• ヤクルトの戦い 2019年へ 〜2018年シーズン振り返り〜

    2018-10-15 21:14
    こんにちは。がちゃ(D)です。

    さてさて昨日菅野にノーノー食らってヤクルトの2018年シーズンは終わってしまいました。

    さて2018年振り返ってまず一言言いますと。


    めっちゃ楽しかった。


    2018年の流れを簡単に箇条書きで行きますと

    ・青木ヤクルト電撃復帰

    ・4月、山田テク人

    ・5月、借金二桁で死にかける

    ・6月、まさかの交流戦優勝

    ・7月、また死にかける。最下位

    ・8月、二番青木がはまり打線爆発。9回の異常な得点率

    ・9月、1〜3番出塁率4割、4番130打点、5番ゴリラ人間雄平

    ・10月、菅野

    こんな感じですかね。

    あと箇条書きでは一切触れてないですが本当に投手、特に中継ぎが頑張ってくれました。

    近藤、石山は1年間。

    前半は中尾、風張。

    後半は梅野とハフ。

    いい感じに中継ぎが疲れた時にポコポコといい選手が出てきてくれましたね。送り出してくれた高津ありがとう。

    あと先発は1年間ローテを守り二桁勝利のブキャナン。巨人に負けなかった小川、覚醒の片鱗が見られた原、久しぶりの勝ち越し石川。

    他にも終盤高橋がいい物を見せてくれましたね。今後に期待です。

    打線の方はまーおっさん連中頑張ったなぁと。

    二番に座ったのは7年ぶりの復帰の青木。

    正直、私は青木が帰ってきて嬉しかったですが、そこまでチームに変化はないだろうなぁと思っていました。

    7年前ヤクルトにいた青木はどちらかというと周りに声をかけるというよりは背中で引っ張るというか・・

    言い方は悪いですがチームどうこうじゃなくて自分が打っときゃいいやろという感じだったんですよね

    あと守備に結構怠慢がある。そんな10年近い前の思い出。

    でもさすがメジャーに揉まれた男は違いましたね。

    あそこまでチームを引っ張ってくれるとは。あそこまで一つ一つのプレーに隙がなくなるとは。

    生きる教科書としてモチベーターとしてこれ以上ない働きをしてくれました。

    他にも慣れないファーストをしながら堂々の3割の坂口、キャリアハイの打点のバレ、自己最高打率だったのかな?雄平。

    あと予想外に頑張ってくれたのは西浦ですかね。

    二桁HRを打ったのもなんですが、まー守備上手くなったなぁって。

    特に西浦を褒めたいのが球際ですね。絶対取りこぼさない。

    自分の守備範囲の球なら絶対とるっていう西浦の気持ちの強さが現れてました。よく1年ショートを守ってくれました。

    山田に関してはトリプルスリーおめでとうって感じですかね。

    いや、自分でも山田に対して冷たいなと思うんですよ。うん。

    トリプルスリーってめっちゃすごいですよ。目標にしたところで達成できるもんじゃないですし。それを3回なんてすごいし。

    でもね、山田に関してはすごいで終わっちゃいけないんですよ。

    本当にやばい時の山田ってファンが引くくらい打つんですよ。

    インコースの球は反応で打ち、甘い球がきたら絶対逃さない。外の球も流せる。

    塁に出たら天下無双。守備も完璧。

    それがやばい時の山田なんです。

    すごいで終わんな。やばいで終われ。

    山田に関してはもう期待しかしていません。山田ならやれる。

    さてここまでは2018年を振り返ってきました。

    本当によく頑張ってくれたというのが正直な感想です。

    でもその裏には2017年がアレだったのが見え隠れします。

    去年96敗からよく頑張った。

    96敗してたから今年は少しでも上がれればよかった。

    借金51からよく貯金9まで持ってきた。

