【ブログネット】JOCと味の素が平昌五輪に和食提供の拠点設置
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】JOCと味の素が平昌五輪に和食提供の拠点設置

2018-01-28 21:14

    取り敢えず台本だけです。
    現在風邪をひいて、喉の調子が悪いので、動画編集できるか解りません。

    ⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


    1月29日(月)のブログネットです。


    本日の話題です。


    スポーツです。

    元ソース、時事通信、そしてブログネット独自の情報です。


    和食提供の拠点設置=JOCと味の素-平昌五輪

    (jiji.com・2017/12/12-19:08)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017121201026&g=spo


    オリンピック選手にとっては、食事も重要です。


    日本オリンピック委員会(JOC)と味の素は昨年12月12日、

    来年2月の平昌五輪開催中に

    日本選手団に和食を提供する拠点を設置すると発表しました。

    拠点は山間部の平昌と、

    氷上競技の会場が集まる江陵の選手村近隣に設置。

    ご飯、豚汁などの食事やデザートを提供し、

    選手の栄養面をサポートします。

    今夏のリオデジャネイロ五輪で初めて設置され、

    多くの選手から好評を得たとのことです。

    日本選手団副団長を務めるJOCの山下泰裕選手強化本部長は記者会見で、


    「食事のサポートはリオ五輪で日本が躍進した原動力の一つだった。

    選手団にとって心強い」


    と述べました。


    【ANGLE アングル】

    平昌オリンピックに

    日本本国より、食材を持ち込み、

    また、日本独自に和食を提供する拠点を作る事は、

    様々なメリットがあります。


    まず、JOCの山下選手強化本部長が


    「食事のサポートは日本の選手たちが躍進した原動力の一つ」


    と指摘した通り、日本のソウルフードを食べる事によって

    選手たちの活力になるだけでなく、ストレスの解消

    また、気分をリラックスさせる効果もあります。


    また、現地の食事や水などに体が合わない、

    食材に不具合が生じるなどの、

    現地の食の安全性を払拭する狙いもあると思います。


    また、食事に不正薬物や、選手の体調に不調をきたす薬品などが

    混入される事を未然に防ぐこともできるのではないでしょうか?


    スポーツ選手と食事の関係性は、

    試合結果や、選手のモチベーションに影響を及ぼす事は

    事実であると言えます。


    是非、平昌五輪の選手団は、

    日本のあったかい豚汁やご飯を活力源に

    自分たちの力を最大限に発揮して頂いて、

    頑張って欲しいです。


    本日は以上でございます。

    有難うございました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。