TGS2019(東京ゲームショウ)行ってきたので感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

TGS2019(東京ゲームショウ)行ってきたので感想

2019-09-15 20:16

    ゲームショウが幕張の地に来てから、かれこれ20年以上、毎年行ってるだいじんです。

    (そういえば昔はゲームショウは年2回開催でしたね)

    今回も行って来て、レポート記事を上げたんだけど、そういえば最近「ゲームショウ」にわくわくしなくなってきたなぁっと。

    TGS2019(東京ゲームショウ)雑感:VR-VTuberの露出は少なくなった印象 | ゲーマー逃避行ブログ

    新作感の喪失というパラダムシフト

    最近のゲームショウは「歌・トークショー」に加えてeスポーツ対戦のイベントステージがメインになってきた。

    新作の情報は既に出ていることも多くて、昔の「俺の新作を見て、驚きひれ伏せ~」的な感じは、もはや時代遅れになってきた感がすごい。

    とにかく既存ゲームの盛り上げに注力している感が強くなったのは、昔のゲームショウを知る人にとっては大きな時代の変化だと思う。

    もっとも、楽しいか楽しくないかといえば楽しいんだが、「東京ゲームショウは面白くない」「もう、意味がないんじゃないか」という人の感情はこの部分じゃないかと思う。



    お読みいただきありがとうございます。

    これからもブログ更新していきますので、購読したい方はフォローをお願いします。(更新通知が届くっぽい?)

    【執筆者】
    ・blog:ゲーマー逃避行ブログ
    ・Twitter:@daij1n


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。