• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 4件
  • 【本当の愛され女子が心がけている7つの習慣】まとめ

    2021-11-23 18:00  
    300pt
    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
    それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。
     
    【本当の愛され女子が心がけている7つの習慣】
    1・嘘つかない
    ・そもそも信用される人は嘘つかない
    ・思ってないことも言わないから信用される
    「ほめなきゃいけない」と思って無理にほめようとする女性がいる
    →これは信用されない
    →相手は目と耳を通じてこちらのことを見ているので、「こいつ思ってねえな」って分かる
    ・ただ、中には正直に生きすぎてしまい、思ったことがすぐ顔に出てしまう人
    「良い嘘」と呼ばれる、人を安心させるための嘘をつけない人もいるかもしれない
    →こういった人たちは、周囲の人間から「すぐ顔に出たら相手に失礼だよ」とか「もうちょっと上手くやれないの?」というように揶揄されることも多い
    →気にする必要はない
    →そうやって揶揄してる人のほとんど
  • 「それは恋愛感情じゃない!多くの人が錯覚する性別の承認について徹底解説」まとめ

    2021-11-16 15:46  
    300pt
    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
    それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。
    「それは恋愛感情じゃない!多くの人が錯覚する性別の承認について徹底解説」
    【具体的にどういった場面で性別の実感を得られるのか?】
     
    「承認ケースその1・異性にチヤホヤされた」
    ・性別の承認を得る上で、一番多いケース
    ・異性に「特別扱いされた」と認識したときに、生まれる
    →「優しくされた」「ほめられた」「認められた」など
    ・相手からするとまったくそういうつもりはなくても、こちらが「特別扱いされた」と「錯覚」した瞬間から、この性別の承認が満たされる
    ・水商売の世界は疑似恋愛の世界だといわれることが多い
    →ホストやキャバ嬢が色恋営業を使ってお客さんを足繁くお店に通わそうとするのは、まさしくこの性別の承認をくすぐっているから
    ・異性にチヤホヤされた経験が
  • 【変わってほしいなら】不誠実な人間を変える最終手段を徹底解説!【もうこれしかない】まとめ

    2021-11-09 16:50  
    300pt
    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
    それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。
     
    【不誠実な男性が誠実な人に変わることはあるのか?問題】
    「不誠実の代名詞:浮気男」
    ・浮気癖は直るのか?
    →基本的に直らない
    →浮気されたくないんだったら、浮気しない人と付き合わないといけない
    →残念ながらこれが現実
    ・浮気は「する・しない」じゃなくて「できる・できない」の倫理観の問題
    ・「私に本気になってくれたら浮気しないはず」という期待が止まらない女性がいるが、恋愛感情は抑止効果にはならない
    →せいぜい本気の期間だけは止められるが、気持ちが落ち着いてきたら浮気の虫が再燃する
    「癖」と名前のつくものは、直すためには次のようなプロセスが必要になる
     
    1・その癖を行っていることが恥ずかしいことだと思う
    2・その癖を出さないように改善する
    つまり
  • 【変な男性が寄ってくる11の理由】まとめ

    2021-11-02 18:59  
    300pt
    昨日のニコ生をご視聴いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
    それでは今回も、昨日の放送を振り返ったまとめをお伝えさせていただきます。
     
    「マッチングアプリでいい男を探すのが激ムズな理由」
    「なぜ恋愛市場に素敵な男性がいないのか?」
    ・「いい男は恋愛市場にいない」と言われている
    ・厳密には、いないのではなくて遭遇率がめちゃめちゃ低いので、「いい男は恋愛市場にいない」というのはある意味本当
    ・いい男の基準はピンキリだが、本当のいい男になればなるほど、恋愛市場に現れる率は下がる
    ・なぜなら、わざわざ恋愛市場に出向かなくても、リアルでいくらでも出会いがあるから
    ・いい人と出会うために、面倒な手順を踏んだり手続きをしたりする必要がないし、楽しいことを沢山知っているから、恋愛市場にリソースを割くという発想がそもそもない
     
    ・とある恋愛アカウントのツイッタラーさんの名言
    「マッチングアプリ