【ブログネット】レコードチャイナがフェイクニュースか? 産経新聞の記事と比較してみた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】レコードチャイナがフェイクニュースか? 産経新聞の記事と比較してみた。

2018-01-12 23:01

    例のごとく、取り敢えず台本だけです。
    動画編集するかは未定です

    ⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


    1月13日(土)のブログネットです。


    本日の話題です。


    カテゴリー別を迷いましたが、海外の反応、マスコミとしました。


    元ソース、レコードチャイナと産経新聞、まとめサイト正義の見方

    そしてブログネット独自の情報です。


    【世論調査】韓国メディア「韓国人の6割以上、政府の慰安婦合意新方針は『良い決定』」

    (正義の見方・1/12(金) 20:30配信)

    http://www.honmotakeshi.com/archives/52780112.html


    韓国人の6割以上、政府の慰安婦合意への方針は「良い決定」―中国メディア

    (レコードチャイナ・2018年1月12日(金)12時50分配信)

    http://www.recordchina.co.jp/b253993-s0-c10.html


    慰安婦問題「どっちつかず」文政権に批判 支持層歓迎も対日懸念

    (産経新聞【yahooニュース】1/12(金)7:55配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000054-san-kr


    同じニュースでも伝え方によってはフェイクニュースとなります。


    レコードチャイナは12日


    『韓国・ニュース1によると、

    韓国の世論調査機関・リアルメーターが10日、

    韓国の成人男女501人にアンケート調査を行った結果、

    63.2%が「慰安婦合意を事実上破棄したもので、

    今後の日韓の外交関係を考えれば良い決定」と回答。

    20.5%が「慰安婦合意を破棄せず、再交渉の要求もしなかったため間違った決定」

    と回答した。』


    と伝えました。



    一方、産経新聞は同じく12日


    『世論調査会社、リアルメーターが11日に公表した調査結果によると、

    9日に発表された慰安婦問題に関する、

    日韓合意の韓国政府の新方針を

    「合意を事実上、破棄したもので今後の韓日外交関係を考慮すればよい決定」

    と支持する回答が63・2%に上った。不支持は20・5%だった。』


    と伝え。更に


    『1万人余りへの調査で回答したのは501人。

    回答率はわずか4・7%だった。』


    と報じました。



    【ANGLE アングル】

    この記事を見ますと、

    レコードチャイナと産経新聞の記事では、

    同じ事柄を伝えているにも拘らず、

    全く違った内容になっております。


    レコードチャイナの記事では、

    アンケートの対象者が501名のみとしておりますが

    産経新聞の記事では

    アンケートの対象者が1万人、うち回答された人数が501名としております。


    では、どちらの記事が正しいのでしょうか?

    リアルメーターの当該ホームページを確認したところ


    http://www.realmeter.net/2018/01/2015-%EC%9C%84%EC%95%88%EB%B6%80%ED%95%A9%EC%9D%98-%EC%B2%98%EB%A6%AC%EB%B0%A9%EC%B9%A8-%EC%9E%98%ED%95%9C-%EA%B2%B0%EC%A0%95-63-vs-%EC%9E%98%EB%AA%BB%ED%95%9C-%EA%B2%B0%EC%A0%95-21/


    「今回の調査は、2018年1月10日(水)に、

    全国の19歳以上の成人10,064人に接触して、

    最終的501人の応答を完了し、4.7%の回答率を示し」


    と記載しておりました。


    この数値に照らし合わせ、実際の数値を計算してみます

    と回答率に誤差が発生しておりました。

    実際の数値は、回答率4.98%であり

    結果、その全体の内訳は

    無回答が95.02%

    支持が3.15%

    不支持が1.02%

    解らないが0.81%

    でした。



    この結果を踏まえますと、レコードチャイナの記事は、

    対象者数を隠蔽して報道した、フェイクニュースであることが確定し、

    更に、調査をしたリアルメーター側にも

    調査結果の計算ミスが生じている事が発覚致しました。


    また、産経新聞は、このリアルメーターの

    数値結果を検算せずに、

    リアルメーターのホームページの内容をそのまま掲載した為、

    誤差が生じたまま報道した模様で

    結果、情報の精査という面では

    数値的には信憑性に欠ける内容になったように感じております。


    産経新聞は、同記事で


    『無回答が95%以上だった背景は不明だが、

    回答者の多くは文在寅政権の支持層の可能性が高い。』


    と伝えておりますが、

    私個人としては、

    概ね、産経新聞の見解が正しく、

    世論操作、世論誘導としてアンケートを利用したのではないかと推察しております。


    本日は以上でございます。

    有難うございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。