あたしだけにかけて回別歌詞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あたしだけにかけて回別歌詞

2020-10-23 11:34
    1回目 松田聖子 夏の扉
    初めての夏の恋は微熱のまま浮かされて
    初めての貴方の胸 浅い夢にうなされて
    夏の扉が開いて 涙だけ先走りね

    2回目
    2回目の夏の恋はただ上手になりたくて
    2回目のLOVEだから囁きに応えたい
    夏の饐えた葉の匂い 涙だけ先走りね

    3回目
    3度目の夏の恋はもう照れたりしたくない
    3度目の正直であたしどこか連れてって
    夏の長袖を抓み 涙だけ先走りね

    4回目 ちあきなおみ 四つのお願い
    4度目の夏の恋はお願いを聞いてほしい
    4つのお願い聞いて 聞いてくれたら夢中よ
    夏のお仕置きを思い 涙だけ先走りね

    5回目 高橋真梨子 五番街のマリーへ DREAMS COME TRUE 夏の嵐
    5回目の夏の恋は五番街に連れてって
    5回の点滅見つめ 未来をそう描きたい
    夏の嵐が過ぎ去り 涙だけ先走りね

    6回目 森進一 冬のリヴィエラ
    6度目の夏の恋はあの人待ち続けたい
    第六感信じてるわ 桟橋に迎えに来る
    夏のリヴィエラに焦がれ 涙だけ先走りね

    7回目 MONGOL800 冬の思い出
    折返し夏の恋は思い出に浸りたい
    寄せ返す波打ち際 海岸で手を繋いで
    夏の思い出が過ぎり 涙だけ先走りね

    8回目 アリス 冬の稲妻
    8度目の夏の恋は ただ一人立ち尽くす
    8度5分熱が出たら ただ心震わせる
    夏の稲妻が光り 涙だけ先走りね

    9回目 aiko 花火
    9度目の夏の恋は もう戻れないんです
    急に好きになったから もう仕方ないんです
    夏の星座ぶら下がり 涙だけ先走りね

    10回目 五月みどり 一週間に十日来い
    10度目の夏の恋は 週に十日来て欲しい
    10年のアニバーサリー とことん愛して欲しい
    夏の花火を見上げて 涙だけ先走りね

    11回目 新田恵利 冬のオペラグラス
    もう嫌よ夏の恋は 喧嘩ばかりしていたわ
    まるでサマーマッドネス 素直にはなれなくて
    夏のオペラグラス抱き 涙だけ先走りね

    12回目 稲垣潤一 夏のクラクション
    12度目夏の恋は 胸が痛い胸が痛い
    1ダース恋したの 瞳閉じる瞳閉じる
    夏のクラクション鳴れば 涙だけ先走りね

    13回目
    もう最後夏の恋は 微熱はまだ続いてる
    もう最後貴方の胸 浅い夢も Goes on
    夏の終わりの足音 涙だけ先走りね
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。