が一部あるが、総論としては、概ね正しいという見解で見ている。

    一番「天皇の国史」の中で、画期的だったのは、やはり

    「日本に『文字』『文章』『文献』が無かった時代に起こった出来事と謎、そして『記紀の内容』の信憑性について科学的見地・論拠を踏まえて、一定の結論・解答を導き出した」

    ところにあると思う。

    この点だけでも、上梓したことの目的を充分果たしており、尚且つ、その結論・解答を導き出すプロセスを読者に対して、解りやすく・平易に伝えるよう努力・苦慮しているとも思えた。

    特に、今までの日本の歴史教育、日本史に疑問を持っている方や、日本の歴史を再度見つめ直したい方には、お勧めする一冊であるし、所謂、皇国史観に否定的な人や現在の皇室や日本のあり方に「一家言ある人」にも勧めたい。

    「こういう見方・視点があるのか」

    と、納得していただければ幸いである。

  • 広告
  • 【ブログネット】「週刊文春の【孫請け】」に成り下がった特定野党。

    2019-11-01 11:427

    ブログネットです。


    本日の話題です。


    政治です。

    元ソース、産経新聞そしてブログネット独自の情報です。


    野党は「週刊文春の孫請け」で仕事をしているのでしょうか?


    立民・安住氏「一切の日程協議に応じない」

    (産経新聞 2019.10.31 10:41 更新)

    (https://www.sankei.com/politics/news/191031/plt1910310011-n1.html)