    そういう気持ちがファンにはあったし、恐らく選手にも多少ならずあったと思います。















    だからこそその気持ちはもう今ここで捨ててもらいたい。


    ここからは2019年に向けての戦いです。

    あの96敗はもう過去の話です。これからの戦いには一切関係ありません。

    あの96敗を言い訳にするな。ここからは2位からどれくらい上がれるかの話です。

    幸か不幸か、そういった気持ちを吹き飛ばすくらいに巨人に、菅野にやられました。

    今年のヤクルトは年間通して貯金9という結果ですが、時折去年のような脆さも見えました。

    それが青木が打線から消えた時です。

    もっと一人一人レベルアップを図ってもらいたい。

    打線は一人一人もっと粘り強く。

    主軸に関してはもっと怖さを。

    山田に関しては圧倒的な選手になってもらいたい。

    投手は正直、来年中尾と近藤は計算に入れてません。

    絶対今年の反動が来年にきます。そしてその経験を、思い通りにいかない経験を糧にしてもらいたい。

    あとは梅野と風張。1軍で投げて何が通用したか、何がダメだったかを洗い出して来年につなげてもらいたい。

    石山に関してはもう山田と同じく期待しかしていません。圧倒的な守護神になってもらいたい。

    先発はブキャナンが柱ではダメなんです。

    もちろんブキャナンは頑張ってくれてますが、ブキャナンの役割は良くも悪くもイニングイーター。貯金をいくつ作るかという選手ではありません。

    だからこその小川と原。

    ここで貯金をいくつ作るか。

    この二人で貯金20作れるなら。私は十分優勝行けると思ってます。

    私は不可能な予想はしません。可能なことしか予想しません。

    ヤクルトの選手ならこれくらいできるだろと思って予想しています。

    今年2位だったプライドを。広島に、巨人にやられた悔しさのみを来年につなげてもらいたい。

    それが、1ファンである私の願いです。

    2018年ヤクルトお疲れ様でした。

    そして、

    2019年も全力で応援していきます!!

    ではこの辺で。

    2018年10月 がちゃ(D)

  • 広告
  • イベ資材0バケツ0のすゝめ+この縛りをはじめた理由

    2018-05-12 22:52
    こんばんは。だんくらと申します。

    今回18冬イベ資材0バケツ0で攻略できましたので、それの報告というかまとめたものをこのブログに書いていきたいと思います。

    ではまずに証拠写真と言いますか、イベント前の画像とイベ後の画像をのせましょう。

    はいどん。


    こちらがイベ前。そしてこちらがイベ終わった後



    油が1万以上のこっていますが

    これ、甲勲章を速攻で割ったあとの画像でございます

    いや、まぁあれですよ。タシュケント掘りたかったんです。

    私も15秋以降は一応ALL甲でクリアしていますが別に甲勲章の呪いにかかってるわけではないですからね。

    甲勲章は飾りではないですしそのへんがどうでもいいかなぁと思っています。

    で、肝心のタシュケントは掘れたのかって?

    いや、もちのろんですよ。私ここまで全艦揃えていますしドロ運だけはいいですからね。

    証拠写真をのせましょう。見てください。これが私のタシュケントです!!




    やっちまったぜ☆
    まぁ・・次ですね。次掘りますよ。

    ・・はなしが逸れましたね。

    さて。18冬イベを無事資材0バケツ0でクリアしましたが、私もじつは資材0バケツ0では17秋イベと18冬イベの二回しかやっていないのですよね。

    ですが、今回のイベが大型だったということ、そして普通にやれば元々うちの艦隊は大型イベだろうが笑ってクリアできるという自信があるのでこのブログを書こうと思いました。

