上級国民なんてオカルトだと思っているが:きっと全部、偶然さ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

上級国民なんてオカルトだと思っているが:きっと全部、偶然さ

2019-08-04 17:44

    池袋の飯塚氏による暴走事故(死者2名:負傷者10名)で、被害者遺族が厳罰を求める署名活動が行われている。

    昨日は池袋で署名活動があったみたいだ。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190718/k10011997541000.html

    なかなか逮捕されない → 略式起訴、で終わる可能性は前例がある(後述)ので、こうした活動は重要で正しい行動だと思う。

    ■ 署名活動のブログ(署名用紙をダウンロード:プリントアウトできる)

    https://ameblo.jp/ma-nariko

    略式起訴になるとどうなるの?

    罰金100万円が最高ので終わってしまいます。

    そして、略式起訴が検察によって選ばれた場合、遺族はそれを変更する権利がないのでそれで終わりになってしまいます。

    (民事での裁判はできるだろうけど)

    この辺りは検察に任せるしかないので、これにならないように遺族は「処罰感情有」という意思を表明するしかないという構図。


    車の死亡事故で「略式起訴」はないだろ、と思ったらあった、有名な事故で

    フリーアナウンサー『チノパン』の『自動車運転過失致死事件

    彼女もまた旦那が「福田元首相」の家系で結婚式には安倍氏他名だたる政治家首脳陣が出席したことで話題になった人だ。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E9%87%8E%E5%BF%97%E9%BA%BB

    実は、こちらも「死亡事故を起こしたにも関わらず、なかなか逮捕されない」ことが話題になり、その後に略式起訴で終わった事件でもある。

    https://www.j-cast.com/2013/01/07160434.html?p=all

    こちらも逮捕されない時期は色んな憶測が飛び交いましたね。

    もしかしたら「死亡事故で略式起訴はないだろ」というのが思い込みで、実は普通に多いのかもしれない。

    被害者に処罰感情無しと見られると、こうなるっぽい?ので処罰感情を示す活動というのは重要なのかもしれない。


    警察が起訴に消極的だが、普通に懲役刑になった事例もある

    赤坂日枝神社内巫女強姦事件 - Wikipedia

    由緒ある神社で起きた、神主が女子更衣室に侵入、そのまま強姦した事件。

    こちらも「宮司が日本会議の代表委員」と、神主とは関係ないが、非常に権威のある神社である。

    書類送検から半年間、一向に逮捕も起訴もされないことについて、色々な憶測がされた事件でもある。

    が、批判の後に逮捕、起訴され、懲役5年を求刑される結果になった。

    (この時、警察は「神社が非協力的だった関係で色々と遅れた」と弁明しているが、神社側が否定している。)


    飯塚氏はメディアに配慮されている:容疑者という言葉がない

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190718/k10011997541000.html

    一番上のニュースを見てもらうと分かるように、検索時に実名が出ないように記事タイトルに「飯塚氏」の名前がない。

    ついでにいえば、「容疑者」という言葉も使われていない。

    これは「警察に逮捕の方針が示されていない」ことを意味する。

    京都アニメーション放火事件の場合は、逮捕状をとる前から容疑者付だった。

    https://www.sankei.com/affairs/news/190719/afr1907190047-n1.html

    逮捕状を取る前から氏名公表の異例の事態ではあったが、この時既に各社メディア共に「容疑者」付で呼んでいる。

    一応、各社それぞれの言い分を追記しているので、後でまとめてみるのも良いかもしれない。


    政府は「勲章に特権なし」を削除しようとしている

    赤字部分が、新憲法草案で消された部分。

    【現行憲法】

    第14条3

    栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

    【自民党改憲草案】

    第14条3

    栄誉、勲章その他の栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。


    きっと、ぜんぶ、ぐうぜんさ

    上級国民なんて存在はしない。

    きっと、ぜんぶ、ぐうぜんさ。

    ただ、交通事故の死亡事故において勝手に「被害者に処罰感情なし」と思われて略式起訴で終わらせないように、処罰感情を表明した方が良い時がある、というのは今回のまとめで知った重要なことだと思った。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。