485系の世界 ~特急 雷鳥~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

485系の世界 ~特急 雷鳥~

2014-02-15 15:50


    北陸本線 敦賀~新疋田(2002.6)
    大阪~金沢を結ぶ特急雷鳥。
    2012年の廃止時まで、485系の国鉄色で運転されていた。
    長らく、ボンネット型の先頭車が使用されていたが、2003年には引退。
    かつて新潟まで運転されていたころにはJR東日本の車両で運転されるものもあり、編成のバリエーションが多かった。


    北陸本線 敦賀~新疋田(2004.8)


    東海道本線 高槻~山崎(2010.4.10)
    末期には、スーパー雷鳥、しらさぎで使用されていたパノラマ型グリーン車が連結されていた。さらには、2010年3月の改正からは6両編成に短縮され、1日1往復に・・・。


    北陸本線 南条~湯尾(2010.9.25)

    北陸本線 王子保~南条(2010.9.18)

    東海道本線 米原~彦根(2005.9)
    湖西線の強風のために米原回りで運転する特急雷鳥。
    米原へ迂回運転をする場合は、上り列車に限り、新幹線への乗り換え客のために米原駅で客扱いをしている。
    これは、今現在のサンダーバードの迂回運転時も同じ。


    北陸本線 敦賀~新疋田(1999.10)


    北陸本線 新疋田(1999.12)
    かつて大阪~新潟を運転していたころには、写真のようなJR東日本の車両で運転される雷鳥もあった。
    一時期、シュプール号としてはくたかが大阪まで延長運転されたことがあったが、このときもJR東日本の車両だった。



    北陸本線 敦賀~新疋田(1999.12)
    かつて速達列車として運転されていたスーパー雷鳥。
    食堂車を改造した車両やパノラマ型グリーン車が連結されるなどの特徴があったが、2003年には683系の増備により廃止になった。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。