    そして、もう一個このブログを書こうと思った大事な理由があります。

    それは、資材0バケツ0に興味を持っていただいた方に

    ぜひこの縛りをやってもらいたいということ。

    この縛り。やってみるとほんとに楽しいんですよ。

    イベントの期間をフルに使わないとクリアできないのでイベントを十分に楽しでる実感ができます。

    あとは、ほんとに勝つか負けるかわからない勝負ができるということですかね。

    特に今回のE7はヒリヒリしましたね。最後まで追いつめられましたから。

    でも、それを突破した達成感はなににも変えられません。

    なので、以下に資材0バケツ0で行う上で私が気を付けていたことをかこうと思います。

    私がこの縛りをするうえで特に気を付けていた点が3個あります。

    それがこちら

    ①初動の艦隊の動かし方

    ②資材の安定

    ③なるべく沼らない方法

    まずは初動の艦隊の動かし方ですね。

    つまりはイベント始まった当初の動かし方です。

    私がやっていたことは以下に書きます。

    ・全艦キラ付け

    ・ウィークリー任務、マンスリー任務、単発任務をできるだけ後一回出撃するだけで達成するところまで進めておくこと

    ・空母をできるだけかき集める

    初動というか、イベ開始までにやっておくことですね。

    全艦キラ付けは説明いらないでしょう。任務関係はバケツがもらえる任務優先で貯めておきます。

    そして、別に絶対ではないですが、していて困らないことが空母をかき集めて解体してボーキを集めておくということ。

    別にこれやったから資材の運用が楽になるわけではありません。ただ、任務をこなすうえで少し楽になると言った感じだけです。

    これをしてあとは遠征をちょこちょここなしたら7、8時間で各資材5000程度、バケツは30ほどまで貯めれるはずです(画像はありません申し訳ありません・・

    あとは、遠征をなにをするかですが。ここから二番目の資材の安定の話になります。

    まず私が艦これにはりつける間に回す遠征ですが。

    ・長距離練習航海

    ・防空射撃演習(4隻キラ

    ・南西方面航空偵察作戦(6隻キラ

    そして、お仕事中とか艦これに触れないときに回す遠征がこちら

    ・ボーキサイト輸送任務

    ・鼠輸送作戦

    ・水上機前線輸送

    以上の遠征が私の基本となります。

    これを見てわかると思いますが、なにをもってもバケツとボーキと弾薬を常に集めるようにしています。

    その次に油。鉄は別に貯めようとしてません。勝手に溜まります。

    艦これの世界では資材の増やし方についてこんな言い伝えがあります。

    「油は増える。弾は増やす。ボーキは使わない。鉄は生える」

    私もこれに沿って資材を貯めるようにしています。

    で、私の伝えたいことはこれをしておけば資材の安定につながるのか?そもそも資材の安定とはなんぞや?ということですが。

    私がいう資材の安定とは

    「バケツを全力で集め、なおかつ油を0から1万貯めるまでの間に弾、鉄、ボーキを1万まで貯められる資材の量」

    となります。

    実際の数字で表しますと、

    弾5000 ボーキ7000

    くらいですかね。

    鉄はぶっちゃけどーでもいいです。勝手にたまりますし。

    まずはここまで貯めることを目標にして、そこからイベント攻略に入るという形を私はとっています。

    逆にいうと、この値以下になればまずイベントの攻略を一旦休憩させることをおすすめします。これ以下になるとバケツ、油をためながらというのがちょっとしんどくなりますので。

    というかまずここまで安定させれば普通に艦隊を動かすのであれば真っ先に油が0になると思うので、心配しなくても油が0になる前にこの値以下になることはまずないので心配しなくていいでしょう。

    あと、私がなぜ1万にここまでこだわるかと言いますと、油1万あれば連合艦隊であっても、たとえ最終海域であっても、たとえフル支援であっても5回は毎日出撃できます。

    この縛りで大事なのは、攻略中は毎日出撃するということです。

    ここからが気を付けていたこと3点目

    「いかに沼らないか」

    艦これのイベント中は日に日に情報が出そろってきます。

    なので毎日5回くらい出撃してトライ&エラーを繰り返しながら自分の集めた情報、他人の集めた情報を照らし合わせて、クリアしていくということがとても大事になってきます。

    なのでそこで1日出撃全くしないということはただデメリットになるだけなのです。

    あとは私がしていたことは

    「人の攻略放送を見漁ること」

    そして

    「そこから信頼できるアドバイス、情報を引き抜くこと」

    恐らく、このあたりは普通にしてる人も多いと思いますが、普通のひとはこれ+自分の試行回数からくる情報も入ってきます。

    しかしこの縛りをしていると自分で試行回数を稼ぐのには当たり前ですが無理があります。

    なので普通の人以上に人の放送を見て、どこのマスがつらいか、このボスの固さはどのくらいか、どういう編成なら抜けるか、ボスを倒せるかシミュレーションするということが必須条件となってきます。

