• 本好きの下剋上 コミック版を読んだ感想

    2019-10-22 16:20
    やぁ、Здравствуйте!
    イグノランスです。

    文章書く練習がてら感想文を書こうと思います。

    今回は『本好きの下剋上
    今アニメ化もされてる作品ですね。
    コイツの漫画版、第二部の2巻まで読んだ感想です。


    あらすじ
    本須麗乃(もとすうらの)さんは非常に本好きで、ありとあらゆる本を愛していた。しかし地震により本が崩れ、下敷きとなって亡くなってしまう。
    気がつくとファンタジー世界で暮らすマインという病弱な平民の少女になっていた。
    マインとなった本須麗乃さんは本を探すもなかなか見つからず、それどころか文字自体ほとんど普及していない。
    ようやく見つけた本も貴族向けの本で手が届かない。
    「無いなら作るしかないじゃない」マインは決意した。


    本当に本須さんが亡くなってるかは謎だけど、だいたいこんな感じ?
    さて、私が読んだ感想ですけど……
    端的に言うと『世界観をしっかり作り込んだ良作』って感想ですかね?
    一応『なろう系』に区分されるものでは有るけど、
    なろうっぽさは少なく純粋に『異世界へ行ってしまった人の話』といったお話だと思います。

    ここまで読んでいると
    『異世界へ行ってしまった人の話』=『なろう系』
    って思う方も多いかもしれませんけど、私から見ると少し違う。

    私から見た『なろう系』の特徴もまたいつかまとめようと思いますけど、
    この作品は『なろう系』のような全能感が非常に薄い。
    (無いわけじゃないし、鼻につく部分もあるといえば有る。)

    具体的に言うと
    ・マインの体は極度の虚弱体質で要介護状態
    ・元からすべての力を有してるわけではなく徐々に人脈や技術を得ていく
    ・あくまで元の世界の知識を持っている現地人でしかない

    といったところですかね? まぁネタバレ避けてるから違和感もありますけど。

    この中で特に他の『なろう系』と違うと私が感じた部分は一番最後の部分。
    確かに他の『なろう系』も現代知識を持っていて土人に対して無双する、みたいな描写が多いです。
    端的に言うと馬鹿な社会、馬鹿な権威者をその世界では異常とも呼べる現代知識や授かった能力でねじ伏せ、世界から称賛されるって形ですね。
    それが『なろう系』の気持ちの良いポイントであり、なろうが気持ち悪がられるポイントではと感じます。

    特に主人公が最初に不遇な目に合う物ほどこの特徴が顕著に現れていると思います。
    つまるところ、能力を理解できない無能な奴らに虐げられた主人公がやがて力を行使して叩き潰す「ザマァ」って感じの流れ。
    この特徴は本好きの下剋上でもでてきますけど……
    (現実社会の鬱憤が爆発した妄想にしか見えないので気持ち悪がられるのも納得)
    この手の作品だと『能力』ではなく『知識』による無双だと非常に難しい、
    というのも、ちゃんと物を調べることができる人間が作品を作る分には良いのですが……
    その技術の根本に何があり、どうしてそうなるのか理解していないのに表面だけ使う作者が多く、矛盾やそもそも土台ができていないパターンが非常に多い。
    「いや、それ無理だろ」とか「で?何が改善されたの」という感想に行き着くわけです。

