愛する者
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

愛する者

2014-04-08 00:01
  • 2
互いにし合うことのほかは、だれに対しても借りがあってはなりません。人をする者は、律法を全うしているのです。

ローマの信徒への手紙/ 13章 08節〜


わたしが、まだ4.5才の頃は、コンビニエンスストアもほとんどありませんでした。
7-11は、文字通り7時〜23時までの営業、もしくはそれよりも短い営業時間だったと記憶しています。

また飲食のチェーン店もありませんでした。
ファミリーレストランが近所に出来たのは、小学生ぐらいの頃だったと思います。


本当に便利になったわけです。
今では、コンビニでほとんどの物は揃います。

何もない所から人は努力をして自らの力で今の便利さを築いた・・・そうなのかもしれません。

教育も様々な分野があり、充実しているのかもしれません。


わたしが今日、伝えたい事があります。
世の中で学び、切磋琢磨して人は、生涯を終えていきます。
世の中を体験し苦しみながらも努力して歩める方もあるでしょう。


しかし・・・世の中が教えない、教えられないたった一つの事があります。

それは・・・一番大切な事・・・・創造主の愛、天地万物を造られた方の愛です。

創造主の愛、すなわち神様の愛とは、どんな愛でしょうか?

それは、オールマイティな愛、全知全能の愛です。

和解の愛、赦しの愛、癒しの愛、復活の愛、希望の愛、喜びの愛、永遠の愛・・・・

父と御子の愛・・・。

十字架の愛・・・。


兄弟姉妹のみなさま、わたしたちには、その愛があります。
聖霊によって与えられました。

世の中の営みが、どんな風に見えて、また惑わされそうな時も・・・

この聖霊による愛は、クリスチャンしか持っていないということに信仰を働かせて下さい。

そして神の規準である律法が、このキリストの愛により全うされます。


神を愛し人を愛する者へと成長させられていきますように。

いつもお読みくださり感謝します♪

ハレルヤ!


キリストがわたしたちをして、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、あなたがたもによって歩みなさい。
エフェソの信徒への手紙/ 05章 02節



広告
×
キリスト教布教が未だに日本で難しい要因が
『愛』
にあったと思います。
もともと日本語にLOVEを意味する言葉が無かった事、
仏教解釈の影響で『愛=愛欲』と
悪い意味に使われてきた歴史が有ること。

神の愛が理解出来ない人は、
人間がわが子を自分自身より愛したり、
動物を好きな人がペットを愛し可愛がるのを
想像して欲しいですね。
打算無き無償の自己犠牲の愛を。
そして神の愛はそれ以上に深いものだと
感じて気付いて欲しいです。
神のもとに全人類は子であり兄弟であり家族なはず。
早く世界中全ての国家国民が
唯一の真理に気付いてくれると良いと思います。

今夜もdaiさんに主の平和がありますように
多くの祝福がありますように
父と子と聖霊のみ名によってアーメン╋

※11時に閉まってましたね~seven。
おっきい眼鏡のお姉さんがCMしてた記憶あります。

シャローム╋
72ヶ月前
×
>>2
ラキシス様、コメントありがとうございます。

アブラハムがイサクを捧げるという・・・なんとも理解しがたいことが聖書では書かれています。

自分の子供を神にいわれた捧げる?

それが愛なのか?

人間の側に与えらえれる信仰もこのアブラハムが自分の子供を捧げる・・・というそんな歩みになっていくような気がします。

キリストの様に成長するとは、神に従順になっていく事ですが・・・神様の愛に応答し聖霊様が働かなければとてもじゃないけれども・・・肉に負けてできるものではないと思います。

ただただ神様のくださるものに感謝します。


追記
ブログは、だいたい日付の変わる頃にアップするように予約セットしてあります。
いつも遅い時間にお読みくださり感謝します。

アーメン♪
72ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。