ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【原神レビュー①】11/11アップデート1週間前バージョン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【原神レビュー①】11/11アップデート1週間前バージョン

2020-11-05 20:24
    ランク40付近まで到達したため、このゲームの長所と短所をとにかく書いていこうと思う。
    11/11以降のアップデート後も前回のレビューと比較しながら再度レビューを行う予定だ。
    厳密には6日前だが気にしないでほしい。

    長所

    ・キャラグラが好み
    キャラデザのCGをそのまま操作できるようなクオリティ。
    リアル調ではなくアニメ系であるため好みは分かれるだろうが、
    グラフィックに惹かれた方には充分満足の行く出来だろう。

    ・難易度がちょうどいい
    マルチをすれば楽勝だが、ソロであればそれなりに苦戦もするし、
    つまづいてパーティ編成を変えて試行錯誤、といった攻略が可能だ。
    ガチャにもいわゆる強キャラはいるものの、その性能に見合った装備を
    施さないと強くはならない。

    ・シナリオ
    ときおり強引な展開はあるものの、旅人視点で様々な問題を
    解決していく様は見ていて面白い。
    メインストーリーや伝説任務は特に見ごたえがある。
    こればっかりはやらないと実感できないので説明はこの程度にする。
    なお、漫画版もあわせてみるといいらしいが、割と核心に迫る
    ネタばれがあるらしいので触れていない。

    ・やることが多いこと
    シナリオ消化が終われば、好きなキャラをひたすら強化していくことになる。
    他にも瞳集めをしてもいいし、NPCと会話してアイテムをもらってもいい。
    やることがなくなるということはほぼない。

    ・マルチがオマケ扱いなところ
    このゲームはMMOやソシャゲのような扱いをされるがそれは間違いだ。
    基本はソロでできるオープンワールドゲームといえる。
    マルチはあくまでクリアできないボス(一部は不可だが)などを手伝って
    もらう場合に使うものだ。私はプレイしている知り合いがいないのでソロ専だ。
    時間はかかるものの、クリアできないほどではない。

    ・シナリオがほぼフルボイス
    メインキャラはもちろん、NPCにもボイスがついている。
    3Dであるため映画のような画角による演出もよろしい。

    ・キャラの個性
    主人公を筆頭に全員キャラが立っているため、見ていて飽きがこない。
    特に好みなのは相棒のパイモンだ。しゃべらない主人公の代弁者でもある。
    主人公は選択肢でやたらはっちゃけるのでそこも面白い。


    短所

    ・天然樹脂の少なさと回復の遅さ
    まず思いつくのがこれだ。天然樹脂はいわゆるスタミナアイテムで、
    これを消費することでゲーム中の有益なアイテムを取得できる。
    最大値は120で、消費する樹脂は20か40だ。少なすぎる。
    回復アイテムもあるにはあるが、これまでで恐らく25個程度しか手に入れてない。
    しかも回復量は60。40消費も1回しかこなせない。
    そのため、アイテム収集が一向に進まないのだ。
    回復は8分に1だ。少なすぎる。

    ・自動木登り仕様
    これは壁に向かって歩くとボタンも押さずに勝手に登ってしまう仕様。
    オープンワールドゲームがみなこの仕様なのかは知らないが、
    非常に面倒な機能だ。登らずに迂回したいときにこれが発生すると、
    ボタンを押さないと降りれないからだ。登るときもボタン押下させてほしいところ。

    ・偏る属性と渋さ
    11連引くための石は専用のアイテム1個か、石が1600必要。
    しかし、1日に手に入る量はやりこみにもよるが200くらいがいいところ。
    宝箱をこまめに取ればもう少し増えるものの、雀の涙といってもいい。
    課金すればすぐに増えるが…。
    また、キャラは武器との闇鍋なのでピックアップでない限りは
    キャラすらほとんど出ない。このゲームは属性の相性が重要だというのに、
    この渋さではなかなかキャラが揃わない。
    キャラが出ても属性が偏ったりして、同じ属性キャラは持て余すことになる。
    幸いなことに、各属性キャラは配布で手に入るのでそれだけで
    攻略するのであれば無課金でも頭数は揃う。(一部の攻略は不可)

    ・翻訳と誤字脱字
    ローカライズがしょうもないのはともかく、ボイス付きのセリフですら違和感がある。
    ここは修正したら収録し直しなので、ほぼほぼ修正はないだろう。
    それを差し引いても、地の文の誤字脱字が非常に多い
    句読点が重複していたり、敵の名前や説明文の名詞を間違えていたり。
    気にしなければいいのだが、少々雑であることは否めない。

    ・イベントのボリューム不足
    ランク36辺りでメインストーリーが終わる。
    伝説任務は条件付きな上ボリュームも足りていない。
    来週のアップデートである程度増えるらしいのでそれには期待したい。

    ・効果音が微妙(特に片手剣)
    切ってる感じがせず、やたら電子音のようで耳につく。
    擬音で表すと「サシュッサシュッ」というビームで切ってるようである。
    弓矢は特に違和感はない。これは好みによるかもしれない。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。