弁解の余地はない
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

弁解の余地はない

2014-01-20 21:41
    だから、すべて人を裁く者よ、弁解の余地はない。あなたは、他人を裁きながら、実は自分自身をに定めている。あなたも人を裁いて、同じことをしているからです。

    ローマの信徒への手紙/ 02章 01節

    人を裁く者・・・他人を裁くというのは、自分自身を罪に定めているとあります。

    聖書のメッセージ、聞く人によっては、屁理屈だ・・・と思われる方もいるかもしれない。


    しかし・・・神様からみた人の姿は、誰一人例外なく・・・罪びとなのです。

    どんな事も人は、罪の視点から考えている。

    なぜでしょうか?

    聖書で言う罪・・・それは神様から切り離されている事が罪なのです。


    神様から離れると人は・・・まったくのまる裸になります。

    罪から逃げる事も出来ない
    やめる事も出来ない
    抵抗する事もできない


    聖霊の油注ぎは、その罪からの解放をさせてくれます。
    罪をやめる事できて、逃げることもできて、犯すこともなくなります。

    罪から守られます。



    過去の罪は、キリストの十字架によって赦されます。
    そして・・・罪の中にある人生から・・・キリストに様に成長する光の人生へと変えられます。

    イエス様の愛は・・・もっとも偉大な愛です。

    裁くこと、裁かれることのない人生を・・・イエス様と共に歩みましょう!

    アーメン!

    あなたがたも気をつけなさい。もし兄弟が罪を犯したら、戒めなさい。そして、悔い改めれば、してやりなさい。

    ルカによる福音書/ 17章 03節

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。