底辺の経済論:おっさん雇うぐらいだったら死を選ぶ社会
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

底辺の経済論:おっさん雇うぐらいだったら死を選ぶ社会

2019-02-24 01:33
    ネタのように見えて割と深刻な話。

    現在の40歳の人の大卒の就活状況は日本の主要都市銀行が皆、税金の投入で生きながらえていた就職氷河期時代だった。


    日本で二度と就職氷河期が発生しないワケ(城繁幸) - 個人 - Yahoo!ニュースより

    今は大手企業を中心とした中年大リストラ時代


    そして、どうにかこうにか職にありつけた世代は、今、大企業のリストラ対象に選ばれる年になった。

    雇用を守るのは40歳未満まで(2016年)【シャープ】

    40代以上はいらない 中年キャリアの危機 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

    対象は40歳以上(2018)

    大正製薬で人員大削減の波紋 | 早期退職に3割応募 | ニュース深掘り | 週刊東洋経済プラス

    大正製薬は増益だったにも関わらず、大量の中年がリストラ対象になりました。

    そういえば、銀行も軒並みリストラでしたっけ。

    今は人手不足の時代だから大丈夫?


    今は人手不足の時代らしいです。
    人手不足倒産が過去最多更新 東京商工リサーチ - 産経ニュース
    そりゃ、倒産する会社が軒並み出るレベルで。

    ただ、おっさん達は違います。

    中高年ワーキングプアの現状と課題 - 日本総研

    採用実績の過半数は「年齢」で採用。
    調査だけで過半数なので、実態はさらにすごいことになりそう。

    YOU、もう採用の本音、叫んじゃいなよ

    これらをまとめて、言えることは一つ!!

    企業戦略として、おっさん雇うぐらいなら、死を選びます!!

    ※ 一応、統計上、中年女子も含めるけど語呂が良かったんで、便宜上「おっさん」と表現しました。
    ※ ちなみに、僕もその淘汰されるオッサンの一員なのです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。