    となると、どういう情報を信頼するということが大事になってきますが、しょーじきこの辺りは自分の艦隊の練度とかも絡んでくるのでどれが大事とかは一概には言えません。

    ですが、人の放送、また、自分で放送してる中でこういうアドバイスは地雷だなぁというのはわかってきました。

    その中でも一番地雷なのが

    「私この編成でストレートでいったよ!!」

    という人のアドバイス。

    別にこれを言っている人が悪いわけではありません。

    ただ、こういう人って試行回数を稼いでいないので運だけでいったパターンが多く、他のひとにはまらないことがとても多いのです。

    なので、申し訳ないですがこういう人のアドバイスはガン無視してください。まず問題ないです。

    逆に一番いいのは沼ってる人の放送ですね。

    別に煽る意味じゃなく、沼ってる人っていろんなパターンを試してますし、アドバイスして人も心配して本気で答えてくれるひとも多いのでほんとに参考になるんですよ。

    (っていうのは建前で私のために沼ってくれてありがとうって思いながら見てました(最低)

    以上が私が資材0バケツ0をしてる中で気を付けていた点ですね。

    恐らく、普通に攻略をするときにも気を付けていたほうがいい点も含まれています。

    それほどに艦これをするうえで基本な点です。

    基本さえきちんとしておけば資材0バケツ0でもクリアできるということなんですよね。

    つまりは

    基本さえきちんとしておけば資材もバケツもいらないんですよ!!!

    これが言いたかった(迫真

    ほんとにこの縛り楽しいからですね。ぜひとも他の人にも試してもらいたいです。






























    さて、ここからは少しだけ自分語りとなります。

    私がこの縛りをするきっかけとなった二つのことについて話したいと思います。

    一つはこの縛りをずっとされていた提督の方たちのこと。

    私の勝手な目線となるんですが、縛りをしている人ってとても輝いているんですよね。

    それは縛りをしているのがすごいという意味でもなく、とても努力をしているという意味でもありません。

    ほんとに、艦これを心から楽しんでるなぁという意味で。

    私がこの縛りをするきっかけとなった人も艦これに対して特に不満を言うわけでもなくただ純粋に攻略に対して一喜一憂していて。

    その姿がとてもかっこよく見えて、そんな人になりたいと思いました。

    だから私はその人と同じこの縛りを始めました。

    その人とこの縛りで同じイベントを戦えたのはたったの1度でしたが、とてもいい思い出です。

    そのイベントが17秋イベで、私は一度資材0バケツ0をすればどんなものかわかるからいいかなぁと思い、この一回だけのつもりでした。

    でも、私が尊敬するその人はとある理由で艦これから離れることとなりました。

    ここからは私の自己満足です。

    この人がしていた、このすばらしい縛りをこのまま消えさせていいのか。

    もっといろんな人にこの縛りをやってもらいたい。

    だから大型イベを資材0バケツ0でクリアして、これなら、この理論ならいけるという絶対な自信ができたので少しでもこの縛りに興味を持ってほしいということで、このブログを書かせていただきました。