    例えば、刀が出てくる話だと「鉄を打って固くして刀の形状にした物」と「本物の刀」じゃ完全に別物ですし、そもそも刀で戦う意味は非常に薄い。
    科学だってそう、『なろう系』以外でも言えたことですけど、科学をよく分かっていない人間が無駄に最新科学を使った結果、もはや魔法以上に法則無視したオカルト以外の何物でもないなにかになってしまっていることが多い。
    特に量子力学が関わると顕著です、ぶっちゃけ普通の小説でも「何そのオカルト」って作品が非常に多い。
    量子力学には未解明な点が多く、不思議な現象なども多くありますが、何でもできる魔法ではありません。
    青春ブタ野郎は内容自体は嫌いじゃないけど、この問題が顕著で見続けられなかった……
    たぶん読んでる人は「創作だし仕方なくね」って感想を抱くと思いますし、私も多少なら仕方ないと思います。
    というか面白ければそれは正義です。
    ただ、戦略物や知識による無双の場合、根底が『現代知識』で有り、面白さもその技術による物です。
    つまり、技術がそもそも矛盾だらけだと面白さより前に違和感が出てきてしまうわけです。
    まぁ、ツッコミを入れて楽しむっていう楽しみ方もありますけど、それって目的と違うんじゃないかな……とおもうわけです。

    ではなぜこういった問題が起こるのか、端的に言うと作者の理解力不足です。
    もっと言うなら……あくまで予想ですけど、作品を作る際にネットで表面だけ調べて使ってるだけなので、それに付随する技術や問題点などを全く知らない、考えないで良い所取りしてるのではないでしょうか?
    この手の作品は色んな作品の表面上をつまんでくっつけたパッチワークのような作品、他の作品を意識してひっくり返しただけの作品に落ち着くことが多いです。
    そして体裁すら整えられないため矛盾が多く、他作品を参考にしてきた場合劣化版でしかない事が多い。

    長くなりましたが『本好きの下剋上』の場合どう違うのか。
    あくまで私の感想ですが、他の『なろう系』と違い表面上の知識を持ち込んでいるわけではない。
    要するにWikiで表面コピペして「はい完成!』ではない。
    キャラクターはあくまで転生してしまった人間でその場で何かを検索できるわけではない。
    ようするにPCの無い我々と同じようにその場ですべてを調べられるわけではないので、あくまで持っている知識で対処していっている事が他の『なろう系』とは明らかに違う点です。

    つまり知らないことも有るし、必要な物も現地の技術や物資ではなかなか手に入れられず、思うように進まない。
    失敗もするし、そもそもその世界に存在しない物であるため理解してもらうのも難しい。
    この部分が他の『なろう系』とは明らかに違う部分です。

    こう書くと違和感あるかもしれませんが、他の『なろう系』だと脳内にWikiが入っている人間が多いです。
    作者の『頭がいい』人のイメージが『知識がある』人なんでしょう。
    失敗も少なく、次々と知識や技術で世界を改革していく。 それこそデメリットの全く無いプロメテウスの火のような……完全に神を超えた何かの所業です。
    はっきり言って荒らしなんかと同じ、物事の基盤が見えていない小中学生レベルの発想。
    多分ですが、本好きの下剋上の題材を他の作者に投げた場合
    本を作りたい → 紙を作りたい → 邪魔やバカにする人間が現れる
    → 邪魔されながらも道具を用意する → 即座に広まる(識字率や出版技術無視)
    → 多額の利益 → 邪魔したやつがこびてくる → お前バカにしたよな? → ザマァ

    こういった流れになると思います。
    なんならこの先紙の量産から魔法の札のようなものを開発して無双していくかもしれませんね。

    閑話休題
    つまり、元々あった世界に新しい技術を入れる苦悩のようなものがちゃんとあり、その世界で生きているという生活感のようなものがちゃんと表現されている。 そういった作品だと思います。

    そのため、『なろう系』が好きな人から見ると一々挫折や説明、寄り道が多くテンポが悪い作品であり盛り上がり(ザマァと思える部分)が殆どないつまらない作品
    でしか無いと思います。

    実際派手さにはかけますし、明らかにアクション作品ではありません。
    何が楽しいかと言われると難しいが、なんとなく好きといった感じの作品。
    もっというと空気感や世界観を楽しみたい人にはおすすめの作品といった感じです。

    寝る前などにのんびり漫画を読みたい方はいかがでしょうか?


