【ブログネット】シーレーン防衛は「国防」ではないのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】シーレーン防衛は「国防」ではないのか?

2019-08-19 15:10

    ブログネットです。


    本日の話題です。


    社会です。

    元ソース、共同通信そしてブログネット独自の情報です。


    反対した人は、日本の電力について真剣に考えているのでしょうか?


    中東へ自衛隊派遣、57%が反対

    (共同通信 8/18(日) 16:39配信 更新)

    (https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00000058-kyodonews-pol)


    共同通信社が8月17、18両日に実施した

    全国電話世論調査によりますと

    アメリカのトランプ政権の協力要請を踏まえ

    自衛隊の中東への派遣について

    「派遣すべきだ」28.2%

    「派遣すべきではない」57.1%でした。




    【ANGLE】
    シーレーン防衛も「日本の国防」である。



    シーレーンとは

    一国の通商上・戦略上、

    重要な価値を有し

    有事に際して確保すべき海上交通路のことであります。


    四方を海に囲まれた日本の場合、

    江戸時代末期の1854年の

    日米和親条約締結による、所謂「開国」の後

    今日においても、

    国内経済をほぼ海上交易に依存しております。


    特に、エネルギー問題に関しては

    中東地域などからの石油2億トンを中心として

    国内の輸入依存度の高さは石油、石炭、天然ガス(LNG)、原子力(ウラン)

    の全てにおいてほぼ100%

    海外からの輸入に依存している状況です。


    こうしたことからも、

    日本も海洋国家のひとつとして、

    自国のシーレーン防衛の重要性が認識されてきており、

    特に東日本大震災以降、

    原子力発電所の再稼働もままならない現状では

    火力発電に対する依存度が重要度を増しております。


    この様な状況を踏まえて、

    シーレーンのまさに通過点の一つである

    ペルシャ湾、ホルムズ海峡の海上警備行動について、

    アメリカのトランプ大統領の要請に対して

    日本政府は真摯に応えるのは当然だと思います。


    日本は、堅固な日米同盟の観点以上に

    安定したエネルギーの確保という

    自国の死活問題に関わることである以上、


    「国防の一環」


    としての自衛隊の派遣は当然であり、

    ペルシャ湾、ホルムズ海峡についての海上警備行動は、

    同じシーレーンを共有する

    世界各国に対しての

    貢献につながるとも言えます。


    個人的には、このアンケート結果について

    反対を投じた人に対し



    ①日本の電力等のエネルギー問題について理解しているのか?


    ②今まで日本は、石油による恩恵を受け
    経済発展をし
    現在も豊かな生活が出来ていることを知らないのか?


    ③シーレーン防衛も国防の一つであるということが理解できないのか?



    と感じてしまいました。


    そして


    「日本人の平和ボケもここに極まれり」


    と思い、海外の方々にも申し訳が立たないとも感じ

    日本人として、日本国民として

    非常に情けないとも思いました。


    「河川に堤防、海に防波堤が有るように、国には国防が必要」

    という事は

    世界の何処の国でも当たり前だと思います。


    本日は以上です。

    有り難うございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。