【ブログネット】韓国への半導体輸出の件で、またもマスコミが「フェイクニュース」か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】韓国への半導体輸出の件で、またもマスコミが「フェイクニュース」か?

2019-08-08 11:22

    ブログネットです。


    本日の話題です。


    経済・国際です。

    元ソース、日本経済新聞そしてブログネット独自の情報です。


    経済産業省や日本政府が当初から主張していた事の裏付けとなりました。


    韓国向け輸出、厳格管理下で一部再開 半導体材料3品目

    (日本経済新聞 電子版 2019.8.8 1:30更新)

    (https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48340580X00C19A8MM8000/)


    政府は

    輸出管理を厳格化した

    韓国向けの半導体材料3品目について

    近く一部の輸出を許可する方向で最終調整に入りました。


    経済産業省が個別審査した結果

    兵器転用の恐れがないと判断しました。


    手続きに問題がなければ輸出できることを

    国内外に示すとのことです。


    ただ韓国の貿易管理体制の弱さが

    解消されたわけではないとしており、

    対象品目の輸出が円滑に進むかは不透明です。


    【ANGLE】

    政府・経産省の説明通り「輸出規制・禁輸」ではなく「輸出管理」が証明された形。


    産経新聞が伝えた続報によりますと


    韓国向け半導体材料輸出、1件許可 政府、管理対象の拡大検討

    (産経新聞 2019.8.8 06:00 更新)

    (https://www.sankei.com/politics/news/190808/plt1908080005-n1.html) 


    今回、経済産業省の許可が下りたのは

    日本国内のメーカから

    韓国企業向けへの輸出許可申請があった

    1件のみで、

    政府は8月7日に

    許可をしたとのことです。


    なお、品目は

    半導体の基盤に塗る感光剤である「レジスト」とのことで

    政府や経済産業省

    また、世耕弘成経済産業大臣ら政府の閣僚たちは


    「審査の結果、軍事転用などの懸念がなければ輸出許可する


    との方針を当初から示しており、

    マスコミの報道間違いがあるごと

    ツイッタープレスリリースなどで

    随時訂正をしておりました


    今回、政府輸出を許可したことで、

    韓国主張する

    「輸出規制」「禁輸措置」


    には当たらず

    「輸出管理の厳格化」


    であることを示した形となりました。



    この点において、

    日本の一部マスコミ韓国のマスコミは

    当初から、「輸出規制」「禁輸」であると伝え

    日韓の世論


    「日本政府の対応の批難」


    誘導しようと扇動をしておりましたが、

    この報道が、奇しくも、


    「偏向・歪曲報道」


    であることが証明された形にもなり、

    またもや、マスコミ


    フェイクニュースを流した」


    という結果になりました。


    この様な既存の新聞、テレビなどのオールドメディアが

    虚偽や偏向、歪曲報道によって

    誤った世論誘導をしていることが常態化している以上

    寧ろ、政府の各省庁や、閣僚など

    当事者が発信する情報のほうが

    信憑性が高いのが当然であるとも言え

    地上波のテレビ、新聞離れが

    益々、進行するのではないのかと

    個人的には感じております。


    本日は以上です。

    有り難うございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。