ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

8/15イエス様に祈ります
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

8/15イエス様に祈ります

2013-08-15 00:54
    人は霊を支配できない。霊を押しとどめることはできない。死の日を支配することもできない。戦争を免れる者もない。悪は悪を行う者を逃れさせはしない。


    コヘレトの言葉 / 8章
    8節



    8/15・・・日本は、戦争に負けたと聞きます。
    わたしは、実際に体験していません。

    しかし・・・まだ終戦100年もたっていないことなんですよね。


    人類の歴史は、つねに繰り返すし・・・また・・・聖書にも戦争は起こると預言されています。


    まず、神様に感謝したいと思います。

    日本が、今、戦争をしていないこと、平和憲法という歴史上、他に類を見ない法律があること・・・
    日本が、滅びずに戦争が終わったこと・・・・

    戦後、リバイバルがあったこと・・・


    戦争というのは、ものすごく大変な出来事です。

    人同士のちょっとしたけんか・・・自己の主張や不安からはじまります。


    つまりそれは・・・悪魔の種からはじまること・・・・。


    人間は、生きたいという欲求を持っています。
    死にたくないと・・・そういう思いを持っています。

    そしてそこから考えていくと・・・自己防衛や国益、自分の利益・・・

    それを思い考えるのは、普通なのかもしれません。

    悪魔の種、悪魔の言葉に聞き従えば・・・その種はどんどんふくれます。

    はじめは、これぐらいなら・・・と思っていても・・・どんどんエスカレートします。

    一人の人間にまかれた種でもそうなり、また回りに影響を与えていきます。



    ・・・これが世の中です。



    すべての悪の出来事は、人が、死ぬ・・・という事からはじまっています。

    アダムとエバが、悪魔に誘惑され(これも霊的戦いです)罪を覚えたとき・・・
    神様と切り離され・・・人は、死ぬものとなりました。


    キリスト教は、排他的であり、戦争をしている・・・といわれることがあります。


    僕はその中で・・・クリスチャンとして伝えたい。


    神様が、どこの誰よりも・・・命を尊ばれ、人を愛しておられる方であることを。。
    神様が、どこの誰よりも・・・その死から人を救いたいと考えておられるということ・・・・




    人の愛、人の言葉は、神の愛の前に・・・まったくの無意味なものです、無益どころか損失です。

    なぜなら、人の愛は、命を分け与えるものではないからです。


    神の愛、キリストの十字架しか・・・人に命を与え、死から解放してくれるものはありません。

    そしてキリストの言葉は、神の種、神の心、神の言葉・・・

    それは、悪魔の種とは正反対です。



    そしてキリストは、ただおひとりしかおられない唯一のお方。



    クリスチャンは、世の中の状況がどうであれ・・・神の種をまき続けなければならない。

    小さくも大きくも少しでも・・・・・

    ただキリストの言葉、福音を述べ伝えなければならない。



    迫害され死のその瞬間にも・・・神を伝えたステパノ・・・・
    残るのは、信仰と希望と愛・・・聖書にはそう書いてあります。





    神様は、日本にある程度の平和を与えてくださいました。

    戦後、キリスト教の施設などもできて・・・伝道も進みました。
    感謝です。




    そしていつの時代でも一番、正しいのは、イエスの言葉です。

    真理を語るなら、世の権力者から迫害も受けます。


    いつ日本もそんな時代になるか分かりません。


    しかし今、日本の時です。
    大リバイバルに祈り備えるときです。、クリスチャンが、世に光を放つときです





    8/15・・・とりなしましょう・・・日本の悔い改めを・・・そして祝福を感謝しましょう。



    とっても大切な神様の約束があります。


    それは、求めるならば・・・父なる神様は、聖霊を喜んで与えてくれるということ。



    聖霊を受けることでしか・・・救いはない。




    わたしは、そう信じています。




    油注ぎで聖書を読むとき・・・キリストの言葉・・・キリストは、すべてを知っておられるということが・・・
    あらためてわかります。



    平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。
    マタイによる福音書 / 5章
    9節



    お祈りします。


    天のお父様

    感謝いたします。
    あなたが、この世界を憐れんでくださり・・・イエス様を遣わしてくださり・・・ありがとうございます。

    あなたが、与えてくださる命、それはイエス様であり、永遠です。

    罪びとであったわたしに、そして兄弟姉妹に・・・その命を分け与えてくださって・・・クリスチャンとされて・・・ありがとうございます。


    神様、ごめんなさい・・・

    人は、方法を知りません・・・罪びとであるわたしたちは・・・

    平和の作り方を知りません・・・保つ方法も知りません。

    知っているのは、敵とされる人や隣人を殺すことだけです。

    ごめんなさい・・・ゆるしてください・・・・変えてください。

    憐れんでください・・・・。


    神様、イエス様を述べ伝えてさせてください。
    あなたのみ言葉が、正しいです。

    そのことを・・・この日本に悟らせてください。


    もう偶像崇拝させないでください、悪から救い出してください。

    イエス様、どうか憐れんで・・・呪いを打ち砕いてください。
    祝福へと変えてください。

    水が、ぶどう酒に変えられたように・・・

    この日本にイエス様の命を注いでください。

    毎日、あなたのパンとあなたの契約の血をいただけるように・・・・。


    聖霊を与えください。
    あなたの愛、力、真理・・・です。


    信仰の飢え渇きを与えてください。


    兄弟姉妹を励ましてください。

    祈りと喜びと感謝をあなたに捧げられるように・・・

    イエス様、いつもありがとうございます。


    どうか、偶像崇拝から立ち返り・・・イエス様、ただおひとりを崇める国へと変えられていきますように。


    イエス・キリストのお名前でお祈りいたします。

    アーメン



    平和と、信仰を伴う愛が、父である神と主イエス・キリストから、兄弟たちにあるように。


    エフェソの信徒への手紙 / 6章
    23節



    ※・・・黙とうは、死者崇拝であり、偶像崇拝です。イエス様、以外に心を向かわせることは、偶像崇拝です。
    兄弟姉妹のみなさま・・・どうかその惑わしに注意してください。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。