      追記:ここまで書いておいてなんだけど、それほど面白いかと言われると……
         まぁなろう系とは経路が違うんじゃないかという事を書きたかった。
  • 広告
  • 素材の利用規約

    2018-09-24 21:05
    変更や改変があるかもしれません、お手数ですが気が向いたときに確認の程お願いいたします。
    また、依頼や応援などがありましたらPIXIV FAN BOXにてよろしくお願いいたします。
    https://www.pixiv.net/fanbox/creator/170300




    利用規約

    商用利用              禁止
    非商用動画利用           ニコニコ動画、youtube共に可能
    広告収入、クリ奨          キャターライセンスに触れない限り可能
    他者を誹謗中傷する目的       禁止
    アイコン等の利用          個人であれば可能
    コンテンツツリーへの登録      任意(できればお願いいたします)
    二次配布              禁止
    素材改変・加工           可能
    改変素材の配布           禁止



    その他の素材につきましては以下のURLにてご確認ください。
    http://seiga.nicovideo.jp/clip/2133289


    VOICEROIDに関しましてはAHS様へお問い合わせください。


  • 『彼女いない歴=年齢を卒業する方法』とかいう記事読んで・・・

    2014-10-14 22:48

    誰も読まないだろうけど久々に書きます。

    よぅ、俺だ、イグノランスだ。(´・ω・`)

    なんかまた恋愛系の記事あったんだが、何でこういう系の記事って大抵有料なんだ?

    恋愛の専門家みたいな感じで「こうやりゃモテるんだ!!」みたいな描き方するけどさ、
    ぶっちゃけ『恋愛』を餌に読者を釣ってるだけだよな・・・
    それでも掛っちゃうのが悲しい現実・・・
    なので、元々全く持てなかった俺が、彼女と付き合ったりして思ったことを書こうと思う。

    (うわ、何この書き出し・・・ウゼェし胡散臭い・・・(´Д`))

    まぁ、気になる人だけ付き合ってください。いや、多分それ以前に誰も読まねぇけど。

    まず少し前の記事でも話したけど、
    『彼女いない歴=年齢』 で彼女作りたがってる人は、
    女とまともに話せないか高い目標立てすぎのどちらか(もしくは両方)が多いと思う。
    そういう人だけ対象です。

    ぶっちゃけた話、くっそ高い理想掲げて、理想に近い子が見つかったら落とそうなんて無理な話。

    1レベルがラスボス倒せるかってーの。
    少しでも『良いな』と思う子と付き合えばいいと俺は思う。
    そう言うと『好きじゃないと付き合う意味が無い』とかいう人が多い。
    俺もそう思ってた。
    でも、よーく考えてみろ?

    人と接するときに全く猫かぶってない人がどれだけ居る?
    特に女の子は多いし、見た目が好きって言っても、
    人によっちゃ化け術はそこらの妖怪を凌駕してるぜ?
    好みじゃないけど付き合ってみたらメチャメチャ好きになってたなんて事はよくあるし、
    逆に好きだった子と付き合ったら、実はすっごい正確が合わなかったってことはよくある。


    こう言うとあれだけど、ぶっちゃけ長い間接しないと本性は見えない。
    だから、少し『良いな』と思う人と付き合う事をおすすめする。


    って、ここまで書いておいてなんだが、『彼女いない歴=年齢』の人はそれ以前の問題が多いわな。

    俺もそうだったけど、女の子が苦手で(特に同年代)まともに話せない人が多いと思うんだ。

    ・接点がない。
    ・たまに接点があっても活かせない。
    ・接点があったら警戒してしまう。

    このへんがそもそもの原因だと思う。
    なんなら女の子どころか、同年代の同性にすらまともに接することが出来ないんじゃないかな?
    少なくとも俺はそうだった。(前回の記事読めばわかるけど、俺はうつ入ってたし・・・)

    それじゃ、どうやって解決すればいいのか?
    前回記事と同じですまんが、とにかく男とか女とか気にしないで接した方がいい。
    大抵の人は仲いい人くらい居るでしょ?
    リアルに居なくてもネットにはいるだろうし・・・とにかく、気軽に接した方がいい。
    素を出して引かれたら、そいつは男女関係なく君には合わない。
    そんな人とは表面上だけ付き合えばいい。

