キリストを受けいれてください
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キリストを受けいれてください

2014-02-16 00:26
    誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」

    マタイによる福音書/ 26章 41節

    みなさま、雪の影響いかがでしょうか。
    お怪我などはされませんでしたでしょうか・・・。

    どんな状況でも主イエス様の平安があるようにお祈りしております。


    さて、先週、今週と大雪のため色々、めぐるましい事がありました。
    また毎日のように・・・もうblogに書くことがなくならいかの様に・・・思わされ、インスピレーション・・・また霊的な事と、肉的な事のコントラストを感じています。

    雪の日から、祖母の家にいる事が多いです。
    この祖母の家は、坂の上にあり・・・とても静かな場所です。

    近所のおうちも高齢の方が多く、あまり生活の忙しさを感じさせません。
    それとは、対照的に海の家は、漁師さんや釣り船宿ばかりですので、、、もう早朝から営みがはじまります。その代り、夕方15時には一日が終わっている様な場所です。


    雪がもたらした状況・・・人生の中でこんな大変な事ははじめてだった・・・と何人の方から聞きました。

    もちろん、商売やコミュニケーション上の会話として大げさなところもあります。
    が・・・実際的にも大変な状況はあったと思います。
    そうした会話の一つ一つを思う時・・・

    キリストが十字架上で言ったこと・・・罪の赦しのみ言葉、
    「父よ、彼れらは何も知らないのです」
    を思い出します。


    聖書的には、もう産みの苦しみの時代に入っていて、、、、もしかしたらキリストの再臨を本当に体験する世代になるのかもしれない・・・と僕は感じています。

    ですから、このブロマガをお読みの皆様、その時ではもう遅いんです。

    キリストを信じるとか、受け入れるとか・・・
    それは、個人の問題です。

    しかし・・・受け入れる必要性があることを・・・この地上の状況、日々の生活から、知って下ださい。
    心をキリストに向けて、祈りの生活をはじめてください。

    ただ神様、と一言・・・祈りはじめれば・・・イエス様、、、と祈りはじめれば・・・
    何かが起こり始め・・・真理へと導かれます。


    祖母と話をしていると・・・なぜか毎回新しい偶像が出てきます。

    祖母が、なにか持ってくるんです


    これ知ってる?とか・・・いいながら。
    ぼくは、それを毎回、処分します。


    祖母は、血圧が180あり、薬で150ぐらいまで下がっていたのですが・・
    なんとその偶像を処分しはじめたら・・今は、130以下、120よりも低い時もあります。

    感じる所では、霊的なストレスがなくなってきてるように思います。

    またケアプランの宿泊プランでキリスト教のセンターに行くようになりました。
    もちろん礼拝もあります。
    このあいだ、どんな所から一度、見てきましたが・・・入るとすぐに礼拝堂になっていて・・
    通常のプログラムにも歌などありました。

    祖母は、合唱団でレコーディングにいくほど好きだったようで・・・
    おそらく・・・色々な事を遠して神様が働きかけてくださってるように思います。


    救いは、とにかくキリストを受け入れることです。

    これから日本は、もっともっと揺さぶられていくと思います。

    肉にある人ならば・・・そこには死しか待っていません。
    偶像が導く、怒り、ねたみ、そしり・・・また高慢の世界となります。

    しかし聖霊に満たされて神の命を受けているならば・・・

    どうやっても神様は、その人を祝福します。


    みなさま・・・今、この時にキリストを受け入れてください。
    あなたの涙を神と共に流してください。

    ヒューマニズムから解放されて・・・ただ神のみ名を崇めてください。


    イエス様にしか救いはありません。
    これこそ、まさに真理です。

    アーメン!

    あ・・・あげた聖句。

    なんだか疲れていたのか、深い眠りにつきました。
    そのことを書いておきたかったんです。

    肉体的には、寝ていても・・・霊的には目ざめていられますように。

    主イエスよ!来てください!
    アーメン!

    ――見よ、わたしは盗人のように来る。裸で歩くのを見られて恥をかかないように、目を覚まし、衣を身に着けている人は幸いである。――
    ヨハネの黙示録/ 16章 15節



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。