    それが大型イベを資材0バケツ0でクリアした一つ目の綺麗な方の理由です。

    もう一つ、めっちゃ汚い理由があります。

    ただ単に、私の艦これのプレイをバカにされたくなかった。

    艦これのプレイヤーにもいろんな種類がいます。

    まぁいろんな方がいるのでそこまで特に気にしないようにしているんですが、あまりにもひどい人もいまして。

    そこで私が・・艦これ初めて1年ちょっとくらいのときですかね。いらってした事例が二つありまして

    「ただただ資材を30万ためてるだけで練度はそこまでな提督にとある艦娘を育ててたらそんな艦娘育てても意味ないだろと上から目線で叩かれたこと」

    「自分が甲クリアできなければアイオワはあきらめる発言したら。丙提督にばかだなおまえと言われたこと」

    いろんな提督がいるのはわかるんですが・・このせいで今でもただ資材だけ30万集めてる提督と万年丙提督にはいいイメージは沸きません。

    別にどうプレイするかは自由だからですね。人がなにしようが私は叩くきはありません。

    ですが、人のプレイを叩くやからが艦これには多すぎる。

    叩かれないためには箔がいる。

    だから私は資材0バケツ0でクリアしました。

    普通にやろうと思えば普通に甲クリアできるというこれ以上ない証明です。

    だれにも私の艦これの遊び方をバカにされたくない。

    なにしようが私の自由だ。

    誰を育てようが何を改修しようがどんな遊び方しようが私の艦隊なら甲クリア余裕なんだよと。

    これが言いたかったからこの縛りをしました。

    我ながら幼稚な理由ですが、この二つがこの縛りをした理由となります。

    こんな幼稚な私が書いたこんなブログですが、いまから資材0バケツ0縛りをする人の少しでも参考になれたのなら幸いです。

    では今回はこのあたりで。

    ではでは。

    2018年5月 だんくら


  • 鉄輪オフ準優勝したけど全方面土下座しないとけない話

    2018-04-30 21:57
    おはようこんにちわこんばんわ。

    はいどうもいつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌がちゃです。

    今回はですね、私が先日参加させていただきました

    鉄輪オフ

    のオフレポになります。

    いつも通りの駄文になりますが、ぜひともみなさんお付き合いしてください。

    鉄輪オフに関しては以前少しブログに書かせていただきましたのでそちらを参考にしてもらえればと思います。

    http://ch.nicovideo.jp/dankurakanzi/blomaga/ar1325419

    まぁ簡単に言いますとポケモンのオフ会兼大会ですね。

    というわけで早速オフレポに入りたいと思うのですが、まずこれを言わないとね

    私!なんと!準優勝しました!!

    いやぁ、ポケモンのオフ会で結果を残すということが初めてだったのでとてもうれしかったですね。














    んが!!

    えーまぁ、いろいろありましてね。私、とあるポケモンを使った場合対戦相手の方に全力で謝罪をするという状況に陥りまして。

    そんなわけでそのポケモンを紹介するために、今回私がつかったPTを紹介しましょう。

    ウルガモス@ノーマルZ
    蝶の舞/大文字/破壊光線/むしのさざめき

    私の相棒兼嫁ポケですね。蝶の舞を積んだ後の爆発力は説明不要。今回も暴れてもらいました。

    ボーマンダ@メガ石
    竜の舞/捨て身/ドラゴンクロー/地震

    メガ枠。大本命抜きエース。陽気AS252の3ウェポンで暴れてもらってます。

    私が使う場合エースは3ウェポン&小細工なしの252振りじゃないと落ち着かないのでこんな感じになってます。

    ハッサム@メガ石
    チュインチュイン/バレパン/電光石火/泥棒

    メガ枠。6世代からずっとこの型。泥棒採用理由はあれだよあれ。なめて出てくるガルドやグロスをぶっ飛ばしたいからです。

    パルシェン@水Z
    殻を破る/つららばり/ロックブラスト/アクアブレイク

    6世代はいろいろ調整してましたがZでずらされるので陽気AS252で使ってます。

    グライオン@襷
    挑発/ステルスロック/岩石封じ/伝家の宝刀♰ギロチン♰

    起点づくり君。まぁ初見じゃ見破られません。PT全体でカバがつらいので6世代からお供に入れてます。

    ここまで5匹紹介しましたが、よくある積構築ですね。

    んで、残り一匹が大問題の子でですね・・

    カプ・コケコ@スカーフ
    10万/めざ氷/光の壁/リフレクター

    ・・・・はい。

    両壁ガチスカーフ型です。

    これ使ってて、

    「あ、これ7世代1シーズン目にはやりましたよね!!」

    とか

    「これ意表突けますよね!」

    とか

    いろいろ言われたのですが。

    かんっぜんに偶然の産物です。

    あのですね。私この前にふつーのスカーフコケコを使ってまして。

    オフ当日に両壁覚えさせてよし!!これでいこう!!ってなったんですよね。

    まぁ持ち物そのままでしたよね。光の粘土に替え忘れです。

    それに気づいたのが1戦目。

    初手コケコでまずリフレクを貼ってよーし!!このまま光の壁もはっちゃうぞー!!って思いながら光の壁を押しました。

    おせねえ。

    もう頭の中??????ですよ。あれーおかしいなと思いながら落ち着いてもう一回光の壁を押しました。























    おせねえ。(二回目)

