• このエントリーをはてなブックマークに追加

生放送

Twitter

お知らせ

  • 【誰も教えてくれない!恋愛感情のからくり】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【誰も教えてくれない!恋愛感情のからくり】 ・「ほとんどの人が知らない!恋愛感情の仕組みについて徹底解説!」という動画で恋愛感情の仕組みを解説した ・今回お話する内容は、より切り込んだ内容になる ・まずはおさらいとして、恋愛感情は理性じゃなくて本能 ・恋は気づけば落ちているものなので、「何をすれば好きになってもらえる」「何をされたら好きになる」というものではない ・性欲とないものねだりの掛け合わせで恋愛感情が起こる ・一説によると、恋愛感情のほとんどは性欲とも言われているから、相手に性的魅力を感じてもらえるかどうかはかなり重要とも言える ※好きになってもらうために優しくしたり、癒やしを与えようとしたりする女性がいるが全然そこじゃない →恋愛感情は理性で起こるものじゃないので、そんなことをされても好きにならない   恋愛感情が本能であることを知らない女性は、次の思い込みを抱いている 1・頑張れば、いつか振り向いてもらえる 2・...

    6日前

    • 0 コメント
  • 【恋愛成就に必要不可欠な人としての信用】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【セフレスタートで上手くいく女性の特徴】 「セフレ経由に向いていない女性の特徴」 ・男性を好きになると依存し執着してしまう ・趣味という趣味がない ・「なんでもっと○○してくれないんだろう」と相手に対して考えることがよくある ・気がつけば好きな男性のことばかり考えてしまう ・誰かと好きになると素を出せない ・相手の言動でいちいち不安になる ・相手に確認せず憶測で決めつける ・人と同じだと安心する ・不安に駆られて自爆したことは一度や二度ではない ・すぐ女友達に相談する ・恋愛が上手くいかなくなると自分の生活も崩れる →こういった女性はセフレ経由には絶対に向かない   ・趣味という趣味がない女性は、必ずと言っていいほど恋愛依存に陥りやすい ・暇だから好きな相手のことばかり考えてしまう ・しかも、人間は「暇なとき」「空腹時」「寒いとき」にネガティブなことを考える ・「なんでもっと○○してくれないんだろう」とよく考える女性は...

    2022-05-03

    • 0 コメント
  • 【誰も教えてくれない!自分らしく生きていくために必要不可欠な手段と能力】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【脱・人間関係の悩み!舐められないための最終手段】 ・こじれた人間関係を修復しようとして結局何も解決しない人は、次の項目を延々とやり続ける ・これ以上悪化させないように我慢する ・話し合って分かってもらおうとする ・怒らせないようにやんわりと伝える ・なぜ何も解決しないのかと言うと、次の選択肢がないから   1・はっきり言う 2・ブチ切れる 3・拒絶する   →事なかれ主義の人ほど、これらの選択肢を持ち合わせてない ・逆に、人間関係の悩みがほとんどない人は、誰と付き合うときでも最初からこれらの選択肢を持ち合わせている ・世の中には、同じ日本人なのに日本語が通じない人たちがいる ・どうやっても分かり合えない人がいる ・「人は話せば分かってくれる!」 と言う人がいるのは、この人の言い方が優れているのではない →出会う人がたまたま日本語がちゃんと通じただけ →もしくは、希薄な人間関係しか形成したことがないかのどちらか   ・人間...

    2022-04-25

    • 0 コメント
  • 【ラブラブカップルが結婚後に破綻する3つの理由】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【ラブラブカップルが結婚後に破綻する3つの理由】 1・初めて同居したことによるイライラ ・同棲をしないまま結婚したカップルによくある ・同居してから初めて分かる相手の側面や性質がある 【例】想像よりはるかにだらしない 一緒に住んでいる人のことをまるで考えてない 家のことを何もしてくれない ・一人暮らし気分や実家暮らし気分が抜けてないのが原因 ・その結果、自分中心の生活になったり、パートナーになんでもやらせる生活になったりする ・この傾向は男性に多いが、女性にもこういう人はいる ・パートナーが自己中に生活していると、だんだんとイライラしてくる ・そのイライラをぶつけると、今度は言われた方もイライラしてくる ・このすれ違いが上手くいかなくなる原因を作る ・同棲したら些細なことで喧嘩になると言う人がいる 【例】晩ごはんに何を食べるかで揉める 外出時の行く場所で揉める →聞いている人からしたら「そんなことで?」と思うがそうじゃない...

    2022-04-12

    • 0 コメント
  • 【誰も教えてくれない自己肯定感の高め方】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【自己肯定感が低いとダメ恋愛をしてしまう理由】 「自己肯定感とは?」 ・自分自身を肯定する力や能力 ・自己肯定感が高いと良い自分も悪い自分も受け入れることができる ・良い自分に関しては「こんな自分、超素敵!」「やっぱ私って最高!」と思うことができる ・悪い自分があっても「まあこれも私だしなあ」「でも私には良いところが他にあるし」と思うことができる ・良い自分というのは、自分のお気に入り部分 →人の意見は関係なく自分でいいなと思っている ・悪い自分というのは、性質的にできないことや苦手なこと   「自己肯定感が低い人の特徴」 1・自分の良いところが分からない ・自分の悪いところばかりに目が向く →自分にはなんの取り柄もないと思っていることもよくある ・良いところを人からほめられても素直に喜べない →「私なんて」と思ってしまっている →悪いところに目がいきすぎて良いところが肯定できない   2・ないものねだりが多い ・自分...

