【追記アリ】夏のコミケ行ってきましたよー…そしてドラクエ作者の貴重本が!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【追記アリ】夏のコミケ行ってきましたよー…そしてドラクエ作者の貴重本が!

2016-08-17 23:59
  • 5
お久しぶりです。最近、何もやってないと思われているでしょうが…お仕事くださいOTL

これ以上言うと規約に引っかかりそうなので言いません。色々承っておりますので、詳細は↓のリンクから。

そぅさりぃ本舗のAbout Us


ところで、先日夏コミに行ってきましたよ!
(ちなみに、夏コミにサークル参加で申し込んでましたが…落ちましたOTL

行ってきたところは、企業・一般サークル合わせて結構行ったなぁ…
ただ、今年は西川アニキの初出展(行こうとしたが行列見て諦めた)したりと大賑わいでしたが(それにしては少し減ったような)、わたしゃめっちゃ大手なサークルはあまりチェックしてません故…。

夏コミ、特に企業ブースで一番気になるところは「まんがタイムきらら」ブースでして、毎年企画誌のみ買っていくのですが、去年は孔明の罠にはまって炎天下の中3時間も並ばされたのはいい思い出です(涙)。

ところが今年は、何の因果か、「ひだまり」「きんモザ」「ぞいNEW GAME!」のグッズに不備が見つかって相次いで頒布中止という顛末に。
殆どのグッズが後日通販に切り替わったため、対象外の企画誌のみコミケ限定頒布という…まぁ、確かに俺得ではあったんですが…本当に行列短かったんですよ。おかげで5分も待たずに企画本誌ゲット…なんだかなぁ…寂しいなぁ。

企画誌のうち、「Channel」は無事完売となったそうで、おめでたい話です。

ほかは、Dr.モローさんのブースで日記漫画「リッチな生活」のうち、未単行本化状態だった2003-2004年版を再録・版型変更した「リッチのスキマ」をゲット。無料だった福島の宿の有料チャンネルの話や色々なトラブル等、大いに笑…身にしみる思いでございます。

あとは…あそうそう、あのTRPG「これでもくらえ!トンネルズアンドトロールズ」の完全版・日本語版がグループSNEの手で出版とのこと。めでたい。2日目に非電源系ゲームのブースへ行って、FT書房さんの「TtTマガジン(Tunnel the Troll Magazine)」をゲット。応援の気迫がかいま見えます。

ほかは、ユニティちゃんブースでグッズを買ったり、当方も記事を書いてる「UNIBOOK6」を受け取ったり…。今回も色々な方と出会えてサイコーの夏コミになりました。

さて本題。とっても貴重な体験はコミケ前日だったのです。

コミケ上京直後、ボカロな知り合いから「渋谷のマルイでミクさんコラボのアクセサリが見られるヨー」という情報を得て渋谷に向かった際、何気なくみた渋谷東急での古書市の広告を見て、ふらっと寄り道。何気なく売り場を見渡していると、何やらオーラを感じるような本が。

「おならのブルース」
早稲田大学漫画研究会[著]
1975年初版
KKベストセラーズ

(画像はTwitterの当アカウント(@cyross4vocaloid)からの転載です。以降も同様)

ワテが気になったのは、「早稲田大漫研」「1975年初版」の2つ。ここでピピッとアンテナを受信、「たしかあの方もこの時期じゃなかったっけ…」と思い本を開いてみると…

ビンゴ!

燦然と輝く「堀井雄二」という名前が。更に著者自画像欄を見ると…左下に注目!




完璧に堀井さんだ…
ドラクエ作者・学生時代の貴重な文献ですよ!

後で調べたらしっかりとウキィペさんに載っていました。「堀井雄二」で検索するといいよ! いやぁ、まさかこんな形でこんな貴重な本に出会えるのは…これ、こじれたドラクエ者としては後生大事にしたいな…堀井さんのサインほしいな…。

ただ問題は、この本では、どの項目で堀井さんが執筆しているのかわからないことと、内容がシモネタのオンパレードという、とてもガールやレディには見せられない本なのがなぁ…。

堀井さんにサイン欲しいんやけど(大事なことなので二回言いました)…厳しいかなぁ…。

というわけで、きららの件とか、貴重な文献をゲットしたりとか、色々感慨深い夏コミ上京でございましたよ。冬コミもこれに劣らない体験をしたいなぁというわけで、サークル参加のための資金集めをしないとな。というわけでお仕事ください(しつこい?)

余談:不忍池に行ったら2匹目のギャラドス進化に成功…どんだけコイキング取れたんや…野生のハクリューゲットするし…

【追記】本文を読んでみたところ、ここらへんが堀井さんの執筆部分かなーと。p22-28、p50-51がそれではと踏んでいます。



広告
×
うへえ、まさに「月刊OUT」前夜、て感じのノリだあ!
市販月刊誌でもアレだったから、同人誌なら尚更ネタは
相当なもんなんだろう、と想像。他にも編集者や
ライターになった方の文が載っているんだろうか
48ヶ月前
×
ほりいゆうじがどこを書いたのか明確になったらかなりの高額な本になりそうですね。ヤフオクでも一切取引されてないようですし
48ヶ月前
×
>>1
あ、記事中でも明記したのですが、この本自体は同人誌ではなく、コミケ前日に古書フェアでゲットした新書(KKベストセラーズ刊、いわゆるワニの本)です。ただ、同人誌で出してもドン引きされるかも…(1975年当時の感性ではどうだったかわかりませんが…当方1歳…)

著者陣の名前を見ると、「JUNK BOY」「100億の男」で有名な国友やすゆきさんも「国友泰之」名義で寄稿されているようです。
48ヶ月前
×
>>2
そうなんですよねぇ…写真では何やら番号が振られているようなんですが、本文とかの因果関係はまったくもって不明でして…
48ヶ月前
×
>>2
本文を読んで、それらしきところを追記してみました。
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。