    この時点で気づきました。スカーフです。はい。

    しかもオフ会とはいえ大会ですので持ち物の変更なんてダメダメのダメなのでもうこのままいくしかない状況。

    やっちまった状態ですよね。

    でもこのPTだともう壁はらないとやってらんないんですよ。グライオン一体ですべての対戦起点づくりとか無理なので。

    なのでスカーフだろうがコケコで壁をはって後ろにつないでいこうという作戦にシフトしていきました。

    両壁スカーフコケコなんて使ったことないから不安ではありましたが・・

    ですが。

    ここで突然ですがこいつのNNを紹介しましょう。

    つばくろうです。





    あのスワローズのマスコットにして世間のゴシップにも躊躇することなく突っ込んでいく問題野郎つばくろうです。

    この名前で暴れないわけがなかった。


    予選1勝1敗になった後の試合で、珠バシャが2加速した状態で登場したつばくろう。

    バシャを抜いて10万叩き込みそのまま流れを持っていって勝利

    ここでまず1土下座です。

    次、予選最終戦この試合勝てば予選抜けという試合。

    相手もコケコ、こちらもコケコでこちらがずっと先に動いて10万叩き込み強引にコケコを突破した場面。

    お相手さんずっと同速対決負けたと言ってましたが。

    すまねえ。こいつスカーフなんだ・・

    その前に光の壁を見せてるのでまぁ・・普通はスカーフと思いませんよね・・

    ここで2土下座です。

    そして予選抜けて決勝トナメ準々決勝。勝てばスクリーンという試合。

    岩石封じくらっても相手のポケモンより先に動いて10万叩き込み試合を決めるつばくろうくん。

    その試合を決めたとき私なんて言ったかわかります?

    「スカーフなんだよなぁ!!」って言って立ち上がったんですよ?

    もうこいつ完全に持ち物間違いとか忘れて調子乗ってますよ!!


    このあと。めちゃくちゃ謝った。

    これで3土下座です。

    そんなこんなで勝ち続けてあれよあれよと決勝までいって、決勝では負けてしまいましたが準優勝という結果で終わりました。

    間違いなくコケコがスカーフじゃなければ何試合か落としてました。

    まず決勝に残れませんでした。

    ほんとに偶然の産物です。

    ただこれだけは言わせてほしい。

    即席で両壁スカーフコケコを使いまわせた俺を少しはほめてくれ(最低

    いや・・ほんとにスカーフコケコが強かった・・

    何この子。起点づくりもできて最後のおそうじ役にもなれるとか最強か?と思いながら使ってました。

    というわけで、シングルで対戦してくれたかた本当にありがとうございました。

    とくに、コケコを出したときの対戦相手の方。

    申し訳ありませんでした!!!(土下座

    でもこの後二次会でみんなに日本酒を配ったらみんな笑顔で迎えてくれました。





    やったぜ(ちょろい

    さて、鉄輪オフの結果のほうですがまずシングルはこうなりました

    1位 コウ
    2位 がちゃ
    3位 ベルン
    4位 ケー
    (敬称略

    優勝されたコウさんほんとにおめでとうございます!ジャラZは強かった・・

    そして、鉄輪オフのダブルのほうがこちら

    1位 ましゅまろ。
    2位 びりぃ
    3位 ナオキ
    4位 とものすけ。

    優勝されたましゅまろ。くんおめでとう!!さすがの強さでした。

    ここからはあとがたりです。

    鉄輪オフで絡んでくれた方ほんとにありがとうございました。

    今回もやはりこのオフ会が初参加という方もいて新しい人に出会えて本当に楽しかったです。

    17歳の子がいたときは軽い衝撃を受けましたが(一回り下だぜおい2000年生まれですよミレニアムですよミレニアム

    次回の鉄輪オフでも会いたいものですね。

    今回の鉄輪オフはポケモン対戦参加できるかどうか微妙なラインだったのですが必死に残業して無理やり開けてきましたが、やはり参加してよかったと思えるものでした。

    なんか残業したらポケモン強くなりましたしね。もっと残業しよう(違う

    最後に主催のはるさん

    私に手伝ってほしいことがあると言ってきてなんざんしょとおもったら

    「私がガブリアスするのでトレーナーをやってもらいたい」

    というお願いでした

    一瞬何を言ってるのかな?とおもいました(コナミ

    よくよく話をきいたら飲み会でする一発芸のために一役買ってほしいということでした

    ただ、ステロ吠えるガブリアスはやばすぎでしょ。

    めっちゃクオリティ高かったです。はい。

    これからもそんなあなたでいてください。


    以上が私のオフレポでございます。

    ここまで私の駄文に付き合ってくださり、ありがとうございます。

    またね、どこかのオフ会に行ったらこんなブログを書くかもしれません。

    そのときはよろしくお願いいたします。

    ではまた。

    2018年4月30日

    がちゃ