    2022-04-05

    • 0 コメント
  • 【あなたの親は大丈夫?毒親チェックを徹底解説!】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   【あなたの親は大丈夫?毒親 チェック 】 「過干渉」な親 【特徴】子どもに依存して自主性を奪う 「なんでも代わりにやる」 ・親が悪い意味で子どもの手を煩わせない ・なんでもかんでも子どもの代わりにやる ・子どもにお手伝いをさせたことがない ・子どもが悪いことをして謝らないといけないところで親がでしゃばる ・親が子どもに考えさせることをしない 「過保護」 ・とにかく親が甘やかしすぎる ・ほしいものは大体買ってもらえる ・成人してからも幼いときと変わらない扱いをしてくる →大人になってからもしょっちゅう連絡してくるのも特徴的 「かなりの心配性」 ・学校生活から友人関係、身につけるものや読むもの聴くもの食べるものまで、必要以上に心配する ・子どもがやりたいと言ったことも危なそうなことならさせない ・子どもが自立しようとすると妨害してくる →親が子離れできずべったりと依存しているから   「否定的」な親 【特徴】子ども...

    2022-03-29

    • 0 コメント
  • 【パートナーいい男に育て上げるためのうながしテクニック】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。 【いい男になれる男性の3つの素質】 ・出会った頃はすごく優しくていい人に見えたのに、いざ付き合ってみたら 「思ってた人と全然ちゃうかった!」みたいな男性がいる ・こういう男性は、自分がどう振る舞えば相手に好印象を抱いてもらえるか分かっている →自分を良く見せるための擬態能力が高い ・ほかにも、職場では仕事もできるし、ものすごく誠実でまともそうに見える →でも蓋を開けてみたら結構なクズという男性もいる ※深い関わりをしなければ、コミュニケーション能力と対人スキルである程度乗り切れる   ・第一印象で「いい人に見せかける」のは、テクニックでどうにでもなる ・でも本当のいい男って、付き合ってからも結婚してからも、態度や言動がほとんど変わらない →「私の前でだけ見せる可愛い一面」など、良い意味でのギャップがあるぐらい ・なぜ彼らがこのような素敵な男性になったのかと言うと、色んな女性たちが過去に次のような注意や指摘を繰り返してきた   ・...

    2022-03-22

    • 0 コメント
  • 【藤本シゲユキが教える本当のモテLINE】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   「藤本シゲユキが教える本当のモテLINE」 ・ネット上によくあるモテLINEが使えない理由 →語彙力に長けていて、自分の考えや気持ちを文字に起こすのが得意な人じゃないと、そもそも無理 ・文章を書くテクニックも必要 ・こういう女性がネットに転がっているモテLINEを真似すると、取ってつけたようなLINEになる ・つまり、自分の言葉とモテLINEが混ざったやり取りになるので、前後のつながりが不自然になる ・藤本のように普段敬語で書いているブログの一部が村上春樹の文章になったらものすごい違和感がある ・モテLINEを意識する女性はテンプレをそのまま使おうとすることも多いので、それが不自然さや違和感につながっている   ・返信を遅らせて気にさせる ・ほかの男性の影をちらつかせる →なんとも思ってない女性にそんなことされてもなんとも思わない   「相手が食いつくような誘い方ってあるのか?」 →ない →誘ってくる相手によって変わるから、どんないい誘い方でもそ...

    2022-03-15

    • 0 コメント
  • 【一気に距離を縮めたいときの!相手の懐への入り方】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! 開始時刻が遅くなりましたことを、改めてお詫び申し上げます。 それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   「相手の懐への入り方」 ・相手の懐へ入るには、次の台詞を口に出すこと 「もっと仲良くしたい」 「もっと話したい」 「もっと知りたい」 ・これは恋愛だけじゃなく対人関係全般で使える ・これらの台詞は、相手の懐に入る方法でありながら、自分を受け入れてくれる相手を見極める方法でもある ・中には仲良くする気がない人もいたので、100%というわけではない ・ただ先ほどの台詞を口にすることによって、仲良くする気がない人は態度で分かる ・目を合わさなかったり、素っ気なく返事されたり、明らかに食いつきがないのが見て取れる ・つまり自分を受け入れてくれない人だと早い段階で分かる ・しかし、「仲良くしたい」と意思表示をした方が良い結果になることが多いのは事実   ・「もっと○○したい」という台詞をストレートに言える人って実はそんなにいない ・言われることがほとんどないから、言われた方も...

    2022-03-08

    • 0 コメント
  • 【福田和子】実在する魔性の女の手口【木嶋佳苗】まとめ

    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました! それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。   「魔性の女=美人」というわけではない ・魔性の女と聞くと、可愛くて美人な女性を思い浮かべる人が多い ・しかし、実際の小悪魔な女性の多くは、容姿端麗というわけではないし、むしろその逆であることがよくある ・福田和子と木嶋佳苗の事件を知り、彼女たちを初めて見た人のほとんどが次のような印象を抱く 「こんな見た目なのに、どうやって男をたぶらかしたの?」   「人たらし型魔性の女・福田和子」 事件の概要。 1982年8月19日に発生した松山ホステス殺害事件の犯人であり、犯行後、1997年に逮捕されるまで、約15年に及ぶ逃走劇で知られる。   ・福田和子は「7つの顔を持つ女」として知られており、彼女は整形を繰り返しながら全国を渡り歩き、15年近く逃走 ・しかし、時効成立まであと21日のところで逮捕 ・当時、その逮捕劇が話題になった ・彼女の逃走劇を調べていると、意地でも捕まりたくないという執念を感じる ・なぜそうまでして捕まりたくないのかは、以前に...

    2022-03-01

    • 0 コメント