    ぶっちゃけ、彼女を作るのと親友を作るのは似てると思う。
    友だちになって、意気投合して、その流れで他の友だちより特別になる。
    無理に彼女をつくろうとしても結局前のめりになって失敗するのがオチでしょ?
    そういうのは慣れてからにした方がいい。
    おじさんは慣れてもいきなり付きあおうとか思わないけど・・・
    とにかく話して、少し「良いな」と思う相手ができたら親睦深めて行こう。

    告白はどのタイミングですればいいんだよ!?
    とか思う人も多いかもだけど、それは何回かデートした後がいいと思う。
    (個人的には少なくとも3回くらいした方がいいと思うな。)

    デートの誘い方も普通に誘うのが恥ずかしいなら、
    趣味の話でもして流れから「今度一緒に行かない?」とか
    相手の話聞いてそこから発展させるといい。
    てか、デートじゃなく遊びに行くノリでいいと思う。
    こっちが変に構えると、むこうはより構えてくる。
    フザケながら「デートしね?wデートしようぜデートwww」
    って感じでも全然構わない、ってか俺はそんな感じ。

    デート先は背伸びしない、話せる内容のものが多いところがオススメ
    (だから共通の趣味なんかがオススメ。相手も話してくれるだろうしね。)


    んで、デートしていざ告白しようと思ったけど、告白する勇気が無いなら、
    男らしくなくても良いからメールやラインなんかで告白でもいいと思う。
    伝えないよりは100倍マシだし、振られたら話の種にでもすればいいさ。

    あと、卑怯くさいと思うかもしれないけど、個人的に冗談ぽく付き合おうとか伝えれば気楽だと思う。
    振られたら冗談で終わらせて、乗ってきたら真剣に話せばいい。


    個人的にはこんなかんじかな?
    付き合うこと自体、そんな構えることじゃないと俺は思ってる。
    まぁコレは付き合ってからそう思えるようになったんだけど・・・
    分からんことやツッコミあったらコメントください。
    (どうせ誰も読んでないけどな・・・)

    最後に
     ただしイケメンに限るとか言ってる人・・・冗談なら分かるがガチで言ってないよね?
     正直な話、面食いは女性より男性に多いんじゃないかな?
     女性側は雰囲気や周りの評価によって相手を選ぶ人が多い印象だな。
     だから、イケメンでもアプローチが気持ち悪いと避けられるし、
     逆にブサメンでも爽やかだったり、いろんな人に気を配れるとか、
     周りの評価が高ければ自然とアプローチが増える。
     (もちろんイケメン好きの人もいるし、
      イケメンの方がいいと思ってる人が多いと思うけど。)

     だから、矛盾してるかもしれないけどモテようとしない方がいい、絶対に滑る。
     自分の思い描く理想の人間になる努力して、自分を磨くこと。
     もちろん「俺、こんなに努力してるんだぜ?」って考えるな。
     傍から見ると自分に酔ってるようにしか見えない、
     そもそも自分を磨くのは自分の為だし誇ることじゃない。
     芯を作って自分を持って自分を誇れ。
     それが自信につながるし、人を引き寄せられる。

     一応言うぞ?
     俺は過去に、親切心で女の子が落とした傘を拾って渡したら
     気持ち悪がられて拾った傘をゴミ箱に投げ捨てられた過去がある。
     そんなやつだって何人かと付き合う事ができるようになるんだ。
     3人に言い寄られてる女の子を掠め取ったり、
     意図してなかったけど、略奪したことや
     元モデルとかにも狙われたこともある
     (つまみ食いで狙われたみたいだから、無視したけど・・・)

     結局素が一番だし、彼女作るため努力するより、
     多くの人と話す努力したほうがいいとおもうよ? 

    誰も読んでないだろうけど、長文ごめんね?