ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

み言葉をそのまま
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

み言葉をそのまま

2013-08-30 19:59
    しかし、イエスは乳飲み子たちを呼び寄せて言われた。

    「子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである。


    ルカによる福音書 / 18章 16節


    神様は、ありのままで受けいれてくれる。

    それが、十字架の愛でイエス様の愛だ・・・そんなメッセージを聞いたことがある方もおられると思います。


    イエス様は、すべての人の罪の身代わりで十字架で死に罪のないことの証に蘇られた。

    良い知らせ、福音とは、どんな人でもキリストの身代わりを信じ告白するなら救われる・・・
    という神のメッセージです。


    この地上で最大の罪・・・それは・・・に関わることだと思います。

    文字通り人を殺してしまった。
    現場にいながら助けなかった・・・・自殺の手助けをした・・・

    どうにもする事が出来なかった。


    また・・・死に至らなくても・・・学校、職場、グループでのいじめなども・・・にた様な構図があると思います。



    罪のないキリストを十字架にかける・・・それは、すべての人の心に死に関係する罪があると・・・

    神様は、その罪の心を知ってほしいのかもしれません。

    パッションという映画があります。
    キリストの十字架を再現した映画です。
    https://www.youtube.com/watch?v=cNLXw96-Lmc

    僕は、怖くて・・・1.2度しか見れませんでした。
    あまりに怖くて・・・涙を流すとか・・・そんな感傷的な思いにすらなりませんでした。

    ただ・・・こわい・・・と思いました。


    僕は、ある時、クリスチャンになりました。
    そしていくつかの教会に通い、世の中とそしてまた聖書のメッセージとを聞いてきました。

    教会やメッセンジャーによっても聖書の伝え方は、かなり違います。


    今日、思わされていることは・・・
    とにかく・・・神様が十字架によって伝えたことを・・・僕のすべてにしたい・・・という思いです。

    十字架は・・・殺す側か、殺される側か・・・しかありません。

    殺す方は、大勢でも・・・殺されるのは、一人です。
    十字架には、一人しかつけませんから。



    わたしの為に殺された、ただ一人のお方・・・その方だけを誇ります。


    自分には・・・何も誇る所はありません。


    神様を・・・誉め称えます。





    導きのままに書いていたら・・・タイトルとだいぶ違う内容になりました(笑)


    神様が、ありのままでいい・・・キリストによってゆるされると・・・言ってくれる様に・・・僕もみ言葉をそのままに受け取りたいと・・・思います。


    そこに神様が働いてくれます。


    神様は、真実なお方だからです。


    お読みくださりありがとうございます。

    イエス・キリストがあなたを祝福されます。
    アーメン


    悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。
    かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。


    ペトロの手紙一 / 3章 9節





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。