    自民党の森山裕・立憲民主党の安住淳両国対委員長は

    10月31日午前

    河井克行法相の辞任を受け

    国会内で会談しました。

    安住氏は菅原一秀前経済産業相も含めて

    閣僚の辞任が相次いでいることを踏まえ

    同日の国会審議に応じないと通告しました。


    会談は森山氏の呼びかけで開かれました。

    安住氏は森山氏に

    「この先、一切の日程協議に応じるつもりもない。

    国対委員長レベルで日程協議をしたり、

    委員会の動かし方を話す次元ではない」


    と野党側の意向を伝え、その場を退席しました。


    一方、森山氏は会談後、記者団に


    「経産相に続いて法相が辞任したという現実は

    与党として真摯(しんし)に受け止めなければならない」


    と述べました。

    その上で



    「国会は国民生活に直結をする大事な法案をお預かりしており

    その責任を果たしていくことが大事だ」



    とも語り、

    国会正常化に向けて野党側と協議していく考えを強調しました。




    【ANGLE】
    2閣僚の不祥事の発覚は「文春砲」。野党の調査で発覚したわけではない。


    そもそも、

    菅原一秀経済産業大臣の公設秘書による

    香典の受け渡し問題と

    今回の河井克行経済大臣の妻の河井案里氏の

    参議院選挙時のウグイス嬢の違法買収疑惑も

    事の発端「週刊文春」の記事

    所謂「文春砲」であります。


    野党は、この記事、情報を元に

    安倍政権と政権与党を国会で追求する構えを見せましたが

    菅原、河井両大臣は自ら責任を取り

    安倍晋三首相に辞表提出辞任をしたため

    国会で追求する機会を事実上失ってしまいました。


    その関係で、野党は次に打つ手を失い

    審議拒否に踏み切ったと推察します。


    この手法は、一昨年から続く、

    森友問題、加計問題で見られたものと同様であるともいえ、

    新聞、週刊誌、テレビ、特定のブログなど、

    情報の確証が取れていない未確認の情報や報道

    野党側で情報精査をせずに、

    国会の各種委員会で政権側に質問をする

    という形
    をとっております。


    この手法は、森友学園疑惑でも問題視された

    安倍首相の関与や安倍昭恵夫人の関与の追求に見られるように

    政権与党側「悪魔の証明」を突きつける形にもなりかねません。


    立憲民主党を始めとする、特定野党の行っていることは、

    ただただ、国会を空転させ

    国政を停滞させるだけであります。


    有権者にとっては、特定野党の行っている、

    週刊誌や新聞、テレビなどの、確証の持てない情報で

    政権与党に質問をし、追求する行為、並びに、審議拒否は


    「時間と税金の無駄である」


    と言わざるを得ません。


    他方、自民党の森山国会対策委員長の対応甘いと言わざるを得ず、

    最悪の場合、特定野党抜きで、

    国会審議を継続する構えを見せる必要があるのではないかと

    個人的には感じております。


    また、今国会での2閣僚の辞任に対する

    特定野党の審議拒否は、

    先程も指摘したとおり、週刊文春の報道を元にしたものであり

    特定野党が調べた情報ではありません


    即ち特定野党は


    「他人の褌で国会の仕事をし、尚且つ
    ズル休みをしている」


    とも言いかえることも出来

    更に、文春砲を理由に国会の審議を拒否することは


    特定野党『週刊文春の孫受け(政党)』成り下がった


    とも言いかえられます。


    立憲民主党や国民民主党、共産党、社会民主党などの国会議員は、

    有権者の信任を得て議員に当選したにもかかわらず、

    国や国民のために働くことを忘れて

    政権与党のあら捜しだけに、

    時間と労力と金を費やすだけで本当に良いのか

    改めて問うべきだと思います。


    本日は以上でございます。

    有り難うございました。



  • 【ブログネット】首里城の火災について 沖縄県の玉城デニー知事と副知事の対応に疑問が。

    2019-10-31 14:5629

    ブログネットです。


    本日の話題です。


    社会・地方行政です。

    元ソース、時事通信とツイッターそしてブログネット独自の情報です。


    首里城の火災に対する、沖縄県の対応が疑問視されております。


    首里城火災、6棟焼失=正殿から出火、延焼-世界遺産、けが人なし・那覇

    (時事ドットコム 2019年10月31日13時09分 更新)

    (https://www.jiji.com/jc/article?k=2019103100121&g=soc)


    31日午前2時40分ごろ

    那覇市の世界遺産、首里城跡に建つ首里城正殿付近で

    煙が出ていると119番がありました。

    沖縄県警や消防によりますと

    木造3階建ての正殿から出火して延焼し

    正殿と北殿、南殿など6棟と奉神門を焼き

    約8時間後に鎮圧されました。

    消火活動に当たった消防隊員が熱中症の症状で搬送されましたが、

    他にけが人はいませんでした。

     

    消防によりますと、

    首里城の防災センターが

    正殿付近から煙が出ているのを確認して通報しました。

    正殿の向かって左側から火が上がり、

    その後北殿、南殿へと燃え移ったとのことです。

    正殿はほぼ全焼して焼け落ちました。


    沖縄県警那覇署などによりますと

    開催中だった「首里城祭」の関係者が

    31日未明まで作業をしていたという情報がありますが、

    出火当時は準備作業を終え、

    警備員だけの態勢に変わっていたとのことです。

    同署では詳しい作業内容を確認しております。



    【ANGLE】
    一時は、住宅街に火の粉が。沖縄県の危機管理体制に疑問が。


    この首里城の火災に対し、

    沖縄県の危機管理能力について、疑問視をされる情報

    ツイッターで相次いで伝えられております。


    午前2:40分の出火からまもなく、

    折からの強風のため

    首里城周辺の住宅街

    首里城からの火の粉や炭の塊が降り

    住宅街への延焼が懸念されておりました。

    那覇市では、急遽首里公民館と石嶺公民館、

    城南小学校の避難所3箇所を開設

    また、周辺道路を交通規制るなどの

    緊急対応を行っておりました。


    それに対して沖縄県は、

    玉城デニー知事10月30日から

    沖縄県の財界人を連れて韓国を訪しており

    沖縄県に不在でした。

    また、2名の副知事は、発災から約5時間後

    午前7:30分以降沖縄県庁したと言う情報が

    ツイッターで伝えられており、

    明らかに初動が遅れた対応をとっておりました。


    更に、玉城知事ツイッターアカウントを持っているにも関わらず

    10月31日14:25分現在

    首里城の火災について、一切のツイートはしておらず

    また、沖縄県民に対して

    首里城の災害情報についても
    発信しておりませんでした。

    個人的には、

    この情報が事実ならば

    沖縄県の危機管理能力「最悪の部類」に当たると思われます。

    首里城火災によって

    火の粉が住宅街に降り

    住宅への延焼の危険も有ったという事実がある以上、

    万が一のことを念頭に、

    沖縄県民の身の安全住宅の被害
    第一に考えるべき
    であり

    本来でしたら、発災後、少しでも早く副知事が

    沖縄県庁に駆けつけ、

    災害担当者に指示と引き継ぎを

    行わなければならない事態であったと思います。


    また、韓国の外遊へゆく玉城知事から、副知事への

    業務の引き継ぎが確りと行われていたかも

    疑わしいと思わざるを得ません。


    観光資源として、また歴史的な文化遺産として

    首里城の焼失、損失は大きく、

    心の拠り所を失った沖縄県民の落胆は大きいと思いますし

    そちらの方に目が行きがちだと思われます。


    しかし、短時間ではありますが

    少なくとも、首里城周辺の住民の生活や命に対して

    危険に晒す行為を、結果的に沖縄県は行ったと思います。


    この様な非常事態に対し

    玉城沖縄県知事、そして副知事は

    その責務を果たさなかったと言っても

    過言ではないでしょうか。


    本日は以上でございます。

    有り難うございました。