信仰の中身
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

信仰の中身

2013-11-16 21:41
    そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」
    マルコによる福音書 / 12章 33節〜

    イエス様は、言われます。
    どんな捧げものよりも、、、神を愛し、隣人を愛する事が優れていると。。

    捧げものとは、旧約の時に神様が、命じたことです。

    新約にあるイエス様の十字架というのは、そのあがないの捧げものということなんです。

    人の罪をあがなう、、動物犠牲だったものを、、、イエス様が一度、ご自身を捧げた。

    この十字架により人は、罪のないものとされる。

    神を愛し、隣人を愛するというのは、、、まさにこのイエス様の十字架の姿をあらわします。
    どんな捧げものよりも優れているものです。


    そして十字架こそが、、、信仰の中身です。
    十字架には様々なメッセージがあります。
    もっともっと知りたいです。。


    イエス様のようになりたい。

    それは、、心をつくし思いをつくし力をつくし知性をつくして神を愛し、、、隣人を自分自身のように愛する、、、このことをする人になることです。

    イエス様、油注ぎをください。

    お読みくださっていつもあありがとうございます。
    イエス様の愛、、、どうか信じてまた受けてください。

    祈っています。

    アーメン!

    初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう。

    ヨハネの手紙一 / 2章 24節


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。