【ブログネット】ICANのフィン事務局長 日本に対して暴言連発。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】ICANのフィン事務局長 日本に対して暴言連発。

2018-01-18 01:30
  • 1

取り敢えず台本だけです。
動画編集をするかは未定です。

⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


1月19日(金)のブログネットです。


本日の話題です。


社会です。

元ソース、共同通信とテレビ朝日、そしてブログネット独自の情報です。


ICAN事務局長が広島で講演

「日本は足踏み外した」と批判

(共同通信・1/15(月) 19:03配信)

https://this.kiji.is/325573671761560673?c=39546741839462401


ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」

(テレビ朝日・2018/01/17 07:06配信)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000118832.html


昨年ノーベル平和賞を受賞したNGOの事務局長が暴言連発です。


昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織

「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は

15日、広島市で開かれた若者との対話集会で講演し

核兵器禁止条約に参加しない日本政府を


「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」


と批判しました。

集会には学生や被爆者ら約340人が参加し、

フィン氏は、被爆国の日本が条約に反対していることに対し


「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」


と指摘。


「被爆地と日本政府の隔たりは大きく、埋める必要がある」


と訴えました。

また、16日夕方の、国会議員との会談後の会見では


「日本は国際社会の仲間外れになり得る」


と発言、核兵器禁止条約の批准を日本政府に改めて訴えました。



【ANGLE アングル】

ICANのフィン事務局長は、上記に挙げた発言以外にも

明らかに、日本政府を批判し、

日本国民の感情を逆なでする発言を行っております。

その一例を見ますと


「唯一の戦争被爆国・日本は

核兵器禁止条約に参加する道義的責任がある」


「日本政府が核抑止力を信じている限り核兵器による脅威は続いてゆく」


「もし、あなた方(日本側)が金正恩委員長の核兵器保有を不安に思うのなら

それは核兵器そのものに不安を抱いているからだ」


「アメリカの核抑止力も、世界にある1万5千発の核兵器も

北朝鮮の核開発を止められなかった。

核抑止力が神話であることは明らか

北朝鮮の核開発を抑止できず、拡散を助長した」


等と発言しており、

その内容は、根拠に薄く、

フィン事務局長の主観的な考え方、感情的な意見を述べているにすぎません。


特に、アメリカによる核抑止力は、

北朝鮮などの他国の核兵器『開発』には直接関係が無く

『核兵器自体』を使用させない為の措置であり、

この時点で、フィン事務局長の論理は破綻しています。


更に、フィン事務局長は、日本政府、そして日本国民の思いを理解しておりません。


日本側は、北朝鮮や、ロシア、中国などが保有している核ミサイルが、

何時、日本に撃たれるかという点に不安を覚えているのであります。


実際、日本は戦後73年間、日米同盟によって

アメリカの核の傘の下、核戦争に巻き込まれなかったのは

客観的に見れば事実であるとも言えます。


確かに、日米同盟は、日本の防衛というよりも、

アメリカの太平洋の制海権、極東アジア地域の安寧、

パワーバランスの均衡を保つのが主たる目的ではありますが、

その恩恵を日本も受けているというは、間違いでは無いと思います。


この点でも「核抑止力が神話」という発言は事実ではなく、

核抑止力によって、戦後、核ミサイルによる日本本土への被害が無い以上、

日本が核兵器禁止条約に参加する必要は全くありません。


また、日本は大東亜戦争で広島、長崎に原子爆弾を落とされた

世界唯一の被害国であります。


その被害者・被害国に対して


「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」

「日本は国際社会の仲間外れになり得る」


という発言は、広島、長崎の被害者や遺族のみならず

日本国民を冒涜するモノであり、憤怒、憤激を覚えます。


また、戦争被爆国を理由に日本が核兵器禁止条約に参加する道義的責任がある

点についても理由にはなっておらず、

ICANは、日本よりもまず、現在、核兵器を保有している国、

核兵器の実験をしている国を、一国一国回り

核廃絶を訴える方が筋であると思います。


日本に来日しているのならば、

ミサイル発射と核実験を繰り返している、北朝鮮の平壌、

核ミサイルを保有している中国の北京は、目と鼻の先です。

この際、ICANは、先ずそちらを訪れて、核兵器禁止を訴えたらいかがでしょうか?


本日は以上でございます。

有難うございました。


広告
×
全面的に同意です。
しかも、フィンの母国スウェーデン、ICAN本部所在地スイス、核兵器禁止条約を評価して平和賞を授与したノルウェー、
そのいずれも核兵器禁止条約に調印していないことが、さらなる怒りを誘います。
これで「日本は孤立する」だの「道義的責任」だのよく言えたものだな、と
24ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。