ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ブログネット】立憲民主党 青山雅幸議員に新たなセクハラ疑惑発覚か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】立憲民主党 青山雅幸議員に新たなセクハラ疑惑発覚か?

2018-05-10 17:20

    取り敢えず台本だけです。
    リハビリがてらに作成しました。
    動画編集をするかは未定です。

    ⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊


    5月11日(金)のブログネットです。


    本日の話題です。


    政治です。

    元ソース、共同通信そしてブログネット独自の情報です。


    セクハラ被害で告発された立憲民主党議員に別件でのセクハラが発覚です。


    青山衆院議員に辞職勧告を セクハラ問題で女性地方議員ら

    (共同通信2018年5月9日 21:09配信)

    https://this.kiji.is/366919993306547297


    自身の法律事務所の元秘書からセクハラ被害を告発され

    党員資格を停止されている、

    立憲民主党青山雅幸衆議院議員を巡り

    静岡県の女性地方議員らが9日、

    別の支援者の女性に対するセクハラ被害が新たに確認されたとして、

    議員辞職勧告など厳しい処分を求める要望書を同党に提出しました。


    福山哲郎幹事長宛ての要望書によると

    支援者の女性は2016年10月

    青山氏の後援会女性部に入会。

    青山氏から性的な言動やメールを繰り返され

    精神的な苦痛を受け、

    2017年1月に退会したと主張しております。


    元秘書に対するセクハラ被害が報道されたことなどを受け

    被害者女性が地方議員らに情報提供したとの事です。


    【ANGLE】

    今回、静岡県の女性地方議員有志が、

    立憲民主党の福山幹事長に要望書を提出した経緯ですが、

    セクハラの加害者である青山氏は、週刊文春が昨年の10月に報じた

    自身の法律事務所の元秘書へのセクハラについては

    今年の1月下旬に被害者と和解が成立したと、

    2月6日に記者会見で報告。

    自身の議員辞職は否定をしておりました。


    これに対し、静岡県の女性地方議員有志10名は、

    この会見の翌日の2月7日に


    「青山氏の不祥事は『国民の政治への不信感を深める』と非難。

    週刊誌報道後の青山氏の振る舞いについて

    『被害者の人格をおとしめるかのような言動を行っていることは、人として恥ずべき行為』

    とし、青山氏に速やかな議員辞職を求める」


    という内容の共同声明を発表。


    4月11日には、

    青山氏の地元、静岡県を含む、

    東海4県の女性議員31人の署名を立憲民主党の枝野幸男代表に提出。


    「青山氏の速やかな議員辞職を求めたい。『党員資格停止』では甘すぎるのではないか」


    と訴えました。


    これに対し、

    立憲民主党ジェンダー平等推進本部長の西村智奈美衆議院議員は


    「党はすでに青山氏を処分した。

    また、被害者との間で『二度と表にしない』という和解が成立している。

    それ以上のことはできない」


    と、静岡県の地方議員の要望を突っぱねたとの事です。


    しかし、今回新たに提出した、福山幹事長宛の要望書により、

    青山氏に対する別件のセクハラ疑惑が発覚をしました。


    この点を踏まえますと

    西村ジェンダー平等推進本部長の発言は、

    この事実により覆されたことになり、

    立憲民主党は党として、

    青山氏に対して

    更なる厳しい処分を下さざるを得ないのではなかろうかと感じます。


    また、立憲民主党をはじめとする野党6党は、

    財務省の福田淳一前財務事務次官のセクハラ問題に対し

    任命責任を問う形で、麻生太郎財務大臣の辞職を求め

    国会の審議拒否や、国会外での合同ヒアリング、

    また、財務省へ「#Metoo」のプラカードを掲げ突撃する

    などの行動を起こしておりました。


    この様な行動を起こしているにも拘らず、

    青山氏を党員資格停止だけに留めて置くのは、明らかに処分が甘く、

    青山氏を選挙に擁立した立憲民主党にも

    任命責任があるのではないでしょうか。


    この、財務省の福田前事務次官のセクハラ問題の処分に当て嵌めれば、

    青山氏の議員辞職が妥当であり、

    また、麻生財務大臣の財務大臣辞任要求を正当化するのであれば

    枝野立憲民主党代表の代表辞任を要求するのも、

    当然正しい行動であります。


    そういう意味では、

    明らかに立憲民主党はダブルスタンダードを貫いており


    「他人に厳しく自分に甘い」


    体質を、有権者に対して露見していると言えるのではないでしょうか。


    本日は以上でございます。

    有難うございました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。