【月刊少女北沢志保企画】第5弾:北沢志保と夏祭り【夏祭り編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【月刊少女北沢志保企画】第5弾:北沢志保と夏祭り【夏祭り編】

2018-08-03 21:07
    1ヶ月ぶりです。今月のテーマは…!


    ほえ…ハードル高いテーマだ…


    スクショを貼るならこの夏祭り曲のMVがぴったりだと思うんですけど…


    スクショなら誰でも参加できるけど、こちらとしてはハードルが高いw 毎回せっかくテーマに添うことをしてきましたので今回もやりたいと思います!ネタ切れ気味でもやりたい。振り返りと妄想がメインです。


    志保&夏祭りと言えば真っ先にこれを思い浮かべます。




    当時はまだ本格的にグリマスをやってませんでしたが、このイベントから志保の新しい面を見れたなって印象のあるイベントでした。このイベントの形式はミリPの間で「極道」と言います。細かいことは省きますが、とにかくこのイベント形式はテキスト量がめちゃくちゃ多いこととアイドルがステップアップしていく成長が見れるのでみんながいつも楽しみにしてる評価の高い形式でした。


    このイベントの内容はのり子、杏奈、志保が無茶振りなオファーを受けて夏祭りを盛り上げるお仕事。志保のお仕事は「法被を作る」ことでした。法被って丁寧に一枚一枚作らなければならないものでしょうか(私の住んでるとこでは法被を着る文化がないのです)…そこまでは分かりませんが、アイドルの手製の服なら私も着たい!テンションが上がるに決まってる!


    イベントのショートストーリーなどはこちらから、プライベートレッスンのセリフはこちらから読めます。


    しかし3年目に入ってテキスト量が激減したのは残念。今となってどうしてそうなったか分かりましたけど…それでも得た情報量もかなりのものでしたので紹介していきたいと思います。


    まずカード紹介、覚醒前と覚醒後です。それぞれの画像をクリックすれば拡大できます。





    HRなので条件を満たせば獲得できますが、メモリアルチケットから出ません。メモリアルチケットはミリシタのミリコレガシャチケットのことだと思ってもらえば分かりやすいでしょう。つまり、誰でも簡単に手に入れるけどゲーム内の総合枚数が限られたってことです。


    セリフから意外な一面が見れました。この記事この記事に志保の「家事スキル」について考察っぽいものを書きました。家庭事情を踏まえて考えれば家事もある程度に出来るでしょう。実際、Blooming Clover第7話に「裁縫」のスキルを披露してみせました。


    では手での裁縫が出来ても、ミシンでの裁縫は上手く出来てないということでいいかな?私の中の志保はアイドル活動の面だけがポンコツなイメージでしたのでこの情報を初めて得た時はニヤニヤが止まりませんでした…w




    日本の学校ではミシンの使い方を学べるんですね。記憶力いいから暗記科目の成績がかなり良い方じゃないかと思ってますが、家庭科を除けば体育など実技科目だとポンコツなイメージ。このセリフは良い証拠になります。



    吹き出しの背景wwwww 今でも覚えてます。


    個人的に一番注目したのは福田のり子ちゃんとのやりとり。同い年との絡みの多かった志保が年上の子とどんな風に会話するかはいつも楽しみにしてます。年上の子と話してる時の志保は言葉使いが丁寧ですが、のり子とのこのやりとりを見てみましょう。




    「意地悪くしてみたくなった」


    ここ、とても重要。今まで年上の相手(P以外)に対してちょっと遠慮しがちだった志保がここでSっ気を出した!同じ仕事して一緒に時間を過ごすと心も開いていく様子が尊かった。


    ピックアップされたアイドル3人が任されたお仕事に向き合いながら、他の2人の様子を見に行ったりアドバイスしたりするのが極道イベントの一番好きなところです。このイベントのショートストーリーを読むだけでも志保がいかに楽しんでるか伝わってきました。




    上位報酬はのり子。これは覚醒後のイラストです。グリマスは新しいカード獲得すると立ち絵も獲得しますが、メインのアイドルだけでなく背景にいる子や一緒に映ってる子の立ち絵も追加されます。このカードは見事に杏奈Pと志保Pを巻き込みましたね() フリートレードで持ってる人から借りたりバザーから買い取ることで自分で走らなくても獲得することができます。ちなみに私はバザーから買いました。





    立ち絵はこんな感じ。焼きそばの存在感www いや、意外というか可愛いとこがあるな(笑)スマホを構えるポーズは写真を撮るんじゃなくて花火が良く見えるように望遠鏡の代わりに使ってるに見えますがどうでしょうかね。






    こんな不意打ちのやりとりも…。ショコラハウスもそうだったけど、食べ物の出る仕事をする度に家に持って帰る許可を多分毎回とってますよ。彼女がアイドルをやってる理由がまさにこのセリフの中にあります。



    今回は少し雑でしたが、許してね!だってさ…


    まあそろそろ来るんじゃないかと前から警戒して石を貯めてきましたが




    ちょ、おま…どういうことだ…なんで…なんでだよ…これはまた懐かしいカードだ。



    イベント用のジュエル7500個(10連目はチケット)がエロドクターへの治療費用と化しました(´・ω・`)



    Fes限か…とほほほ…。


    はい、これが私の「修羅場」という夏祭りです。イベントを走ってきます。ではまた来月!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。