雄星~6(6/7)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

雄星~6(6/7)

2013-01-30 18:47
    雄星~6

    問題の写真。
    何が問題かはおわかりだと思いますが・・・
    そう、腕の位置です。
    テレビのコメントでは「フォームが固まった」などと言っていました。
    ホントなのか嘘なのか?調整で腕の振りを変えているのか?本当のところはわからないですが…
    このフォームがバランスが悪く力が加わらないと思われる最大の理由が、踏み出し足が着地前に腕が上がっている点。
    例えば砲丸投げようなイメージ。
    実は、自分が小中学生に教える際に一番多く見かける悪い癖です。
    俗にいう「トップ」といわれる形。
    一言で言えば「腕の上がりが早い」という事。
    これは、腕が動き出すスタートからボールを離すまでのリリースにかかる制動距離が長いか短いか。
    いわゆる「テイクバック」です。
    このテイクバックの際に制動距離が長く腕の動きも大きければ大きいほどボールのスピードは増し、制動距離が短く小さければ小さいほどボールのスピードは落ちるが、コントロールの精度は上がるとされています。
    この写真の場合はテイクバックが小さく制動距離も短くなるので、彼本来のスピードにはならないはずです。
    が、彼の能力ではこのテイクバックでも並以上のスピードが出るはず。
    だから、研究には値しますが、プロ選手の身体能力は高すぎるのでフォームの参考にならない事の方が多いのです。
    明日は、今日と同じ腕の位置にありながらちょっと違う写真と「トップ」の嘘を。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。