【ブログネット】韓国国会が「旭日旗持ち込み禁止」を可決。その異常性とは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ブログネット】韓国国会が「旭日旗持ち込み禁止」を可決。その異常性とは?

2019-10-01 14:37

    ブログネットです。


    本日の話題です。


    政治・国際です。

    元ソース、産経新聞そしてブログネット独自の情報です。


    ほぼ全会一致での通過。韓国の国会議員は異常です。


    旭日旗の五輪会場持ち込み禁止を韓国国会が決議 すべての国際行事でも要求

    (産経新聞 2019.9.30 21:26 更新)

    (https://www.sankei.com/world/news/190930/wor1909300021-n1.html)


    韓国国会は9月30日

    来年夏の東京五輪・パラリンピックで

    旭日旗の競技場への持ち込みを禁止するよう

    国際オリンピック委員会(IOC)や

    大会組織委員会に求める決議を採択しました。


    決議は、五輪開催期間とその前後に、

    旭日旗のほか

    旭日旗を描いたユニホームや応援グッズの

    競技場への搬入や、

    これらを用いた応援の禁止を求めるという内容です。


    また、国際社会に対して


    「旭日旗が持つ帝国主義的な意味を積極的に知らしめ、

    国際競技大会だけでなく

    すべての公式的な国際行事で

    旭日旗が使用されないよう

    積極的な外交努力を注ぐこと」


    を、韓国政府に促すとしています。


    決議案は、出席議員199人中、賛成196人、棄権3人で通過しました。



    【ANGLE】
    韓国国会側の「誤った認識と主観」で「旭日旗」を批判する異常性



    今回の産経新聞の記事では触れておりませんでしたが、

    韓国国会の決議文には


    「過去帝国主義侵略の対象になった

    国々のつらい記憶を刺激する行為に

    深く遺憾の意を表明する」


    という文章も記載されており、

    旭日旗に対して「帝国主義的意味」に対し、

    韓国国会で遺憾の意を表明するとしております。


    では、その国々とは何処のことを指すのでしょうか?


    それについて明言もなく、

    恰も、その様な国々が多数あるような印象操作を

    韓国の国政機関の一つである

    国会が決議を採択した事自体が異常であり

    韓国という「国ぐるみ」で

    旭日旗に対する批判、蔑視を行うことは

    日本に対する冒涜であるように思います。


    又、旭日の意匠や旭日旗の歴史を鑑みると

    日本古来より、いくつもの種類があり

    基本的には太陽とその陽光をかたどったものであります。

    陽光が四方八方に放射線状に広がる意匠は「ハレ」

    即ち、目出度さや・景気の良さを意味します。


    陽光の意匠と同じく、紅と白の色の配色も

    日本の古来よりハレや目出度さを意味し

    旭日の意匠は縁起物として、

    浮世絵や日本画のデザイン、出産や節句の祝い、

    現在でも大漁旗の意匠としても

    日本でも馴染みの深いものであります。

    又、歴史的意味合いとしては、別のアプローチもあります。

    肥前の龍造寺家や肥後の菊池家など

    九州の武家を中心とし

    中世頃から「日足紋」という

    家紋の意匠として利用されています。


    この2点だけを踏まえてみても、

    韓国国会や一部の韓国人が指摘している


    「帝国主義的意味」


    は、旭日の意匠には皆無であり、

    旭日の歴史は韓国人が思っている以上に

    日本にとって長い歴史と

    日本文化と風習に根付いているものであります。


    更に、旭日旗を批判する側が、よく指摘している


    「旭日旗とドイツの鉤十字(ハーケンクロイツ)」


    同一視している件ですが、これも異なります。


    旭日旗は、日本陸軍の軍旗日本海軍の軍艦旗として

    それぞれ、太政官布告で規定されたもので、

    現在でも、自衛隊法によって自衛隊旗として規定されたものです。


    一方、鉤十字(ハーケンクロイツ)は

    当時のドイツの政党であるナチ党の意匠にあたり

    軍隊を示す意匠では有りません


    即ち、ドイツの軍隊を表すのであるのならば

    「黒十字」「鉄十字」がその意匠として

    妥当であると言えます。


    また、ハーケンクロイツが

    「ナチ党」の意匠であるとするならば、

    日本においては

    「大政翼賛会」もしくは「大日本政治会」の意匠が

    それに当たるといえます。




    重箱の隅をつつく 達の記録館 達の枝葉末節 ハーケンクロイツと旭日旗の違い
    (https://tatsu8.jp/siyou/Rising-Sun/self-defense-force.html)
    より引用。


    この点からも、

    旭日旗を批判する側の言い分には無理があり

    韓国国会の今回の決議は


    「日本に対する韓国の国ぐるみの難癖」


    と言わざるを得ないのではないでしょうか?


    本日は以上です。

    有り難うございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。